森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

1年生短歌 何度だって聞こうと決めた

大山が白い衣まといつつ優しくみんなを見守っている        
 
晩ご飯家族みんなでにぎやかに心身ともに温まってく        

山の木々鳥が飛び立ちひらひらと舞い落ちる葉は少し儚い

曲練習恥をかかないそのために本番さながら練習をする        

ソロ演奏想像したら緊張し口から心臓飛び出そうだな    

衣替え出したセータの足りないそでは小中またいだ成長ものさし    

太陽も朝ねぼうして大あわて午後ははりきり並木を照らす        

おばあちゃん同じ話を行ったり来たりでも何度だって聞こうと決めた


1年生短歌 どんなことでも青春だから

空の下葉が舞い落ちるこの季節空も草木も色を変えてく      

ふれた手の跡白く残る窓ガラスひやりと冷たい冬の訪れ      

世界中時計の針は止まらない季節も人もうごきつづける      

先輩の頑張る姿は頼もしい先輩達の背を追いかけた        

世界には色んな人が住んでいる自分はまだまだ何も知らない   

最近は日が暮れるのも早くなり少し悲しい自分がいるよ      

はらはらと紅葉舞い散る遊歩道未来へ続く赤いじゅうたん     

バス通り路肩に並ぶ木々たちが季節によって色を変えてく     

「朝ですよ」小鳥と太陽顔を出し家族皆を起こしてくれる     

森たちが緑じゃなくて赤黄色とても綺麗に木々見えてくる

先輩たちに追いつけるよう日々努力憧れる先輩になる      

先輩の伸ばした腕がしなやかに奏でる音色生まれる感動     

見上げればピンクオレンジ水色の鮮やかな雲足が止まる         

夕焼けで空みあげると赤くなりはじめてみるなすごく綺麗だ   

やってみろ君がいうから頑張れるそのひとことが心に響く    

辛いことたくさんあるけど頑張れるどんなことでも青春だから  

黒猫がみんなの帰宅を待っている悲しい鐘で外を眺める      

紅葉がたくさん並んできれいだなまるで木たちが化粧してるよう

校庭に一面生えたくさたちをたくさんとった除草作業

紅葉で黄色や赤く染まってくもう秋が終わり冬がちかずく      

夕暮れにそらは赤く染まっている心がほっこり温かくなる

駐車場イチョウの絨毯綺麗だな車を出すとイチョウが舞うよ

ママ怒る潔癖症できれい好き汚くしたらママ怒ります       

草の原雑草いっぱい生えている今度の掃除でいっぱい抜くぞ    

午前9時まだまだ起きない家族たち分かりやすいね睡眠不足    

山見ては色づいていく木々たちに秋の深まり感じています     

会うたびにうまくなってく仲間たち自分の遅れに焦っております  

外見れば色とりどりの紅葉がさぁでかけようきれいな世界     

空を見る空はきれいで美しい色んな表情豊かでいいな

辛いことたくさんあるけど頑張れるどんなことでも青春だから  



1年生短歌 不安・悲しみ・楽しみ 秋模様

テスト前周りをみるとどんよりとオーラが出てるすいこまれそう
茜さすプラットホームに夜が来た声も影も消えてしまった   
来年に迫った東京五輪では楽しみ半分不安半分        
ごくたまにまぶしく照らす太陽にこの森全体栄養貰う     
立冬だしかし外に出てみるとまだまだ景色は秋模様だな    
最近は日が暮れるのも早くなり少し悲しい自分がいるよ    
黒猫がみんなの帰宅を待っている悲しい鐘で外を眺める

1年生短歌 空を見上げて

空は今元気な雲が泳いでる気持ちいい風を肌で感じる     
夜の空ふとした時に見てみると心落ち着く星を見た時    
青空とキラキラ輝く太陽が冷たい空気を温かくさせる     
夕方に空見上げれば赤色の空が綺麗に澄んで見える     
帰り道ふとみあげると星いっぱい明日も頑張る気持ちになれる
見上げたら大きな月に輝く星とても綺麗で美しかった    
この世界いる場所みんな違うけど見上げる空はつながっている 
空を見る空はきれいで美しい色んな表情豊かでいいな    
帰り道ふと見上げるとまんまるの輝く月に勝利を願う    
見上げればピンクオレンジ水色の鮮やかな雲足が止まる    
夕焼けで空見上げると赤くなりはじめてみるなすごく綺麗だ  
秋の夜に白く輝く名月よ彼の地の水の輝きなのか      
秋の夜の美しい月夢ばかり雲に隠れて夜半の月影       
帰り道目の前を飛ぶ赤とんぼ茜の空に溶け込んでいく    
夕焼けが山の木の葉を照り染めてカラフルに光り模様のようだ 
秋晴れに白くたなびくいわし雲明日へ向かって一直線に

1年生短歌 「環境・防災・安全」について読む

環境・安全・防災

台風が猛威を奮った今年の秋異常気象の影響なのかな     
草の原雑草いっぱい生えている今度の掃除でいっぱい抜くぞ  
校庭に一面生えた草たちをたくさんとった除草作業     
最近は大きな災害たくさんだそろそろ神奈川危ないかもね  
温暖化島が海に沈んじゃう地球自体が今はピンチだ       
台風の大雨などの災害で苦しく暮らす人々がいる        
人々の環境破壊で死ぬ生物人と生物共存しよう         
テレビ見ていろんなニュース見ていると薬物の恐さ改めて知る
助け合い地域を守る森の里安全な町造り上げるぞ       
温暖化未来のために出来ること一人一人が意識を持つこと   
ゴミ問題海のめぐみが消えてゆく今できることを考えよう   
温暖化できる対策していこう僕達の手で未来を守る     
外行くとまだまだごみが僕たちみんなでごみを拾おう     
どんどんと深刻化してく温暖化いまできることなんでもやろう

1年生短歌 晩秋の美 冬の訪れ

空の下葉が舞い落ちるこの季節空も草木も色を変えてく   
東風南風といなさになってきた風はあともう少しで凩変わる  
紅葉がたくさん並んできれいだなまるで木たちが化粧してるよう
紅葉で黄色や赤く染まってくもう秋が終わり冬が近づく      
山見ては色づいていく木々たちに秋の深まり感じています   
夕暮れに空は赤く染まっている心がほっこり温かくなる     
草原の枯草たちに風吹けばかさかさシャラシャラ乾いた音がする
駐車場イチョウの絨毯綺麗だな車を出すとイチョウが舞うよ   
触れた手の跡白く残る窓ガラスひやりと冷たい冬の訪れ   
はらはらと紅葉舞い散る遊歩道未来へ続く赤いじゅうたん  
バス通り路肩に並ぶ木々たちが季節によって色を変えてく  
外見れば色とりどりの紅葉がさぁでかけようきれいな世界   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31