感染症対策を行いながらも、充実した学校行事にしよう!

芸術鑑賞会

画像1
画像2
画像3
9月27日(火)、3年に一度、本物の芸術にふれる機会を持ち、感動体験を味わう目的で芸術鑑賞会が行われました。今回は、東京混声合唱団を招き、プロの歌声を間近に聞き本物の合唱を味わうことができました。
保護者の方々も60名の参加がありました。
2部の始まりには、厚木中校歌と全校合唱曲の「翼をひろげて」を合唱団の指導ものと合唱団の皆様と一緒に歌いました。

畏敬の思いを改めて

    〜入学式を迎えて〜               学校長

 245名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。保護者の皆様、おめでとうございます。何か一抹の寂しさを感じてしまう今年の入学式。「桜舞う、春の良き日。」当たり前の言葉が言葉にならない。平成23年度の入学式は、皆さんにも、私たちにも永遠の記憶に残る入学式になりました。
東北地方から広く関東まで、被害を被った東日本大震災。人間の英知をあっけなく突き破った津波。安全神話が崩れた原発。私たちは、自然の強大さに「畏敬の思い」を改めて思い知らされました。
こんな時に中学生として、新たな出発をする皆さん。皆さんには、「こんな時だから」と、今、自分自身を奮い立たせる思いが生まれているのではないでしょうか。皆さんは、声高らかに夢を語り、「小学校」を卒業してきました。中学校に進学した今、その思いを是非、大切にしてほしいと願います。そして、その夢を自分のものとすべく、種をまき、水をやり、3年間で立派な形あるものに育て上げてほしいと願います。
 今、報道をみますと、災害に負けない励ましの声が様々聞こえてきます。スポーツ選手が、音楽界から、歌声であり、義援金であり、活動があります。「頑張ろう日本」など励ましの声も、たくさん聞こえてきます。
 そんな声を糧に、皆さんも新たな出発を力強く歩んでほしいと思います。2・3年の上級生には、「こんな時、キラリと光る、わたし・厚中生」となるよう話をしました。皆さんにも期待します。「きらりと光る自分」。そして、伝統ある厚中生としての誇りを持った生活を期待します。
 さあ、中学生になりました。ともに頑張りましょう。        以上
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
4/2 年度始め休業
4/5 着任式・始業式
入学式
4/6 離退任式・対面式
弁当