森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

地域と共に コミュニティ・スクール研修会 第2弾

 6月23日(土)、青健連主催森の里地区コミュニティ・スクール研修会が開催されました。基調講演には「地域の大人はみんな親」を演題に大谷祐美子氏(文科省CSマイスター)にご講演をいただきました。
 森の里地区青健連は「緩やかなつながりの輪づくり」をテーマに育成事業を推進しています。継続は地域に活力を、つながりは地域に新たな息吹を与えてくれます。大人も子供もともに「学び」ともに「育つ」活動が地域づくりの基本。地域で地域の子どもを育て地域の核にとなる人づくりを目指して、地域の輪づくりを推進しています。
 今回の講演を受けて、今年度6月7日に開設された「森の里小中コミュニティ・スクール学校運営協議会」運営への共通意識・相互理解・連携を一層深めることができました。
 複雑化・多様化した学校の課題を地域と共に考え改善していくよう、生徒たちの将来を見据え共に考えていく機会となりました。
画像1
画像2

少人数(T.T)指導による授業

 本校では数学と英語の授業で習熟度別等の個に応じた指導を行っています。学習効果を高め基礎・基本の定着を図ることをねらいとしており、この取り組みを「少人数(T.T)指導」といいます。また、定期試験前や長期休業中にも学習会を開設し学びの浸透を図っています。
 実施に際しては教員の増員配置が必要です。そのため、県や市から配置された増員教員を有効に活用し、個々の学力の定着と伸長を図っています。 
 具体的には、県教育委員会の教員規定数とは別に加配配置があり、厚木市教育委員会でも厚木市独自として学力ステップアップ支援員が配置されています。
 この制度があり、現在の少人数(T.T)指導の授業が可能となっているわけです。本校では、学習内容の難易度が増す2・3年生には、正規教員・臨時的任用教員・非常勤講師の配置を、学力の定着を目指す1年生には厚木市の支援員の配置をしています。
 ご来校の際には、このような授業の様子もぜひご覧ください。
画像1
画像2
画像3

厚木西高校 連携募集に係る授業見学会

18日(月)から4日間、厚木西高校の連携募集による志願を検討している中学3年生を対象とした授業見学が開催されています。
 厚木西高校は平成29年度からインクルーシブ教育実践推進校として指定されたパイロット校で、今年度の入試に向けても、一般募集の他に連携募集による入学者選抜を実施します。
 このように厚木西高校に限らず他の多く高校で、これから学校説明会が実施されます。まずは、学校を知ることが大切です。日程を確認して参加することから選択の糸口が見えてきます。日程は学級で説明されますので確認してください。
画像1
画像2

6月23日(土) コミュニティ・スクール研修会

画像1
 23日(土)森の里地区コミュニティ・スクール研修会が開催されます。地域の方々が幅広く共に学び合う場として昨年度に引き続き企画されました。本年度から森の里小・中学校でもコミュニティ・スクールを設置し、6月7日(木)には第1回学校運営協議会が開催しました。前年度は「コミュニティ・スクールって何?」というテーマで開催された本研修会。今年度は「実践おいて学校と地域のかかわりにどのような進化があるのだろうか?」その中で地域として「地域の子どもたちを育てる」育成事業にどのように関わっていけるかを参加者みんなで共に考えたいと予定しています。基調講演には、「地域の大人はみんな親」を演題に、大谷祐美子氏をお招きして開催します。保護者の皆様のご参加をお待ちしています。


日時:6月23日(土) 15時から
会場:森の里公民館 2回会議室
主催:森の里地区青少年健全育成会連合協議会
共催:森の里小・中学校、森の里小・中PTA、厚木西高校、森の里公民館学級講座
対象:森の里地区の皆さん、青健連委員・役員、育成事業に関心ある方、地域と学校の   協働事業にご関心のある地区関係者
内容:講師 大谷由美子氏
   文部科学省コミュニティ・スクール推進委員(CSマイスター)


学校運営協議会(コミュニティスクール)

6月7日に小中一貫のコミュニティ・スクール学校運営協議会を開催しました。地域ぐるみで小中義務教育9年間の学びと育ちを支え、地域とともにある学校をつくることを目的としています。
全体会は、森の里小職員、森の里中職員と地域の代表者で構成されており、今回は顔御あわせと全体構想図や今後の流れ等を確認しました。今後、各部会のテーマを中心に推進していきます。
 次回の中学校部会は7月12日(木)に行います。
画像1
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

学校だより

保健だより

指導計画

元気アップスクール推進事業

学校いじめ基本方針

コミュニティ・スクール