『2学期が始まりました。感染症対策は万全に!やさしさと思いやりのあふれる林中学校をみんなで創っていこう!』

林中のしぜんno124 光の春

画像1
 2月になり日が伸びてきました。1月上旬と比べると太陽高度も上がり、明るい光を感じます。暦の上では立春を過ぎ寒さの峠を越しましたが気温は低いです。
しかし、光の強さを感じます。
菜の花も喜んでいるようでした。
気温はまだまだですが、

「光の春」を感じるこの頃です。

林中のしぜんno123 ロウバイ

画像1
 林中にはロウバイの木が三本成長しています。
花びらは薄いロウのようで、透き通っています。花はロウ細工のようです。
ロウバイはウメより一本の枝に咲く花数が多く、色も春らしく見事です。
春が近づいていることを教えている黄色です。

林中のしぜんno122 霜

画像1
 2月3日の朝は霜が降りていました。田んぼなどで真っ白なところがありました。
土の中の水分が凍り、柱状になる事は霜柱。霜は霜柱と違い、放射冷却などで空気中の水蒸気が氷になり地表近くに落ちてたまる事。冬場の晴れた夜間、屋根のないところに車を止めておくと霜が降りて真っ白になり直ぐに使えないで困ります。植物にも霜の被害が及びます。しかし、利点もあるそうです。大根と雑草が混在していた畑に霜が降りて雑草だけが枯れた。冬野菜は低温で凍らないように自己防衛で糖分を増やし、甘くなることを聞き、霜にも利点があることを知りました。写真は途中の田んぼに降りた霜です。

林中のしぜんno121 霜柱

画像1
 節分の夜は西高東低の冬型気圧配置が強まり放射冷却により冷え込みました。朝は水たまりに氷が張ったり、霜や霜柱が見られました。
 霜柱(しもばしら)とは、冬季など氷点下になる時に、地中の水分が毛細管現象(毛管現象)によって地表にしみ出して柱状に凍結したものである。 霜柱は地中にある液体の水が凍ってできたものであり、空気中の水蒸気が昇華して凍った霜(しも)とは別の現象である。と辞典には載っています。
 霜柱をよく見ると上部に土の粒子が付いています。この土の粒子の下の部分が最初に凍るところのようです。そこに土の中を上昇した水分が付いて凍る。この凍ることが繰り返され最初の部分が持ち上げられる。 地表が0度以下、地中が0度以上の温度で土がやわらかいなど土の状態、土中は乾燥しておらず水分があること。 この三つがそろって霜柱ができるそうです。土の中が0度以下だと土が凍り霜柱ができない。また、霜柱によって根の浅い植物などは、根ごと持ち上げられてしまうという被害があることを知りました。
体育館裏を歩きますとガリッガリッと音がして霜柱が壊れる音がしました。


生徒会企画 キラキラ短歌・川柳 3年no2

 今回は3学年のみの放送賞の展示になります。
放送賞
こぼれちゃう 涙溢れて頬熱く 気づいてあげよ こぼれる前に
登下校いつも一緒に 馬鹿話 感謝の気持ち 胸に溢れる
顔に出ない 心の傷は 感じよう
悪意ある 無視より先に 手をのべて
守りぬく みんなの笑顔 絶対に

画像1

生徒会企画 キラキラ短歌・川柳 3年no1

前回は 全学年 でしたが、今回は 3学年のみ の会長賞といなほ新聞賞の展示になります。

生徒会賞
思いやり 悪い言葉は 重いやり

いなほ新聞賞
つらいこと がまんするなよ 素直になれよ
イジリすぎ 度が過ぎてるの 気づこうよ

画像1

林中のしぜんno119 ウメ

画像1
 ウメが咲き始めています。 なぜ最も寒い時期に咲くのでしょうか。

 その理由の一つに、他に咲く花が少ない事だと聞きました。 咲く花がなければ受粉する虫を独占できます。虫はミツバチやアブ・ハエの仲間でしょうか。寒い時期ですが日中の温かい時には活動しています。 しかし、圧倒的に数が少ないです。

 数が少ない虫に対して、梅の花はどうしているでしょうか。

梅の花は、咲く時間を長くしいるそうです。 寒い時期に咲く花は寒いから長持ちするだけだと思っていました。確実な受粉のためでもあるそうです。長時間咲くことで受粉を確実にするためと聞き、何か腑に落ちました。 植物は動かず、じっとして黙していますが、徐々に工夫があり変化している聞き、植物の強い生命力を感じました。

チュ―バ ユーフォニウム

今回はチュ―バとユーフォニウムの話を聞きました。
Iさん
2年生のIさんが積極的に話してくれます。ホルムが可愛い。楽器に周りが反射しているのがかわいい。吹いているとき光の影など譜面に鏡みたいに見えるのがかっこいい。ピストンバルブを押す形が最新型で動きがよい。そして何より音の丸みが素晴らしい。
YKさん
持ち運びがちょっとつらいけど譜面台に写る形が良く好きです。
YYさん
ユーフォニウム担当のYYさんはチューバと同じで形が可愛いこと。透き通った音が気に入っています。また、先輩のIさんからギリシャ語で「良い響き」の音に由来する楽器のようだよとアドバイスを受けていました。さすが先輩!!そんなことまでよく知っているんですね。I先輩とても偉いですね。

2年生1名、1年生2名のパート練習でした。これからも、良い音で響き合ってください。

画像1

林中のしぜんno120 今年最初の満月

画像1
 1月27日は満月1日前でしたが、写真のように雲があり、その後も雲が厚くなり撮影はできませんでした。 5には満月を二日過ぎた17日目の月を掲載しました。満月を過ぎると右上が少し欠け始めるようです。
 新月から満月まで約15日。三日月、上弦の月、満月と明るい部分は右から増えて、満月になるようです。並べてみるとわかります。

画像2

生徒集会  始めよう 自分から

 1月27日水曜日生徒集会が開かれました。放送室から映像と音声が発信されました。
生徒会からは落ち葉ボランティア活動やきらきら短歌と川柳の表彰活動、委員会からは各委員会の活動報告がありました。これからも代表として活動している皆さんに協力していきましょう。
 写真上は教室に送られた映像、下は放送室に集まりこれから放送を行う生徒会役員と専門委員長の生徒の皆さんです。
画像1

食育8 「チーズ」 給食2月2日(火)

チーズは、生乳から水分をしぼって作られます。
100gのチーズを作るのに必要な牛乳は1000ml。つまり、牛乳の10倍の量の栄養素がギュッと詰まっています。牛乳に多いと言われているカルシウムやたんぱく質が効率よく食べられるのですね。
 チーズの20から30%を占めるたんぱく質は、体に必要なアミノ酸(必須アミノ酸)がバランスよく含まれ、たんぱく質の中の王様と言われています。そのほか、脂肪の燃焼させる効果や疲労の回復にも役立つビタミンB2も豊富。最近疲れがたまっているなあという人にもおすすめです。

画像1

林中のしぜんno118 カワセミ3

画像1
 カワセミが、なぜこんな羽の色なのだろうか。 目立つメリットは何でしょうか。
他と区別する事で増えやすい。人間から大事にされる。保護されやすい。そんなことではないだろうと思いつつ調べてみました。
 生き物ワンダーランドのサイトに理由が載っていました。 「カワセミは縄張りをもっている。自分の縄張りであることを近寄ってきた敵に示すのに役立っている」そうです。
目立つことで敵を追い払う役目? があるようです。 なるほどカワセミはスズメのように集団でいることはなく、子育て以外はほぼ一羽です。 自分のえさ場を守るための一つのようです。
 カワセミの羽の青、背中の輝く青とお腹のオレンジ、羽が光の具合によっては青から緑色に見えるカワセミは特徴的です。 正に「川の宝石」です。学校の近くにこんな鳥が生息います。コロナ禍です。人込みではなく川岸の散歩などいかがでしょうか。運動と発見を兼ねて。

画像2

林中のしぜんno117 カワセミ2

画像1
カワセミの飛ぶ姿勢です。カワセミは空気中から水中へ小魚を捕らえるためにダイビングします。空気から水の中、この衝撃をより小さくしたのがカワセミです。くちばしから頭にかけてのラインは素晴らしいです。抵抗を極限まで減らすように感じます。 新幹線が参考にしたのもうなずけます。特にトンネルの中に突入するときの衝撃音を減らすのに有効的であったと聞きます。自然から学ぶことは多く、ヒトはそれらを学び進歩してきました。小鮎川の支流にて撮影。
画像2

ホルン

廊下でホルンの音が聞こえてきました。とても熱心に練習しているのでホルンについて話を聞いてみました。
Gさんは、「他の楽器に比べて滑らかで柔らかい音色です。音が綺麗な楽器です。音域が広いこともホルンの良いところで、ホルンをとても気に入っています。」
Kさんは、「クルクルと何重にも回転したパイプのある楽器で、表面の光った色もよく、可愛い楽器です。音も綺麗で気に入っています。」
Sさんは、「演奏中のホルンは滑らかに響き渡ります。その音がとても目立ち、そこにやりがいを感じます。」と話していました。
これからも練習に励みより良い音を追及してください。

画像1

林中のしぜんno116 カワセミ1

画像1
カワセミが普段と違っていました。未消化の物を吐き出していました。その一瞬は撮影できませんでしたが、骨のような物でした。吐き出した後は普通の姿勢に戻り、水中の魚を探すいつも姿勢に戻りました。その変化に驚きました。 林中の隣、小鮎川の支流にて。
画像2

ENGLISH ICHINENSEI

HELLO How are you   good,fine,sleepy, hungry,tired・・・
First time this year. Happy new year.
What day is it today? Tuesday.
What’s the date today? January 26th.
How’s the weather today? It’s cloudy.

Today's lesson is about “Can I ~ ?  and Can you~ ?”
Open your textbook to page 98.
Let’s Talk 7 
A:Hello.   B: Hello. This is Emma. Can I speak to Raj, please?
A:Speaking. What’s up?  B:Can you help me with tomorrow’s
homework? I can’t get the answer.
A:Sure. Question 1 or 2?   B: Question 2, please.

Telephone Challenge ・・・ Make pairs.・・・

画像1
画像2

教育相談7日目

 本日は教育相談7日目、最終日まであと1日となりました。
本日はやや多くの人が相談を待っていました。
コロナ禍でスタートした新年も来週から2月です。
 今の学級も後2か月です。新年に立てた目標はいかがですか。 生徒の皆さんは悩んでいることがあったらこの機会に相談してみましょう。 また、教育相談が終了した人も、困っていることや疑問点があったらいつでも話してください。 自分だけで悩まず、話すことで解決することも多いです。

画像1

林中のしぜんno115 キセキレイ

画像1
お腹が薄い黄色です。水辺を歩きながら小さい虫を食べているようです。 写真では岸壁に上り、高いところから様子をうかがっているところのようです。 学校のテニスコート付近にやってくるハクセキレイと似ています。形や歩き方、餌のとり方、飛び方など似ています。ハクセキレイは10mくらいまで近寄っても逃げませんが、キセキレイは20mくらいですぐ逃げてしまいます。キセキレイは警戒心が強いようです。林中の隣、小鮎川の支流にいました。

食育7 「ししゃも」給食1月27日(水)

ししゃもは、頭からそのまま食べられるので、含まれている栄養素をまるごと摂ることができます。
今日のししゃも2尾で、牛乳約二分の一本分のカルシウム量です。カルシウムは、骨や歯を作るほかに、イライラを防いだり、心臓の動きを正常に保つ働きがあります。食育担当より

画像1

林中のしぜんno114 ヒガンバナの冬

画像1
テニスコート脇の土手の写真です。細長い葉が枯れずに生えています。
この植物の名前は?

ヒント1 赤い花 
ヒント2 葉はなく花だけ咲く 
ヒント3 秋のお彼岸の頃咲く。白い花もまれにある。

 冬場に葉を伸ばし栄養を球根に蓄えます。夏場は葉が枯れます。9月、お彼岸が近くなると、つぼみがすっと伸び花だけ咲かせます。
冬場は、背が低くても他の葉がなく光がたくさんもらえます。光合成をして、栄養を蓄えられます。他の植物が茂る夏場はお休みです。秋、葉がなく花のみを咲かせます。見事な工夫です。長年の生活で身に付けた技です。環境に適応することで進化した一つの例かもしれません。正解はヒガンバナです。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

学校だより

学校からの配布文書