森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

白いページを開く 教育委員会来校 2年1組授業

 本日(6日)は、教育委員会から2名の方にご来校いただきました。今回は本校に新たに赴任された先生の授業を参観していただき、その後、ご指導をいただきました。
 授業は理科、2年1組、単元「刺激と反応」。「感覚器官にはどんなものがあり、どのような働きをするのだろうか」の問いに、多数の挙手がある中、「心だと思う。心は時に痛み時に悲しむ感覚があり、人をつなぐ働きがある」との答えに思わず驚きとほほえみが。中学生期は自分が集団のどの位置にいるかを気にする発達段階です。生徒が互いに認め合えるような、受け入れてもらえる集団と感じるような安心感があってこそ、自身のひらめきを素直に表現できる。仲間の支えあってこその発言。この優しさが次へのエネルギーへつながるのです。2年1組が築いたこの宝を大切に成長してほしいと願った一コマでした。
画像1
画像2

9日(月)の登校について

気象庁からの情報では、台風15号が来週の月曜日、関東地方に接近又は上陸するということです。当日の朝の諸活動はありません。くれぐれも安全には十分に気をつけて登校して下さい。
朝6時の時点で「警報」が発令されている場合は自宅待機です。その場合は7時以降に「緊急連絡メール」「学校ホームページ」で日課等をお知らせしますのでご注意ください。家族内で連絡が取りあえるようにご配慮ください。

避難訓練 その2

今回の避難訓練では消火器の体験で、各学年1名ずつが水消火器の放水を行いました。生徒からは「初めてやってみていろいろなことが分かった」という感想が述べられました。先日は地区防災活動がありましたが、あらためて日頃の訓練と経験の積み重ねが大切であると感じました。
画像1
画像2
画像3

避難訓練 その1

6日の6時間目、避難訓練を実施しました。今回は火災を想定したもので、素早く整列、整然とグランドに避難しました。
画像1
画像2
画像3

白いページを開く 〜家庭で育ち、学校で学び、地域で生きる〜

 9月1日、玉川地区・森の里地区で行われた防災訓練では、各自治会長様をはじめ学校運営協議会の皆様のご協力により、参加した生徒は貴重な体験をすることができました。また、大人の方からの的確なアドバイスをいただくことでより積極的に参加している場面を目にすることができ、地域の一員としての意識を高めることができました。地域の皆様のご理解ご協力にあらためてお礼申しげます。
 毎年、各地で自然災害が発生しています。災害はいつ身に降りかかるかわかりません。予想不能な事態に備えて、様々な体験を重ねることがいざという時の地域の大きな力となっていきます。大人と子どもの中間に位置する中学生にとって、地域は多くの時間を過ごす場であり、災害時には大人に代わって戦力となれるよう、一人の独立した人格を尊重していきたいものです。
 学校では明日、避難訓練を行います。「家庭で育ち、学校で学び、地域で生きる」家庭・学校・地域、この三者のバランスのとれた役割分担のもと、将来の地域を担う中学生の育成を推進していけるよう、今後とも引き続き、ご理解ご協力をお願いいたします。
画像1
画像2

来週は修学旅行

 3年生は来週の修学旅行に向けてしおりの読み合わせ・集合隊形づくり・新幹線乗降練習など、着々と準備を重ねています。しかし、何事も想定内とは限りません。思いがけない場面に遭遇する可能性もあります。そんな時、仲間と共にどう考え判断し前進していけるかがカギとなります。練習を重ね準備を積むことは経験となり行動にいかされます。皆さんの力を期待しています。


 
画像1
画像2
画像3

生徒リーダー養成会 報告会

4日6時間目に体育館で生徒リーダー養成会報告会が行われました。7月30日に森の里中からも1,2年生の代表5名が七沢自然ふれあいセンターに参加しましたが、その報告となりました。代表者は内容をパワーポイントにまとめ、わかりやすく説明をしていました。養成会で学んだ事が学校生活に活かされることが期待されます。
画像1
画像2
画像3

部活動部長会

2日の昼休み、部活動部長会が行われました。この集まりは毎月1回行われ、各部の活動の見直しや今後の予定についての話し合いをしています。夏休みで3年生が引退した部活動は2年生の新部長が会に参加しました。初めての会なので、新部長の顔からは緊張した表情も見られました。
画像1
画像2
画像3

防災訓練 森の里地区

森の里小学校、森の里中学校の防災訓練では簡易トイレ設置やAED、心肺蘇生法、そして消火器の使用方法を体験しました。
画像1
画像2
画像3

地区防災訓練 玉川地区

1日の防災訓練、玉川地区は玉川小学校会場で段ボールベッド・仕切りづくりや緊急物品の仕分けを体験しました。グランドの上空にはドローンも飛んでいました。
画像1
画像2
画像3

地区防災訓練

1日の午前中は厚木市の各地区で地区防災訓練が行われています。森の里中学校体育館でも森の里3丁目〜5丁目の方が集まり、防災訓練を行っています。この後、11時20分からは消防団による消火訓練も予定されています。是非、ご参加ください。
画像1
画像2
画像3

厚愛総体陸上部 その5

写真は上から1年男子100M走決勝で6位入賞、3年男子100M走で6位入賞、1年1500M走で7位入賞でした。ここ数日では久しぶりの晴天で、暑い日差しの中での大会となりましたが、陸上部の皆さん、本当にお疲れさまでした。
画像1
画像2
画像3

厚愛総体陸上部 その4

写真は上から、男子共通400Mリレー、男子低学年400Mリレー、女子共通走り幅跳びです。
画像1
画像2
画像3

厚愛総体陸上部 その3

写真は上から、1年100M走の3人です。一人が決勝に進みました。
画像1
画像2
画像3

厚愛総体陸上部 その2

写真は上から、2年女子100M走、2年男子100M走です。
画像1
画像2
画像3

厚愛地区総合体育大会 陸上競技大会

31日、荻野運動公園にて厚愛地区総体陸上大会が行われました。運動部の厚愛総体は7月にほとんどの大会が行われますが、陸上大会のみ8月下旬に行われています。つまりこの大会が3年生運動部員の最後の大会となります。森中の陸上部3年生は1人のみですが、1,2年生がそれを補うように各種目で活躍しました。
写真は上から、男子走り幅跳び、共通男子800M走、3年男子100M走予選の様子です。

画像1
画像2
画像3

美術部 スケッチ大会

8月31日、ぼうさいの丘公園で厚木愛甲地区美術部合同スケッチ大会が開催され、各中学校の美術部が集い「風景画」の制作をしました。森の里中美術部は緑と青空の空間をじっくりと観察し、それぞれの感性をいかした描写に取り組んでいました。作品は文化発表会で披露しますので楽しみにしていてください。
画像1
画像2
画像3

留守番電話運用開始!

画像1
 7月19日付け、厚木市教育委員会より「市内小・中学校への留守番電話の導入について」通知の通り、9月2日(月)より留守番電話装置の運用が開始となります。

 本校の対応時間は、午後7時〜翌朝7時30分です。また、土・日・祝日等の学校休業日は終日となります。留守番電話には録音機能はありませんので、この時間帯以外におかけ直しください。保護者や地域の皆様におかれましては、本件の趣旨につきまして、ご理解ご協力を賜りますようお願いいたします。なお、生徒の生命に関わる重大事態など、真に緊急を要する場合には、次の機関へご連絡ください。
 厚木警察署   046−223−0110
 厚木児童相談所 046−224−1111(代表)
 厚木市役所   046−223−1511(代表) 

白いページを開く 2年2組美術〜今を生きるあなたへ〜

 2学期最初の美術は「自画像」、教材は教科書のアンジェラ・アキさん作詞作曲の『手紙 〜拝啓15の君へ〜』です。15歳の今の自分となりたい未来の自分をテーマに作品への思いを言葉にして表現方法を探る授業展開でした。アンジェラ・アキさんの思いが音色となったMV鑑賞から、未来の自分像を描く足掛かりを見つけるという自画像の核心から単に絵画技法にとどまらない人としての生き方を問う自画像。どんな内面が浮き彫りとなるか、一人一人の価値観が自画像となって表現されることを期待します。完成作品は文化発表会展示部門、及び職員室前「みんなのアトリエ」にて披露します。 
画像1
画像2

白いページを開く〜優しさを鍛える〜

画像1
 夏季休業が終わり8月28日、無事に2学期を迎えることができました。休み中、それぞれの目標に向かった学び、文化発表会への準備・部活動・地域行事ボランティアや学校外の活動等、皆さんの頑張る場面をたくさん見届けることができ、充実した夏を過ごせた一人一人の成長を頼もしく感じています。
 そして、今日から2学期です。2学期はこれまでの成長を本物にする学期です。そこで、今学期のキーワードとしてこの言葉を掲げました。
「優しさを鍛える」
 1学期の体育大会では「本当の勝利は自身の心にあり」という話をしました。そこには応援団長のチームを想う優しさと相手を敬う優しさがありました。
 壮行会では「成功は人の表面を飾り、失敗は人の内面を豊かにする」という話をしました。勝利を目指して重ねた努力、努力は必ずしも報われず、そんな経験から自分に打ち勝つ心の強さを磨きました。互いに優しい気持ちで行動や言動をしようとしても、うまく伝わらずに傷つけたり、自分も傷ついたりしないか心配になったり、独りぼっちになったり周りから非難されたりしないか不安になったり、そんな経験もしました。
 それでも自分の信じるところに向かい優しさを注ぎ続けたら、その心は大切な誰かにつながる本物に鍛えられていきます。本物の優しさには勇気や忍耐という心の強さが必要です。「鍛える」には「心の強さを鍛える」という意味が込められているのです。
 さあ、2学期も様々な活動があります。人間関係を紡ぐ時です。優しさを鍛え、一人一人の成長と集団の歩みを本物へと進化させる2学期となることを期待します。
  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30