『2学期が始まりました。感染症対策は万全に!やさしさと思いやりのあふれる林中学校をみんなで創っていこう!』

朝の学年フロアーのようす

 土曜日の夜は雷雨がありました。雷があるということは梅雨の季節も後半戦です。
 本日13日月曜日も小雨ですが、8時の昇降口の開門と同時に生徒の登校が始まりました。 学年のフロアーでは健康観察票の提出です。
 体温測定を行っていない人は、非接触型体温計で測定します。この体温計は、赤外線エネルギーで測定しています。この仕組みは、沸いたお湯が入ったやかんに手をかざすと熱さを感じます。手が赤外線のエネルギーを感じたからです。熱があればどんな物体も赤外線を出しています。同様に非接触型体温計は測る物体の温度を赤外線エネルギーで測定しています。
 2年生のフロアーでは健康観察票の提出が終わり、手を洗ってから自分の学級に入ります。
 1年生のある学級では、体調不良の人はいますか。廊下が滑りやすいので注意しましょう。合唱曲決めなど等、本日の予定の指導が行われていました。

画像1

林中のしぜんno8  ウチワサボテン

画像1
画像2
 ウチワ型の葉の頂点に相当するような部分から黄色の花が咲きます。 その花には特徴があります。 花弁は桜のような花弁でなく、ロウのような感じで、春に咲くロウバイの花のようです。 資料によると葉のような部分は食料にもなるらしいです。 一年で1枚のウチワ型の葉のような部分が増える、そんな成長度合の植物です。 職員室、南側の花壇にあり、他とは違うサボテン独特の姿が特徴的です。

林中のしぜんno7  アオダイショウ

 昨日の2時過ぎ道路を横断しているヘビを発見。林中から少し離れたところです。 近寄ると道路壁面の排水口に入る途中です。大きさは1.5mほどです。 色はオリーブ色またはやや緑色がかった段ボール色を地に背中側にはやや濃い色の4本の筋があります。個体によって、色の特徴に違いがあるようですが正にアオダイショウです。 田んぼの土手や水路、草むらで食事をして帰宅途中だったのかもしれません。 穴をのぞいてみましたが暗くて存在を確認できませんでした。

画像1

速報! 生徒総会開催中

 本日7月10日の6時間目に、令和2年度の生徒総会が開催されています。今年度の生徒総会は体育館に全校生徒が集まってという形態ではなく、放送室を使用し、各委員長が入れ替わりながら提案するという林中学校史上初めてのパターンで会議が進められています。
委員長や各組織の代表の人の顔を見ることはできず、放送から流れる声だけを聴いて今後の生徒会活動の内容などを決めていくことになりますが、教室にいる生徒の皆さんは、手元の資料をよく見ながら、真剣に総会に臨んでいるようです。
画像1
画像2
画像3

林中のしぜんNO7 アオサギ

画像1
 林中の隣の小鮎川にアオサギがよく来ています。初めて見かけた時は一羽でした。今回の目撃は、複数です。 最初は四羽が目に入りました。 近づくとその向こうに五,六羽います。 全部写真におさめようと近づきました。 すると、一羽が飛び立ち、次々とすべてが飛び去ってしまいました。 全部おさめようとしたらゼロになってしまいました。 場所は隣の小鮎中学区、小鮎川近くの田んぼです。7月8日朝7時20分の出来事でした。たぶん、この中の一羽が体育館横の小鮎川に飛来しているのでしょうか。

1年生数学の授業 授業no3

 自分の出席番号は何番ですか。 その番号は素数ですか。 出席番号と素数を結び付ける。自分と素数を結び付けるとても良い表現です。 素数の理解が大きく前進したのではないかと思いました。 素数を再確認後、素因数分解の説明。 75の素因数分解と約数を求めるなど練習問題が行われました。 丁寧な説明とわかりやすい板書によって、生徒は素因数分解を理解して授業が終了しました。


画像1

林中の自然no6 アジサイ

画像1
 梅雨の季節も後半に差し掛かり、アジサイもピークを過ぎつつありますが、印刷室の北側の花壇でアジサイが見られます。そのアジサイは他と違った形をしています。ガクアジサイのなかまかもしれませんが、まわりの小さな部分が普通より大きく豪華なつくりになっています。園芸種で改良された花かもしれません。

3年生保健体育の授業

 「この一週間でどんな運動をしましたか。部活動を入れてもいいです。 生徒の皆さんは手を上げてください。 まったくしていない人、0人。 3日の人は一人、一週間で3回体育の授業がありますからね。 7日間続けた人は5人ほどいます。 運動をしていないとどうなるでしょうか。」 宇宙飛行士の帰還後の映像がプロジェクターに映し出されます。 ほかの人に抱えられて宇宙船から出てくる映像です。 適度な運動は気分転換やストレス発散にもなります。「これからも健康づくりのために運動を続けましょう」と授業は終了しました。授業反省を見ると積極的に運動をしようと書いた生徒が多かったようです。
画像1

3年生英語の授業

 少人数教室で行われた、3年2組、英語の授業です。今日の授業は現在完了「継続」、「ずっと~している、Have you lived in this town for a long time? Yes, I have. /NO, I have not.などの繰り返し練習と練習問題を行っていました。今日は参観者も多かったので、生徒の皆さんは緊張した様子でしたが、発問に対し良く手が上がり、背筋がしっかりと伸びた良い姿勢で授業を受けていました。
画像1

林中学校学区の公衆電話の位置

画像1
 公衆電話の位置と写真が職員室前に掲示されています。家の近くの公衆電話の位置を確認しておきましょう。何かのきっかけで、携帯電話などが利用できなくなった時に力を発揮する公衆電話。実際に利用する事態にならないのが最もいいのですが、何が起こるかわかりません。危機意識を持つとともに公衆電話の場所を確認しておきましょう。

林中の自然NO5 自然の恵み

 今日から7月。7月のスタートは雨の日からになりました。
 校門の近くには大きな水たまりができ、大山方面から黒い雲が流れて来ます。
 本日より給食が始まります。食料のことが心配になりました。自給率を社会の先生にききました。日本の自給率は約40%。カナダが250%ときき驚きました。
 ゲーム機には電気が、車や船や飛行機には燃料が必要です。食べ物がないと私たちは生きていけません。私たちは自然の恵みを摂取して活動ができます。自然の恵みが家庭に学校に届き、私たちは食事をすることができます。そこには生産する人、流通する人、販売する人、料理する人、数えきれない人々がいて私たちの口に入ります。
 食料において、マスクのように供給不足にならない事を願っています。今日より給食のスタート。教室に自然の恵みが届きました。感謝の気持ちを込めて、心から「いただきます」。

画像1
画像2

林中の自然NO4 メタセコイヤ

 林中学校で最も高い木は、何でしょう。
答えは写真のメタセコイヤです。比較的広い場所に生えているので、本来の樹形三角形をしています。4階建ての校舎より高いので15mは超えていると思います。メタセコイヤは化石として見つかることから生きている化石ともいわれる樹木です。中国には、生存している場所があり、秋には赤茶色に美しく紅葉するところから各地の並木に使用されているようです。葉はカラマツのように小さな葉が並んでいて、カラマツと似た色の紅葉をします(*カラマツは長野県の軽井沢などでよくみられる高木です)。日本にはその種がもちこまれ、生息しているようです。近くでは愛川町の工業団地にメタセコイヤ並木があるそうです。
 本校のメタセコイヤの場所はテニスコートの北西の隅です。写真では、テニス部の生徒の皆さんが久しぶりに再開した部活動をしていました。
さて、林中学校で最も高い木の高さXmを求めてみましょう。
ヒントはテニスコートのベースラインとサービスラインの実際の間隔は約5.5mです。答えは写真にあります。( X )±1mの範囲になれば正解です。

画像1
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

学校だより

学校からの配布文書