森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

ツバメの巣立ち

6月中旬に昇降口の柱の上にツバメが巣を作り、7月に入り雛がかえりました。生徒は登下校時に雛の様子を気にする様子が見られました。その後、荒天の影響で巣が崩れかけましたが、一部有志により巣の下に雛の落下防止用の棚が作られました。昨日24日には成長した雛の様子が見られましたが、本日25日未明、無事にすべての雛が巣立ちました。あの鳴き声が聞かれないのは少し寂しいですが、ツバメが大空に大きく羽ばたいていくことを森中として願っています。
画像1
画像2
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31