落ち着いた、活気のある、笑顔のあふれる相中生の姿をご覧ください

平成26年度 修了式

3月25日(水)修了式が行われ、学校長の話、生徒代表の話、校歌斉唱と、1年間を締めくくるのにふさわしい、気持ちのこもった式となりました。
学校長からは、修了式は1・2年生にとって卒業式と同じくらい大切な意味があること、4月からどのように過ごすかを考える上で春休みは良い時期であること、相川中生の良さやこれからの学校づくりについて等のお話がありました。
1年生からは、これまでの学年の取り組み成果や課題、また、2年生への感謝の気持ちについて、2年生からは、グリーンフラッグ取得までの様子や今後の活動への展望、3年生になる決意についての話がありました。
最後は、工夫された練習の成果もあり、全員で校歌を高らかに歌い上げました。これからも自分たちの校歌を誇らしげに力強く歌うことができる生徒や教師でありたいと感じました。
保護者や地域の皆様には、この一年間、本校の教育活動にご理解とご協力をいただきまして、ありがとうございました。来年度もどうぞよろしくお願いいたします。

画像1
画像2
画像3

1年生 箏の体験授業

画像1
画像2
画像3
3月24日(火)、1年生の音楽の時間で、講師の吉澤先生をお招きして箏の体験授業を行い、全員で「さくら」を演奏しました。
箏に初めて触れる生徒も多い中、20分程度の練習でどんどん譜面を読み進める生徒たちの集中力と吸収力の高さに驚きました。
 また、吉澤先生には特別に「鳥のように」という曲を、目の前で演奏していただきました。その心にせまる新鮮な響きと、技巧的な奏法に生徒たちは圧倒されていました。
「箏の新しい可能性をより多くの人に広めたい」という先生のお気持ちが伝わる、温かい授業風景でした。

グリーンフラッグへの道 4

3年生の先輩とグリーンフラッグ取得の喜びを分かち合いたいと、審査会のメンバーは卒業式の予行演習が行われる3月11日(水)までに審査結果をお願いしますと、無理なお願いをしました。その願いがかない、三年生を送る会の最後には、全校生徒の前でグリーンフラッグ取得の喜びを報告することが出来ました。最後には写真下のように旗を中心に全校生徒で記念写真を撮ることができ、卒業する3年生には最高のはなむけができました。
 なお、4月1日に発行される広報あつぎでは、相川中学校のグリーンフラッグ取得のニュースを中心にエコスクールの取り組みが見開きで掲載されますのでお楽しみに!
画像1
画像2

グリーンフラッグへの道 3

今回は相川中に届いたFEEからの通知を、開封するときの様子をお届けします。写真下は、すでに相川中だより3月号で公開していますが、今回はこの封筒を開ける前の緊張の様子も公開します。通知が入っているにしては大きな荷物だな、と思いながらも、あけるまでは確信も持てず、その様子を捉えようとカメラを構える教頭先生や開封する生徒の手元を息をつめて見つめている皆の様子がうかがえます。写真下では喜びの歓声を聞きつけて校長室をのぞきに来た先生が印象的です。
画像1
画像2

グリーンフラッグへの道 2

3月9日(月)にアップしたグリーンフラッグ審査会の様子が好評だったので、再度公開します。相川中学校に喜びの知らせが届いたのは3月10日です。ブログは祈るような気持ちでいっぱいでしたが、歌や踊りに、パワーポイントのスライドなど、2年生のたくましい表現する力が印象的な審査会でした。
画像1
画像2
画像3

グリーンフラッグへの道 1

 新聞紙上ですでにご存じの方も多いこと思いますが、相川中学校が優れたエコスクール活動に取り組んでいると認定され、グリーンフラッグを取得することが出来ました。
 グリーンフラッグ取得の喜びのあまり、また年度末のあわただしさにかまけて、学校ホームページでお知らせするのが大変遅くなり、申し訳ありませんでした。
 そこで「グリーンフラッグへの道」と題し、数回に分けて学校ブログでなければ見れないような写真や記事をお送りしますのでお楽しみに。
 では、まず3月23日(月)の厚木市長への表敬訪問の様子です。AEP活動に取り組む全校生徒を代表して、生徒会長と前期・後期の評議員長が、小林常良市長にグリーンフラッグ取得の報告に行きました。写真は市長さん(左から2人目)、教育長さんとの記念写真です。初めは緊張していた生徒ですが、ごらんのような笑顔でグリーンフラッグ取得の報告をするうちに、すっかり打ち解け、市長さんの前でAEP隊の歌を合唱する場面も。4月からはAEP活動をいっそう活発にし、相川中の伝統にしていこうと想いを新たにした2年生たちでした。
画像1

1年・学年集会

画像1
画像2
画像3
 3月23日(月)3校時に体育館で、1学年の学年集会を行いました。各クラスの評議員が3学期の反省を発表し、評議長、そして各専門委員会の1年代表者がそれぞれ話をしました。
 その後、学年で練習に取り組んできた『輝くために』という合唱曲を披露しました。3つのキーワード「思いやり」「感謝」「第一歩」に思いを込めた素晴らしい合唱になりました。

1学年球技大会

3月16日(月)5・6校時、1年生の球技大会が行われました。
スローガンは「満点smile みんなの心もあったかいんだから♪」、球技が得意な人も苦手な人も楽しむことができ、あたたかい言葉かけで笑顔をつくりたいという思いを込めて、体育委員が中心となって計画を進めてきました。種目は男女別バスケットボールとボーリングです。
バスケットボールは、バスケットボール部がいろんな人にパスをまわしたり、ポジションのアドバイスしたりと、中心となってゲームを進めていきました。
ボーリングは、クラス全員が投げ、30本のピンを何回倒すことができるかを競い、自分のクラスメイトを中心に応援をすることができました。
球技大会はクラスとして最後の行事であり、学年のみんなが笑顔になり、クラスとしての絆や団結を深めることができました。また、来週には1年間の集大成として学年合唱を行います。クラスで深まった絆を学年としてどうまとめていくのか、今から楽しみです。
1枚目の写真は、バスケットボールで真剣に取り組んでいる様子がうかがえます。2枚目はボーリングをしている様子で、本数が少なくなると倒しにくくなりますが、クラスの応援やアドバイスを受けて投げています。
画像1
画像2

相川小学校6年生の部活動見学

 相川小学校の6年生による部活動見学会を3月9日に実施しました。これは1月27日に行われた体験授業等の実施日にインフルエンザで学級閉鎖になってしまったため、代わりに行われたものです。午後から雨になるという予報で、実際に小雨が時折降るコンディションでしたが、小グループに分かれて興味のある部活動を順に見て回っていました。吹奏楽部を見学した児童達が集合場所に戻りながら演奏曲を口ずさんでいる姿が印象的でした。また、大きな声であいさつをする姿が見られ、4月の入学式が待ち遠しく感じられる一時となりました。写真は、会議室で校長先生から中学校のことについて説明を聞いている様子です。
画像1

第20回卒業証書授与式(その4)

卒業生別れの言葉として、一人ひとりの呼びかけと共に、卒業合唱「友〜旅立ちの時〜」が披露されました。
3年間の思い出を語る場面では、感極まって言葉にならない3年生もいました。
また、合唱では、指揮者から「涙、拭いて!」の紙を見せられ、皆一瞬笑顔になりましたが、指揮者自身が涙をこらえきれない感動の場面もありました。
卒業生一人ひとりの思いのこもった素晴らしい式となりました。
画像1
画像2
画像3

第20回卒業証書授与式(その3)

PTA会長からのお祝いの言葉や卒業記念品を受け取り、在校生からは卒業生への感謝の気持ちと歌のプレゼント「手紙 〜拝啓十五の君へ〜」がありました。

画像1
画像2
画像3

第20回卒業証書授与式(その2)

担任から呼名されると、一人ひとりが大きな声で「ハイ!」と返事をし、学校長から卒業証書を手渡されました。
画像1
画像2
画像3

第20回卒業証書授与式(その1)

3月13日(金)、晴れやかな青空のもと、第20回卒業証書授与式が挙行されました。
厳粛な中で、卒業生一人ひとりが中学校生活の集大成として受け止め、それぞれの思いをしっかりと伝えることができた式となりました。
ご来賓の方々から、「とても感動しました。」「3年生の歌声が素晴らしかったですね。」などの感想をいただきました。
ご多用の中、ご臨席いただきました保護者・地域の皆様、ありがとうございました。

画像1
画像2
画像3

卒業に向けて(3/9)

画像1
画像2
画像3
今日は入場から退場まで一連の流れを通して練習しました。
途中、気が緩むことなくきびきびした態度で練習に臨むことができました。
日に日に卒業生の言葉も力強くなっています。
卒業式まであと4日。
3年間の集大成として卒業式を迎えたいと思います。

相川公民館まつり

3月8日(日)、吹奏楽部が相川公民館まつりに参加しました。
沢山の地域の皆様が見守る中、1・2年生の吹奏楽部員が日頃の練習の成果を披露しました。
「妖怪ウォッチ」や「魔女の宅急便」のテーマ曲など、楽しい曲目を演奏すると、観客の皆様から温かい拍手をいただき、1・2年生も自信を持ったようでした。
3年生から受け継いだ部活への想いや取り組み姿勢をこれからも大切にして、日々の練習を重ねていくことと期待しています。

画像1
画像2
画像3

グリーンフラッグ審査会

 今年度相川中学校では、エコスクール認証を目指して、専門委員会を中心に活動に取り組んできました。「エコスクール」とは、世界中で取り組まれている子どもたちの自主活動です。文部科学省のエコスクールとは異なり、子どもたち自身が身の回りの課題に気付き、組織をつくり、活動し、検証し、継続していくことを目指した教育プログラムです。3月6日(金)に、エコスクールとしての今年度の取り組みを報告する、審査会が行われました。グリーンフラッグ審査会と呼ばれるこの会では、エコスクール認証に値する活動だったかどうかが評価され、認証された学校にその証としてグリーンフラッグという旗が授与されるのです。世界中には4万の参加校がありますが、認証を受けているのは7,000校にすぎません。ちなみに日本では認証されている中学校はまだありません。生徒会長と副会長のゆかいなつかみで始まった発表は、ステップ1から7へと順序良く進み、厳しい質問に受け答えしながら、予定時間を大幅に超えて終わりました。審査の結果は卒業式前には届く予定ですが、さて、どうなりますか。どきどきしますね。
画像1
画像2
画像3

薬の正しい使い方教室

 3月5日(木)5校時に3年生を対象とした「薬の正しい使い方教室」が行われました。相川中学校の学校薬剤師の先生に、薬の正しい使い方と、薬物乱用防止についての話を聞きました。「クスリ」は反対から読むと「リスク」になる、きちんと用法・用量を守らないといけないということ。覚せい剤、危険ドラッグの依存性の高さと、依存した結果どのようになってしまうかの話はとても印象に残ったようです。改めて、薬を正しく使いうことの大切さと薬物の恐ろしさを知るよい機会となりました。


画像1
画像2

卒業に向けて(3/6)

画像1
画像2
画像3
卒業式の練習後、3学年球技大会を行いました。
種目は男女ともバスケットボールとサッカーです。
仲間との時間を惜しむように、互いに声援を送りながら、楽しそうに参加していました。
女子サッカーのボールさばきもなかなかのものです。
球技大会を通して、また一段と団結力が高まったようです。

卒業に向けて(3/5)

卒業式の練習も4日目となりました。
入場から卒業証書授与、卒業生別れの言葉、そして、退場まで。一連の流れの中で、今日は特に授与の練習に時間をかけて行いました。
担任が呼名するのも最後となります。体育館中に響き渡る、気持ちの良い「ハイ!」の返事を期待しています。

画像1
画像2
画像3

銀杏組・小田原校外学習

画像1画像2
今年度最後の校外学習に行ってきました。天候にも恵まれ、思い出に残る校外学習でした。中でも国立印刷局・小田原工場見学は、偽造防止のために様々な工夫がされていることがわかりました。お札のデザインが変更されると、専門の職人さんが手書きで描いていると聞き、とても驚きました。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
4/6 着任式、始業式  入学式
部活動部長会
放:生徒会オリテのリハーサル