森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

1年生短歌 空を見上げて

空は今元気な雲が泳いでる気持ちいい風を肌で感じる     
夜の空ふとした時に見てみると心落ち着く星を見た時    
青空とキラキラ輝く太陽が冷たい空気を温かくさせる     
夕方に空見上げれば赤色の空が綺麗に澄んで見える     
帰り道ふとみあげると星いっぱい明日も頑張る気持ちになれる
見上げたら大きな月に輝く星とても綺麗で美しかった    
この世界いる場所みんな違うけど見上げる空はつながっている 
空を見る空はきれいで美しい色んな表情豊かでいいな    
帰り道ふと見上げるとまんまるの輝く月に勝利を願う    
見上げればピンクオレンジ水色の鮮やかな雲足が止まる    
夕焼けで空見上げると赤くなりはじめてみるなすごく綺麗だ  
秋の夜に白く輝く名月よ彼の地の水の輝きなのか      
秋の夜の美しい月夢ばかり雲に隠れて夜半の月影       
帰り道目の前を飛ぶ赤とんぼ茜の空に溶け込んでいく    
夕焼けが山の木の葉を照り染めてカラフルに光り模様のようだ 
秋晴れに白くたなびくいわし雲明日へ向かって一直線に

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31