【5年生】情報モラル教室

 東名中学校の生徒のみなさんによる「情報モラル教室」を行いました。今回来ていただいた生徒のみなさんは、「かながわサイバーポリスサポーター養成講座」を受講しているみなさんです。身近な事例を挙げながら、5年生にも分かりやすくスマホやネットのトラブルを避ける方法を教えていただきました。
 正しく使うためには、「考える力、がまんする力、思いやる力、悲しませない力」が必要だということを学びました。

画像は愛甲小学校ホームページに掲載されています。
画像1

第74回 依知中学校体育大会

今年度は、感染症予防対策より時間短縮や、3密を避ける競技を考えました。そんな中でも、上級生がリーダーシップをとれるもの、集団での役割や、集団活動による望ましい人間関係を築くこと、これらの体験活動を通して、生徒主体の学校づくりをしていきたいという願いで競技を決めていきました。

半日という短い体育大会でしたが、グラウンドに響いた子どもたちの生き生きとした歓声と広がった笑顔は何にもかえがたいものでした。

画像は依知中学校ホームページに掲載されています。
画像1画像2画像3

5年生、玉川の川調査実施──5年生の総合的な学習の時間

10月7日の午後、5年生が体育館に集まりました。今日は、総合的な学習の時間で取り組んできた玉川の川研究の一つ、実地調査です。

これまでの準備内容を冊子にまとめ、子どもたちは実地調査に臨みます。実際に川に入るので、着替えもしっかり用意しています。

また、安全を考え、先生たちは4人体制ですが、保護者ボランティアを募集したところ、10人の応募がありました。

ボランティアの人たちに、体育館の出発式の中で挨拶をします。午後1時過ぎは雨模様でしたが、1時半には雨もやみがちになってきたので、いよいよ出発です。

学校のすぐそばを流れている川の河原に降り立ちました。水質調査グループと生物観察グループに分かれ、いよいよ調査開始です。川の中には深いところもあり、事前に先生たちが調べていたので、子どもたちや保護者ボランティアには注意を呼びかけます。また、プラカードなどで調査範囲もしっかりと定めてあります。

実際に調査が始まると、子どもたちは夢中です。水質調査班は流れの速さ、透明度、pHなどを測定しています。生物観察班はタモや手作りのペットボトル製ワナなどを使って、魚などの生き物を探しています。見つかるたびに「いた!」と歓声が上がります。

このように子どもたちが一生懸命に調査に取り組んでいたのは、玉川の自然の魅力に加えて、ここまでの事前準備が充実し、さまざまな知識を身につけていたからでしょう。

途中で七沢川担当と日向川担当が入れ替わり、調査を進めていくと、あっという間に時間が過ぎます。調査を終えると、校庭に戻って解散式です。ボランティアの人たちにお礼を言って、教室に戻り、着替えます。

調査結果の考察やまとめはこれからです。どんな内容になるのか、とても楽しみです。

保護者ボランティアのみなさま、ありがとうございました。

画像は玉川小学校ホームページに掲載されています。

画像1画像2画像3

1年生 遠足

遠足で平塚総合公園へいきました。
1年生になって初めての遠足に心を弾ませながら、友達と仲良く過ごしていました。
動物園で、動物にエサを与えたり、体育館でクラス対抗のドッジボールをしたりと、充実した時間になりました。
ご家庭でも前もって準備をしてくださり、どうもありがとうございました。帰ってきたお子さんの思い出話を聞いていただけると幸いです。

画像は南毛利小学校ホームページに掲載されています。
画像1画像2画像3

職業体験

2年生は総合学習の一環で、かなテクカレッジまで職業体験に来ています。三密防止のため、1クラスずつ来ています。

楽しい体験ばかりではなく、難しい体験も、今回の大切な勉強です。生徒が難しいと感じた仕事が、社会を支える重要な役割を担っていることに気づいてほしいと思います。

画像は荻野中学校ホームページに掲載されています。
画像1画像2画像3
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28