森の里中学校の心 「学び(まなび)」 「鍛え(きたえ)」 「翔く(はばたく)」

3年生短歌〜文化発表会を詠む

画像1
友達の頬を伝ったその涙流した分は努力の証  
「やりきった」思う反面悔しさと切なさ溢れる合唱の後 
東北にこの歌届け被災地の明日という日がなくならぬように  
展示物二年の書写は私よりうまかったので思わず絶句 
二年前見た文化祭俺たちで追い越せることできただろうか 
止まってよ終わってほしくないんだよみんなで歌うこの瞬間は 
頑張った人に勝ち負け無関係オンリーワンでナンバーワンだ 
人数が少ない分だけ声を出し一・二年生来年がんばれ 
地震から二年がたった被災地に明日という日は届いていますか
サビ部分やはり私もそこが好きだから歌って届けたいんだ 
「川があり」かすかに聞こえたその響き涙に変わり静かに落ちる 
五ヶ月と迫った卒業そのときをどんな思いで迎えるだろう 
ステージに足を立たせて待つ自分家族の目にはどう映るのか 
ステージで歌ってるとき見えたんだごうごうとまわる青い地球が 
ステージに登る瞬間今までの努力困難自信に変わる 
ライバルの歌う「春に」や「信じる」が心にしみて忘れられない 
合唱はすごい力を持っている八十六の「言葉にすれば」
声届け歌うんじゃなく「聴かせる」だ本気で歌い心へ届け 
緊張で指先だけに冬が来て春にを歌って心ポカポカ 
見せようと体揺らして顔上げて日々の努力が積み重なって 
教室に戻って歌った「春に」には悔しい気持ちがあふれ出ていた 
悔しさと達成感が混ざり合う僕はコーヒー牛乳みたい  
僕達の努力の声が会場に響いていると実感できた 
俺的に結構好きだなこの名前響きがいいな「三の二春に」
泣きながら最後の「春に」歌いあげ友と互いに悲しみわける 
文化祭椅子や看板片付けてまつりの余韻も片付いてゆく
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
3/25 修了式