『2学期が始まりました。感染症対策は万全に!やさしさと思いやりのあふれる林中学校をみんなで創っていこう!』

林中のしぜんno121 霜柱

画像1
 節分の夜は西高東低の冬型気圧配置が強まり放射冷却により冷え込みました。朝は水たまりに氷が張ったり、霜や霜柱が見られました。
 霜柱(しもばしら)とは、冬季など氷点下になる時に、地中の水分が毛細管現象(毛管現象)によって地表にしみ出して柱状に凍結したものである。 霜柱は地中にある液体の水が凍ってできたものであり、空気中の水蒸気が昇華して凍った霜(しも)とは別の現象である。と辞典には載っています。
 霜柱をよく見ると上部に土の粒子が付いています。この土の粒子の下の部分が最初に凍るところのようです。そこに土の中を上昇した水分が付いて凍る。この凍ることが繰り返され最初の部分が持ち上げられる。 地表が0度以下、地中が0度以上の温度で土がやわらかいなど土の状態、土中は乾燥しておらず水分があること。 この三つがそろって霜柱ができるそうです。土の中が0度以下だと土が凍り霜柱ができない。また、霜柱によって根の浅い植物などは、根ごと持ち上げられてしまうという被害があることを知りました。
体育館裏を歩きますとガリッガリッと音がして霜柱が壊れる音がしました。


生徒会企画 キラキラ短歌・川柳 3年no2

 今回は3学年のみの放送賞の展示になります。
放送賞
こぼれちゃう 涙溢れて頬熱く 気づいてあげよ こぼれる前に
登下校いつも一緒に 馬鹿話 感謝の気持ち 胸に溢れる
顔に出ない 心の傷は 感じよう
悪意ある 無視より先に 手をのべて
守りぬく みんなの笑顔 絶対に

画像1

生徒会企画 キラキラ短歌・川柳 3年no1

前回は 全学年 でしたが、今回は 3学年のみ の会長賞といなほ新聞賞の展示になります。

生徒会賞
思いやり 悪い言葉は 重いやり

いなほ新聞賞
つらいこと がまんするなよ 素直になれよ
イジリすぎ 度が過ぎてるの 気づこうよ

画像1

林中のしぜんno119 ウメ

画像1
 ウメが咲き始めています。 なぜ最も寒い時期に咲くのでしょうか。

 その理由の一つに、他に咲く花が少ない事だと聞きました。 咲く花がなければ受粉する虫を独占できます。虫はミツバチやアブ・ハエの仲間でしょうか。寒い時期ですが日中の温かい時には活動しています。 しかし、圧倒的に数が少ないです。

 数が少ない虫に対して、梅の花はどうしているでしょうか。

梅の花は、咲く時間を長くしいるそうです。 寒い時期に咲く花は寒いから長持ちするだけだと思っていました。確実な受粉のためでもあるそうです。長時間咲くことで受粉を確実にするためと聞き、何か腑に落ちました。 植物は動かず、じっとして黙していますが、徐々に工夫があり変化している聞き、植物の強い生命力を感じました。

チュ―バ ユーフォニウム

今回はチュ―バとユーフォニウムの話を聞きました。
Iさん
2年生のIさんが積極的に話してくれます。ホルムが可愛い。楽器に周りが反射しているのがかわいい。吹いているとき光の影など譜面に鏡みたいに見えるのがかっこいい。ピストンバルブを押す形が最新型で動きがよい。そして何より音の丸みが素晴らしい。
YKさん
持ち運びがちょっとつらいけど譜面台に写る形が良く好きです。
YYさん
ユーフォニウム担当のYYさんはチューバと同じで形が可愛いこと。透き通った音が気に入っています。また、先輩のIさんからギリシャ語で「良い響き」の音に由来する楽器のようだよとアドバイスを受けていました。さすが先輩!!そんなことまでよく知っているんですね。I先輩とても偉いですね。

2年生1名、1年生2名のパート練習でした。これからも、良い音で響き合ってください。

画像1

林中のしぜんno120 今年最初の満月

画像1
 1月27日は満月1日前でしたが、写真のように雲があり、その後も雲が厚くなり撮影はできませんでした。 5には満月を二日過ぎた17日目の月を掲載しました。満月を過ぎると右上が少し欠け始めるようです。
 新月から満月まで約15日。三日月、上弦の月、満月と明るい部分は右から増えて、満月になるようです。並べてみるとわかります。

画像2

生徒集会  始めよう 自分から

 1月27日水曜日生徒集会が開かれました。放送室から映像と音声が発信されました。
生徒会からは落ち葉ボランティア活動やきらきら短歌と川柳の表彰活動、委員会からは各委員会の活動報告がありました。これからも代表として活動している皆さんに協力していきましょう。
 写真上は教室に送られた映像、下は放送室に集まりこれから放送を行う生徒会役員と専門委員長の生徒の皆さんです。
画像1

食育8 「チーズ」 給食2月2日(火)

チーズは、生乳から水分をしぼって作られます。
100gのチーズを作るのに必要な牛乳は1000ml。つまり、牛乳の10倍の量の栄養素がギュッと詰まっています。牛乳に多いと言われているカルシウムやたんぱく質が効率よく食べられるのですね。
 チーズの20から30%を占めるたんぱく質は、体に必要なアミノ酸(必須アミノ酸)がバランスよく含まれ、たんぱく質の中の王様と言われています。そのほか、脂肪の燃焼させる効果や疲労の回復にも役立つビタミンB2も豊富。最近疲れがたまっているなあという人にもおすすめです。

画像1
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

学校だより

学校からの配布文書