4月は、各学年の立場、状況、期待、未来をしっかりと自覚する月です。

2年生 理科の授業参観

画像1画像2画像3
 2年生の理科の授業を参観しました。今日は理科室でこまごめピペットの扱い方を学びました。今日の学習は、3年生で学習する「中和」や2年生で学ぶ化学反応式につながっていきます。また、化学実験で扱う実験器具の基本操作を身に付ける練習でもあります。
 最初にこまごめピペットの基本的な扱い方を復習し、水を使って練習します。水で練習している際にビーカーを倒す生徒が見られ、指導する先生から「扱う薬品は危険なものが多いので、たとえ水でも緊張感を持って取り組まないと事故につながる」と、注意が入ります。こまごめピペットの置き方、目に液体が入らないように安全メガネを着用する、実験テーブルの上に余計なものを置かないなど、事故を起こさないようにするための細かい指導も入ります。これが正解です。安全に実験を進めることは、とても重要なことであり、身に付けなければいけない態度・能力だからです。
 水での練習後は、青色の液体と黄色の液体を使って緑色の液体を作る実験を通して、1滴または半滴の液体を加える練習に入ります。たった1滴で青色の液体が黄色に変わってしまい、なかなか緑色になりません。手こずりながらも、少しずつ緑色の液体を完成させて先生に見せに来る生徒が増えていきます。とてもうれしそうです。
 生徒たちは、本当に実験が好きです。実験を行っている生徒の目は、イキイキとしています。しかし、ただ実験が好きでは中学生として合格点を与えることはできません。目的意識を持って実験を行い、科学的に探究する能力や態度、科学的な見方や考え方、現象などの理解を深めてこそ、合格となります。

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
学校行事
4/25 家庭訪問
4/26 家庭訪問