夏休み中も毎朝体温を測り、「毎日の健康観察」に記入しよう

野球部県央ブロック春季大会準決勝

5月4日(火)座間市民球場において、大和市立光丘中学校と準決勝を行いました。先攻の本校は、1回表、フォアボールから盗塁で2塁、3塁と進み、ショートゴロで1点を先制すると、長打が出てもう1点を追加し2ー0。1回裏、相手バッターが3塁打を放ち1点を返されて2−1。3回表には2塁走者をバントで送り、相手のパスボールから1点を追加し3−1。その裏、ピッチャー交代の前後にフォアボールを選択されるなどして2点を返され、3−3の同点となりました。その後、本校ピッチャーは気迫あるピッチングで相手打線を抑えましたが、味方打線はほぼ毎回ヒットを打つも得点につながらず、3−3のままタイブレークに入りました。ノーアウト1・2塁からのスタートで、先攻の本校は、バントで送るなどするも得点を奪えず、その裏、3塁に走者がいる状態で相手チームにヒットを打たれ、サヨナラゲームとなってしまいました。力の差はほとんどなく、昨日と同様、一投一打の重みを感じる試合となりました。残念ながら決勝戦に進むことはできませんでしたが、県央大会3位は立派です。この春の大会で経験した悔しさを力に変え、接戦を制するチームに更に成長するよう大いに期待しています。連戦、お疲れ様でした!
画像1
画像2
画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31