森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

白いページを開く  たくましくしなやかに生きる力

 学校運営協議会の開設から2年目。3学期に入り各部会のまとめの協議が行われています。1月11日には地域支援ボランティア部会、1月14日には安全・環境・防災部会、1月30日にはキャリア教育部会、2月5日には小規模校の特色推進部会が開催されました。
 今年度は、より主体的な運営に向けて、小中それぞれの教育課程を尊重し、独自性を活かした運営に努めてまいりました。
 令和という新たな時代を迎え、社会の変化が加速していく中、生徒達が未来を生き抜く力を身につけていくためには、たくましくしなやかに生きる調和のとれた力が大事です。そこで、森の里中学校では、今年度の重点目標に「自律の心・創造の心・貢献の心」を掲げ、体験活動を軸とした教育活動を展開してまいりました。また、本地区は多岐にわたる資源に恵まれた地域であることから、地域の皆様には、この特性を活かした取り組みにご理解ご協力をいただき、充実した活動が展開できましたことに心より感謝申し上げます。
 子どもは家庭で育ち、学校で学び、地域で生きる。時代がどう変わろうとも教育は人です。次年度も、学校・家庭・地域の均衡の取れた役割分担のもと、様々な体験を通して得られる本物の学びが、生徒一人ひとりの未来を切り拓く力につながるよう、ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

今後の開催予定
 2月17日 学校運営協議会(全体会)


画像1
画像2
画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29