感染症対策を行いながらも、充実した学校行事にしよう!

体育大会参観について保護者・地域の皆様方へ

画像1
 日頃から学校教育活動へのご理解とご協力をいただきありがとうございます。
 コロナの感染対策は中学校でも引き続き継続しておりますが、ご家庭でも様々な対策や登校のルールを守っていただいていることで、ここまで通常の学校運営が可能となっていることに感謝申し上げます。
 そのような中で、今週末の体育大会も、昨年と同様、集団演技の時間のみ3年生の保護者1人においでいただくだけで、他の保護者や地域の方々の入場はできないこととさせていただきました。特に3年生の保護者の皆様には学校での活動を、入学以来ほとんど参観していただくことなく今日を迎えていることに関して、校長として大変心苦しく思っています。
 私自身も生徒たちの応援練習や各種目の盛り上がり、一生懸命さを見ると、ぜひお子様の活躍を見ていただきたいと思っていますし、直近の状況を考慮すれば、屋外での参観なら可能ではないのか、他校の状況や、一般のイベントも通常通り行われているので参観は可能ではないかとも考えました。
 しかし、クラス数の増加に加え、コロナ対応で生徒の応援席のスぺースをやや広くとっていることから、保護者の応援スペースがさらに狭くなります。屋外とはいえ、参観の皆様が密になる状態を作ってしまうことも適切であるとは言えない状況にあります。 
 さらに今回の決定は、体育大会の10日後に控えている修学旅行を意識してのことでもあることをご理解いただいたいと思っています。修学旅行についてはこの2年間、中止や延期を余儀なくされてきたわけですが、今の3年生には予定通り実施してあげたいという思いを強く持っています。
 コロナの感染者数は減少しているとはいえ、決して収束に向かっている状況ではないと認識しています。不安を持ちながらも、体育大会の練習と並行して修学旅行の事前学習や準備に頑張っている3年生の様子を見ていて、実施に関してでき得る対策はすべてやるべきであるという思いから、昨年同様の対応を決めた次第です。 
 修学旅行が終わる6月中旬からは、各方面の状況を見極めたうえで、改めて中学校においでいただく取組の制限について考える予定です。
 それまでの間は、引き続きご理解とご協力をくださるようお願いいたします。 

厚木市中学生ソフトテニス大会

画像1画像2
先日行われた厚木市中学生ソフトテニス大会では、初戦で愛川中と対戦し、3-0で勝利しました。2回戦では南毛利中と対戦し、3-0で勝利しました。準決勝では玉川中と対戦し、0-3と惜敗しました。3位決定戦では林中と対戦し、2-1で勝利を収めました。新人戦から着実に実力をつけ、個人としてもチームとしても成長をしています。夏の総体まであと3か月です。これからのさらなる活躍を期待しています。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31