森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

1年生春短歌 中学生になって  〜大人への第一歩〜

画像1
鏡見て制服姿ドキドキと一歩踏み出すおおきなかベへ   
決断だ積極的に三年間挑み続ける頑張るぞ      
中学生体育祭や文化祭心に刻む新たなページ    
体育祭初めてだからドキドキだ先輩方と一致団結  
桜散り私は一歩ふみ出した険しい壁をこえていくため 
風踊る桜吹雪の通学路心に響く鼓動と足音    
中学生新たな一歩ふみだして希望と不安頑張れ私  
中学校部活と勉強がんばって自立と自律で楽しくしよう 
制服の重さも気にせぬその気持ち決して消えぬ希望の気持ち 
つまづいて諦めちゃだめ避けたって新しい壁にぶつかっちゃう 
森中で未来にはばたく力つけ仲間と共に高めていこう 
中学校桜の雨が降り注ぐ新たな日々の静かな始まり 
部活とか勉強などをできるだけ協力し合いがんばりたいな
桜咲く花が導く中学校不安と期待いまだに消えず 
中学生新たなクラス仲間たちみんなで歩むそれぞれの道 

2年生春短歌(1) 〜1年生のお手本になる〜

画像1
教室と新たなメンバードキドキだゴールに向かって頑張っていく     
春が来た二年になって嬉しいな勉強ファイト受験に向けて
入学式新入生の案内や校歌を歌い先輩らしく               
新たなる季節到来胸騒ぎ桜の吹雪僕らを包む              
春になり夕日の浮かぶ河川敷空しく輝く水面の景色
桜舞う二年生なった春これから先を自分で築く
春の風桜と共に連れて行くつのる不安と緊張感と             
新しいクラスに先生見慣れない楽しい日々になるといいな
進級でクラスがかわりこのクラスみんなで創ろういい思い出を       
二年でも森陵祭で団結し優勝をしてみんなで笑う
春になり新一年が入学し先輩になり今年も始まる            
野球部に新入生は来るのかな後輩来ても頑張りたいな
新しいクラスの人と協力し未来への道さあレッツゴー           
ぶかぶかの制服だなと思ってたしかし気づけばぴったりの今
新中二中二になってわかったよ中一よりも大変なこと           
春の風いろんなことを起こすけどすごくいいこと運んできたり
新しき季節始まる桜舞う今年はもっと気を引き締めて          
いつだって何があっても全力で大きな光に近づくために
春の風出会いと別れ繰り返し散ってく花もいと美しき
春になり暖かくなり気が晴れる心と身体軽くなりつつ           
二年生先輩になる時期が来た一年生のお手本になる            
二年生知らない人と話そうよ仲良くなるよ一組の人
桜散り初めての授業始まる日忘れてないか確認をする           
晴れた日に春風が吹き花散らせドキドキワクワククラス替えする
そよそよと春風が吹く夜桜を一人眺めたあの誕生日
鶯が歌うたう中学校へ春だと感じ悲しいですね              
部活動一年生が仮入部胸を張っていいとこ見せる             
春になり先輩になる新たな日クラス替えにドキドキしたね        
初めての先輩になりドキドキだ手本のような行動しよう          
部活では三年最後の総体で勝てるように練習頑張る
二年生教室狭く見えるのは机のサイズ大きいからね            
新中二後輩できて嬉しいが見本になるため日々努力する         
鶯と隣り合わせで咲き誇る桜の花からこぼれる雫
春が来て桜花々咲き匂う季節が変わり虫が鳴きけり            
二年生中学生活中盤で受験近づき緊張高まる
クラス替え一年間の仲間たち絆を深め輝く星に              
一年間辛いことをも乗り越えて笑顔あふれる思い出をさあ
中学で二度目の春が訪れて新たな風が吹き始める日            
一年でたくさん学んだことがある今年はそれを生かせるように
春が来た新入生を導いて私もやっと先輩になる              
一年生部活に入るか心配で夜も眠れず寝不足ですね
仮入部期待してたが一人だけこれから先が不安になってく         
暖かな日差しに触れてすくすくとまっすぐ空へ手を届かせて        
部活動入ってくれるか新入生バスケの楽しさ教えてあげたい        
先輩の支えとなれる後輩に憧れの背中追いかけながら
春になり新たなことに挑戦し失敗しても大丈夫なんだ           
新学期わからないことたくさんだそれでもその分知ることがある
二年生いろいろとても大変でそれでも自分はもっと強くと
桜映え気を引き締めて学校へ新入生の声が響くよ             
始業式心躍らせ震わせて一息ついてさあ出発だ
二年生先輩になり学校を引っ張っていくみんなと共に           
二年生先輩になりワクワクで見本になって嬉しくなるよ          
一学年ランクアップで先輩へ机といすが進化していた           
中だるみの二年生と言われたくない絶対それは言われたくない!
二年生ついに後輩入ってきた尊敬される先輩になる
桜咲き新しいクラスおもしろい二大行事頑張りましょう          
二年生なんだかんだで先輩だ良い先輩になりたいなあ
この年で三年生とお別れだ絶対総体優勝します

2年生春短歌(2) 〜先輩になって気持ち高鳴る〜

画像1
春になり僕たちみんな二年生後輩ちゃんと引っ張らないと         
これからは勉強ちゃんとやらないと受験にかかわる大事な時間
進級し先輩としての志正して皆に大きくあいさつ             
何事も全力でやろう最後まで想いを胸に過ごしていく日々
何気ない日常が大事な宝物一日一日有意義に生きる
部活動あと一年で終わりだな去年よりも上手くなった気がする       
先輩と呼ばれる時がくるのかな一年生に優しくしよう
先輩になってわかった大変さもう頼れない自分の力で           
森陵祭今年も熱い闘いを優勝したいこのメンバーと            
二年生一歩大人に近づいた努力忘れず未来を目指す
花の色次々変わり春色に草花みんなニコニコしてる           
春になり桜の花びら舞う中で二の二のみんなと笑顔咲かせよ        
新クラス桜と共に二の二にはみんなの笑顔満開に咲く
新しいクラスの仲間とたくさんの楽しい思い出作っていこう
中学校二度目の春になった今ドキドキするけどすごくうれしい
進級し新入生がやってきた去年の緊張懐かしくなる            
部活動仮入部なども始まって先輩になったと実感をする
二年生先輩になりけじめつけ去年と違う自分になろう           
部活動新入生がやってきた去年の自分が懐かしくなる
新年度桜の花はないけれど代わりに若葉のアーチをつくる         
クラス替えシャッフルしても変わらずに二学年っぽいにぎやかさだな
早々に桜の花が散ってゆき新たな葉っぱがみんなを見守る         
木々たちが徐々に緑へ向かう春窓の外には鶯の声
暖かな春風に吹かれ登校しクラス替えに願いを込める          
二年生桜が終わって切り替わり新たな一歩を踏み出す時だ         
花見る季あれから早く一年か今浴びている自信と春と          
進級だ先輩になるこの時期は優しくいこう頑張りましょう         
二年生先輩になり後輩に優しく接してあげたい気持ち          
一年前入学してから早一年先輩という実感がない            
桜散り緑あふれる森中で先輩になって気持ち高鳴る           
そよ風と青春の風吹き荒れて気持ち混ざって七色光る
春風がそよそよと吹く新学期不思議な気持ちプラスに向かう        
春風に背中押されて前向けばまだ見ぬ世界があふれでてくる        
先輩が今まで刻んだ物語次は我らが引き継いでいく
一年間あっという間に過ぎ去って先輩になりお手本になる         
新学年初心に戻り新しく希望を胸に進んで行こう             
新しく先輩になり浮かれ気味そんな時こそ気持ち引き締め         
桜咲き新たなクラス仲間たちそんな仲間と思い出作る
後輩の手本になるよう過ごしてく去年の先輩見習っていく
春になり新たなクラス楽しみに校舎の前で心弾ます            
二年生慣れない事もあるけれど良い先輩になれるといいな         
暖かい春の風がそよそよと私の横を通り過ぎてく
三階の窓から見えた森の里いつもと違って少し新鮮
今までの努力の結晶振り返りもう戻らずに進み続ける           
進級し立場がかわり先輩に立派に過ごし輝くように
澄んだ空まぶしく照らす陽の光今日も聞こえる鳥のさえずり       
二年生仲間と共に歩んでく希望に満ちた僕らの未来
進級しめでたい気持ちありながら少し不安な気持ちもあるな        
変わりたい皆の模範となるように一年生と違うようにと
春が来て桃色世界飛び込んで私の心もピンク色になる           
桜咲き新たな一年進級だ二年生になりいい先輩に
クラス替え新たな人々出会うとき新たな友もできるだろうな        
肌寒い塾の終わりの帰り道少し遠くの春の月かな             

3年生春短歌(1) 〜皆が笑えるクラスにするぞ〜

画像1
一年の桜の日から早二年時の流れが速く感じる              
今年こそ挑戦したい全力で夏の大会勝ち抜きたいな
まだ二年そんな気分が続くから名前を二年書くこと多い          
先輩になったからには絶対に後輩たちの見本になるぞ           
学校は単純なんだどこまでも日々は明るくゆえに影濃く          
始まった最初で最後の三年生全ての最後最高にする            
一月に書いた言葉を忘れずに毎日コツコツ雲外蒼天
学校の一番上の学年になったからには皆を引っ張る            
委員会先輩たちがいなくなって最高学年リーダーをする
教室が一階上がる大変さ疲れるよりも責任重い              
びしょぬれも泥だらけでも屈しない約束果たす夏に向かって
良い未来川に願った花筏きっと未来は広い湖               
散らかった部屋と頭の片隅にパッと明るい遠くの陽射し
新学期涙で始まるさみしさも心にしまって前へ進もう           
この一年体育祭も文発も修学旅行も楽しみすぎる
三年生見え方違うこの世界いとど不安がつのるばかりで         
「最後だね」そんな言葉に頼らない自分たちの手で築く物語(ストーリー)
喜びも不安もうれしさやりがいも鞄につめて前へと歩む
進級し最高学年なったけど希望と不安どちらも混ざる          
あと一年中学生活終わるからこの一年を充実させたい
三年になってもうすぐ二週間早すぎるけどしっかり頑張る         
後輩に良い姿見せるため一つ一つを真剣にやる
受験生やるべきことがたくさんだ気を引き締めて挑んで行こう       
かっこいい思わせたいな後輩にだからこれから頑張りたいな
感情が心の中で混ざってる不安と希望心いっぱい             
今までは先輩たちがいてくれた引っ張っていこう後輩たちを
これからは俺たちみんなで創ってく歴代を超えた森の里中を        
受験まであと十か月を切っている一日一日無駄にしないぞ
持ち前のリーダーシップを発揮して引っ張っていこう後輩たちを
何事も諦めるのはもうやめる「やればできる」と心に誓う         
「面倒くさい」こんな言葉はもう禁句今やることは今やりましょう
三年生最高学年誇りもち切磋琢磨精進していく              
三学年すべての文字に「最後」付く森中行事の大取リを飾る       
勉強と部活の両立極めてく卒業までの道拓く我
後輩の憧れとなる三年だ憧れの背中自分の番だ              
この年は気を引き締めて行動だ周りの手本頑張っていく
新しいクラスになって決意する皆が笑えるクラスにするぞ         
三月に自分泣かせる思い出を最後の一年大量生産             
何もかも「最後」がついて切ないな悔いないように最後の全力
一日の象より重いこの重み卒業に向け重くなってく
三年生数多の年月乗り越えた己の意志は今でも風化せず          
頼られるそんな立場にもうなった先輩として頑張らないと         
春迎え新たな一歩ふみだす時気持ち切り替え歩き始める          
何もかも「最後」とつくよ三年は最高の思い出作っていきたい      
三年生勉強部活頑張るぞ中学最後全力でやる               
三年は目標だから頑張ろう一年生の目標になる
三年は何もかもが「最後」つく後悔しない自分のために         
先輩がいない今年は自分たち先頭立って頑張っていく
学校を引っ張っていく三年生後輩たちの見本になるぞ          
さんさんと笑顔ふりまく三年生森中全部笑顔で満たす
色々なタイムアップが迫ってる着くまでできるか刹那な生き方       
雲一つない蒼穹にかかる虹こんな存在なって幸せ
勉強と部活も両方頑張るぞ常に全力百パーセント             
後輩もさらに増えしや三年生口で教えず背中で語る
三年だしっかり部活やらないと後輩たちに抜かされていく         
最高の学年になったこれからは全体まとめ引っ張らなくちゃ        
三年生「最後」という字がのしかかる悔い残さずに過ごしていきたい    
いつもとは違って見える通学路新たな一年前へ踏み出す
辛くても歩いていこう一歩ずつきっと未来が見えてくるから
私たちあっという間にもう三年一日一日大切にする            
最高だそう思えるようにしたいからいいクラスにいい学年に

3年生春短歌(2) 〜だから自ら切り拓いてく〜

画像1
最後だと挙げた文発委員かな一所懸命やっていきたい           
あと一年もう一年無いんだと不安と希望中三の春
三年生部活引退もうすぐだ総体いっぱい勝ち進みたい           
三年生部活勉強大変だだけどどっちも頑張っていく
中三の目標などを短歌という三十一文字では書ききれません        
今年こそ吹奏楽で金賞を交響詩曲「西遊記」にて
「明日やる」そんな言葉は絶対に口にはしないこの先ずっと        
受験まで一年切ったと言いながら片手にゲームちょっと休憩
自覚なし階段上ってついた場所二年二組の教室の前
もういない頼れる先輩もういないだから自ら切り拓いてく         
先生の言うことしっかり聞くけれど自分で動ける人になりたい
進級し三年になり努力する受験勉強真面目にしてく            
三年でお手本になる学年で悪い印象与えたくない
桜咲き新入生とご対面これからみんなで学校つくる           
自分にはできるかどうか不安だが後輩たちの手本になりたい        
三年になってまだまだ間もないが受験に向けて予習復習
四階に上る階段長かりし成長したと気づかされるよ            
何気ないおしゃべりだってあと少し長いようでさすぐ来てしまう
あと一年気持ち切り替え新しい自分となって歩いてゆく          
あと一年一日一日大切に卒業なんてすぐきちゃうから           
楽しいことばかりじゃないと思うけどこのメンバーなら乗り越えられる
三年は受験の季節やってくるいずれの日から勉強開始           
桜咲け僕の思いと繋がって蕾のままじゃつまらないから          
今年度すべての行事に「最後」つくみんな一緒に頑張りたいな
これからもクラスのみんな仲が良く三年生を乗り越えたいな
色々と最後になるな三年はやり残しなどしたくはないな          
後輩の手本になれる願望を心に残る自分にしたい
気が付けば「最後」という文字ついていた一年みんなと思い出作る     
仲間との最後の時間が来る前にたくさん思い出作っておこう
三年生まだ実感はあまりないけど後輩引っ張っていく           
一年はあっという間に過ぎていく卒業するのはあと一年後         
三年だ来てしまったよ受験生でも大丈夫落ち着いてやろう         
三年は困難たくさんあるけれど乗り越えればね良いこと待ってる
新クラス見ない顔がそろったが仲良く協力助け合ってく          
近づいたいつのまにかにあと少し毎日コツコツ努力を積むぞ
何事も「最後」という字がつく三年一日一日日々を大事に         
いよいよだ中学最後の三年生悔いのないよう全力疾走
三年生先輩として後輩を引っ張りたいが不安がたくさん          
なんにでも「最後」がついてくるけれど後悔しない思い出作る
春風は乗せてくれるよ僕たちを希望に満ちた明日へと進み     
最後という言葉が付くと何もかも寂しさ悲しさあふれるだけだ
満開のころには友と別れてる一秒一秒大切にしよ             
行事では最後の言葉ついてくる一秒一秒大切なんだ
段々と自分の世界が変わってく大人になるってこういうことか       
雲の上行く心地にて森中の三年生にやっとなるんだ
ついに来た最終学年頑張るぞ部活に勉強全力投球             
「中三ね」言われてみると改めて自覚と責任もっていかなきゃ
この年はすべてに「最後」が付く年だもう戻らない進むしかない     
何事も「最後」の二文字ついてくる日々を重んじ突き進むのみ       
「不可能」を「可能」に変える全力で希望に満ちた明日(みらい)のために
コンクール輝く金をつかみ取る部員全員笑顔で帰る            
行事等ラストを飾る瞬間は友との絆忘れはしない
もう三年あまり実感ないけれど残りの一年楽しく過ごす          
三年生気が付くともう受験生早め早めに勉強しよう
勉強が難しくなる三年生予習復習しっかりやるぞ             
二年間あっという間でさみしいな残り一年大事に過ごす
これまでと違う環境慣れてきてこれから踏み出す新たな一歩       
毎日の小さな努力その力未来を照らす光となりゆく
焦りとか不安だらけの毎日が君の笑顔で鮮やかになる
何事も挑まなければわからない失敗しても明日の力だ           
真っ白な空に広がるキャンバスに僕らは何を描くのだろう
一歩ずつ創られた道歩まずに新しい道創り歩もう

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

学校だより

保健だより

指導計画

元気アップスクール推進事業

学校いじめ基本方針

コミュニティ・スクール