『6月は期末テスト、そして3年生にとって最後の一花を咲かせるべく総体。今こそ文武両道、勉強と部活動にしっかりと取り組み、悔いの残らない1ヵ月を過ごそう!!1分1秒大切な青春(アオハル)時間です。!!』

林中の自然no2 赤ちゃんモミジ

近くのモミジから種が飛び、10個ほど発芽しています。大人のモミジの下は固い土です。種が落ちても発芽はできません。5mほど離れた花壇では土が柔らかく根が出やすくなっています。
モミジの種は風で回転して遠くへ飛びやすい構造をしています。ヘリコプターのような二枚ばねの種です。モミジは秋になると、とても美しい紅葉を見せてくれます。その性質が、庭木に選ばれている理由です。ある資料によりますと、紅葉することで虫がつかないとありました。若い葉のときも写真のように紅葉したような色をしています。これも同じように若葉を食べられない工夫、進化の結果なのかもしれません。植物は動けないだけに、色や毒素を持ち外敵から自分の身を守るようになったのかもしれません。間違っているかもしれませんが予想することは楽しいことです。
 写真の1枚目は赤ちゃんモミジ二つ。2枚目は、秋になると紅葉が美しい近くの大人のモミジ。モミジの向こうでは分散登校明け、体育の授業を行っていました。
さて問題です。10株ほど赤ちゃんモミジがあります。どこにあるでしょうか。探してみてください。


画像1画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31