森の里中学校の心 「学び(まなび)」 「鍛え(きたえ)」 「翔く(はばたく)」

作品紹介4

「雨の魔法」

その降りそそぐ雨が
努力する姿に見えて
私に勇気をくれる

その音が
不安な私の心を
いつも支えてくれる

その色が
透明から黄金色に変わるとき

「大丈夫」
弱虫な私も変われるはず

世界一不思議な雨の魔法
画像1

作品紹介3

画像1
「星」
星は輝いている
いつもいつも輝いている
見えずらい星もあるけれど
星は輝いている
いつもいつも見守っている

作品紹介2

「朝の喜び」

太陽の光がさす
心地いい目覚め
ありがとう
明日もよろしくね

画像1

作品紹介1

画像1
昨年度国語の授業で現2年生が1年生の時に創った作品を紹介していきます。

「新しいこと」
はじめの一歩
少しずつ
小さい一歩
希望をもって
いつかの逆上がりを思い出す

道徳の授業  2年生

画像1
画像2
 「本当の友情」をテーマにみんなで考え意見を述べ合う道徳の授業
とても大事なテーマであり、一度立ち止まって友情の2文字について考える大切な時間である。

元気な声が響く音楽室 1年生音楽

画像1
画像2
1年生の元気な歌声が先生のピアノに合わせ4階の音楽室から聞こえてくる。
梅雨まじかの曇り気分を晴らしてくれる。

生徒総会

画像1画像2
5月13日生徒総会が行われました。生徒会本部、各委員会の委員長からの提案にしっかりと質問する姿が見られました。森中をよりよくしていこうという気持ちが表れていました。

体育大会結団式

画像1画像2画像3
5月12日木曜日今年度の体育大会の結団式が行われました。天気の関係で体育館での開催となりましたが、両団とも団長をはじめとした応援団の話を真剣に聞いている姿が見られました。今月28日の森陵祭(体育大会)が楽しみです。

2年生保健体育  跳べたぞハードル

画像1
画像2
画像3
うまく跳び越えられるか不安顔
それでも超えられたときの安堵の顔
体験して得られる喜びが体育の授業にある。

グラウンド周辺の草刈り

画像1
新緑に誘われグラウンド周辺の雑草も伸びてくる。
森陵祭を迎えるにあたって雑草刈に着手。
用務員さんありがとうございます。

英会話テストにドキドキ感

画像1
画像2
画像3
1年生も英語の授業がレベルアップ。
今日は英会話のテストの時間。
教室ではペアで練習したり会話内容を確認しながらいよいよ先生の前でペアでテスト。
ドキドキ感を終えた後の安堵感が伝わってくる。

「189」のポスターに意識を向けて

画像1
画像2
自らの命を絶つニュースが後を絶たない。
小中高生も例外ではない。
改めて命の尊さや誰かに相談することの大切さを校内ポスターに意識を向けるよう呼びかけている。

登校時に寄り添う先生

画像1
 生徒が門をくぐると「おはよう。今日も元気かな。」と一声かける先生。
 その優しさに生徒から笑みがこぼれる光景がほほえましい。

みんなのアトリエ 藤の花

画像1
画像2
 職員玄関を入るとみんなのアトリエが迎えてくれます。
今は、学習室の生徒が一つひとつ丹念に折った藤の花の作品が展示されています。
作品を見ると生徒が一生懸命折り紙を折っている姿が浮かんできます。
 生徒の皆さん、素晴らしい作品をありがとうございます。

美術ノート展2

 いろいろなアイデアと技法を使って丁寧な作品が出来上がりました。
画像1

美術ノート展示1

 美術の時間に美術ノートを作成しました。
 すのこ広場に展示されています。どれも力作ぞろいです。
画像1

2年生国語  歌を読むから歌を詠むへ

 今日は、鑑賞文を書きました。
明日は国語が2時間あり、いよいよ創作活動に入ります。
 自然を見て心を動かされたもの、体験から心に残ったものなどいろいろな題材について作品を創っていきます。今日は、絵画に置き換えればアイデアスケッチにあたる構想をの部分に取り組みました。
画像1

3年数学 因数分解

 因数分解の学習も回数を重ね、実際に問題を解く機会が多くなりました。
 共通因数を見つけて、因数分解がスムースにできるようになってきました。
画像1
画像2

3年生技術  プログラミングについて学ぼう

画像1
画像2
画像3
 3年生の技術科の学習では、2回シリーズでゲーム作りを通じてプログラミンを学びます。
 先生からは学習することが評価のどの観点に結び付いているのかも説明がありました。ゲームの基本形は技能面につながり、ゲームを面白くするための工夫は、思考判断につながります。
 回数の少ない中での学習なので、早速キャラクターの決め方や作業したファイルの保存の仕方などを学習しました。

読み継がれるには訳がある

画像1
画像2
画像3
 今月の特集は、世界の名作です。
時代を経ても読み継がれる名作に触れてみませんか。
お昼休みに図書室を訪ねてみてください。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31