森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

白いページを開く〜優しさを鍛える〜

画像1
 夏季休業が終わり8月28日、無事に2学期を迎えることができました。休み中、それぞれの目標に向かった学び、文化発表会への準備・部活動・地域行事ボランティアや学校外の活動等、皆さんの頑張る場面をたくさん見届けることができ、充実した夏を過ごせた一人一人の成長を頼もしく感じています。
 そして、今日から2学期です。2学期はこれまでの成長を本物にする学期です。そこで、今学期のキーワードとしてこの言葉を掲げました。
「優しさを鍛える」
 1学期の体育大会では「本当の勝利は自身の心にあり」という話をしました。そこには応援団長のチームを想う優しさと相手を敬う優しさがありました。
 壮行会では「成功は人の表面を飾り、失敗は人の内面を豊かにする」という話をしました。勝利を目指して重ねた努力、努力は必ずしも報われず、そんな経験から自分に打ち勝つ心の強さを磨きました。互いに優しい気持ちで行動や言動をしようとしても、うまく伝わらずに傷つけたり、自分も傷ついたりしないか心配になったり、独りぼっちになったり周りから非難されたりしないか不安になったり、そんな経験もしました。
 それでも自分の信じるところに向かい優しさを注ぎ続けたら、その心は大切な誰かにつながる本物に鍛えられていきます。本物の優しさには勇気や忍耐という心の強さが必要です。「鍛える」には「心の強さを鍛える」という意味が込められているのです。
 さあ、2学期も様々な活動があります。人間関係を紡ぐ時です。優しさを鍛え、一人一人の成長と集団の歩みを本物へと進化させる2学期となることを期待します。
  

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31