森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

1年生短歌

画像1
朝が来て起き上がれない寒すぎてベッドの中がとても幸せ
寒い朝ベッドの中で考える人間だって冬眠したい
朝寒くアラームの音鳴ってるが音消しすぐに布団へ戻る
朝寒くこたつに入り寝転んで気づけば十分寝ていた自分
冬の今寒くてやだよ布団から出たくない朝頑張って出る
目覚ましの音に目覚めた朝六時時よ戻って昨日の夜に
太陽が顔隠してる冬の朝ジャンパーを着て今走り出す
暖かい季節がすごく恋しくて吐く白い息じっと見つめる
冬が来てこたつでゴロリあたたまる知らないうちに夢の世界に
この季節とっても寒い冬本番けれど今年も課題に挑む
寒い冬いっそなりたいコタツムリ祖父母の家は温暖化現象
部活中足腰痛い肩痛いでもこの冬は自分鍛える
冬の空こぼれるほどの星たちが瞬き光り私を照らす
勉強中窓の外には寒空が雪が降りそうつぶやく夜に
こんな日はこたつにお鍋乗せまして家族とつつくおでんはうまい
冬の道土の上には霜下りてザクザク踏んで楽しむ私
冬の空星がきれいに光ってる俺もあんなに輝いてみたい
さむいさむい冬はやっぱりこたつだね首まで入ってあったかぽかぽか
中学に入って日に日に増えていく宿題・疲れ・ペンの本数
憧れる僕が二年になった時夢の舞台に足を踏み込む
部活動先輩を追う今の俺後々俺も追われる立場
来年は自分に負けず努力する心に決めたもう迷わない
練習は弱音吐いたら一からだこの冬きっと乗り越えてやる
スパイクが決まったときのうれしさと楽しさそれが一番好きだ
期末過ぎ結果を知って悔しがり次こそもっと勉強するぞ
部活では冬休み中練習だ走って走り強くなるんだ
勉強はめんどうくさいがやらなきゃな自分のために未来のために
厳しくも前に進めば大丈夫どんな壁でも越えていけるよ
四月からずっと競って走ってた仲間に感謝ありがとう言う
学期末提出物が多すぎてやる気が出ない困っています
ホッとする期末テストが終わったら少し休憩してもいいかな
友達と下校の途中見上げれば雲にかかった夕焼けの色
我に問うなぜこの俺は生まれたか我は答える「幸せになるため」
PC部今つくってるこのゲーム来年出そう展示見学
大切なもの中学で見つけたよ友情という宝物をね
今日もまた自分のノート開けてみて思いをつづる詩って最高
買えないよPSVITA高すぎる二万九千八百円は
授業中十二時の鐘なったなら給食まではあと少しだぞ
この年は卒業入学たくさんの出会いと別れ経験したな
中学に入って半年以上経つ大変だけどやっぱり楽しい


3年生短歌〜がんばれ受験生

画像1
だんだんと入試本番近づいてどうしようもなく不安になって
希望持ち勇気も持って不安持つ期待も背負った あと何が要る?
勉強だ勉強勉強みんなして言葉にしないオーラでわかる
ですでした貴校わたくしもう嫌だ仮面をつけた自分の言葉
たまってる塾の宿題「落ちるぞ」とその存在で語りかけてる
弱音とかため息以上に出て欲しい答えなかなか出てきてくれない
もう嫌と避けてた崖にぶつかって背水の陣もう逃げないよ
あれしたいこれもしたいの誘惑が自分にとって最大の敵
時経つの肌で感じたこれからはテレビの時間減らしていくぜ
模試順位順風満帆上昇中油断大敵集中継続
頭痛いでも今寝たら負けるかもそう思うから怖くて寝れぬ
迷ったり不安になる日もあるけれど今は前向き全力疾走
寒いなと重ね着をする受験生まるで不安が重なるように
合格のただその二文字ほしくって問題あさる夜夢の中
願書書き証明写真も撮ってきたあとは自分の気持ちの整理
震えたら頭の中に入れたこと落ちてきそうでさらに震える
模擬結果点数見るなりすぐ伏せた史上最悪努力圏也
すべらない!落ちない!受かる!合格だ!受験生の必勝文句
入試やだ勉強もやだなにもかもドラえもん来い俺のところに
志望校戦わずして諦めた三年後には繰り返さない
友人と不安分け合う帰り道みんな同じでちょっと安心
受験後に後悔だけはしたくないだから勉強ひたすら勉強
教室の受験ムードの緊張感冬の寒さとどこか似ている
四月には私はここにいれるかな説明会で変な緊張
受験への不安の気持ちと反対に冬の青空とても澄んでる
あそこの娘そこに立ってる男の子みんなはどんな気持ちなのかな
塾帰り不安が積もり心冷え空を見上げて勇気をもらう
刻々と深まる冬は震えてる無知な私を不安にさせる
学校で進路の授業あるたびに不安つのって泣きそうになる
今すぐにタイムマシンで行きたいな合否がわかるその当日に
受かりたいそんな気持ちがリモコンに伸びる手とめてシャーペン握る
問題を解けない自分腹が立つ解けるアイツとまた差ができる
いつもならふざける人も真剣で受験の力ってすごいんだ
学校で面接練習するたびに勇気と自信積み上がってく
面接で大きな声で返事する自信がついて次につながる
面接の内容練りつつ気づいてく自分という名の人間像に
面接を重ねる度に意外にも知らない自分発見できた
面接は声を大きくはっきりと自信を持って練習しよう
面接は自分の夢を語るんだ未来へ向けてまっすぐ進め
面接で先生からのアドバイス次に生かして受験に挑む
不甲斐なくやる気の抜けた体でも何とか起きてさあまだやるぞ
受験日が近くなるほど増えていく自信と希望不安と力
友達がだんだん意識しはじめてる追いつきたいのにやる気が出ない
わからない問題があり慌てても教えてくれる友がいるんだ
不安よりストレス怒りたまってる少しは外野黙っていろよ
もう無理とわたしの心がつぶやくが諦めるなよ頑張れ自分
満月は欠け落ちていく俺はまだ欠けるものかと歯をくいしばる
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
4/1 辞令伝達式