森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

サッカー部春季県央大会結果

14日、愛川東中会場にて県央大会が行われました。森の里中は林中との合同チームでの参加となりました。相手は県央地区の強豪綾瀬中です。序盤から防戦一方で得点を重ねられましたが、後半にパスがつながり待望の1点を取ることができました。試合には敗れましたが、選手は最後まであきらめずにボールを追い続けました。選手の皆さんお疲れさまでした。
画像1
画像2
画像3

バレーボール部 春季県央大会結果

バレーボール部は県央大会1回戦、海老名市立海西中学校と対戦しました。立ち上がりの緊張からか1セット目を簡単に落としましたが、2セット目は持ち前の粘りで取り返しました。3セット目も前半は接戦となりましたが、ミスも目立ち、セットカウント1−2で敗戦となりました。生徒のみなさんお疲れさまでした。
画像1
画像2
画像3

バスケットボール部 春季県央大会結果

バスケットボールは綾瀬市立綾瀬中との対戦でしたが善戦むなしく、前半の失点が響いて46−58で惜敗しました。生徒のみなさんお疲れさまでした。
画像1
画像2
画像3

森の里鯉のぼりまつりボランティア

13日、森の里鯉のぼりまつりに向けて、地域の方々と一緒に12名の生徒たちがボランティア活動を行いました。最初のうちは大人の仕事が多く、何をすればよいか戸惑っていた生徒たちですが、徐々に自分たちで何をすればよいか考え、自ら行動し、貢献しようとする姿が見られました。一生懸命作業する姿が印象的でした。
画像1
画像2
画像3

バスケットボール部大会情報

画像1画像2
本日は各会場で県央大会が行われています。荻野運動公園にてバスケット部は綾瀬中と対戦中!

生徒議会

画像1
画像2
12日の放課後に生徒議会を行いました。生徒会本部と各委員長、学年委員が出席し、今年度の生徒会の運営について話し合いました。3年生を中心に積極的に意見を交わしていました。

白いページを開く 教育委員会来校

 入学式では厚木市教育委員会教育長にご臨席を賜り、本日(12日)は教育委員会から4名の方にご来校いただきました。例年同様、生徒の活動の様子をご覧いただき、本校の教育活動を把握していただいています。
 授業はどの学年も1回目の初顔合わせが多く、1年1組では英語で自己紹介をしたり、1年2組では理科の授業でブラックホールの新聞記事を取り上げ、先生の問いかけに様々な意見が飛び交っていました。どの学年も新学期のスタートを無事に切れた様子が伺え、これからの生活への期待と希望が感じられました。
画像1
画像2

一斉下校日

11日、午後から教職員の研究会出張日のため、生徒は給食後、諸活動停止で13時30分に一斉下校となりました。新年度がスタートし、生活が慌ただしく過ぎていたので、各自が早く帰宅し、お家でのんびりできることを願っています。教職員は昨日も遅くまで教材研究や学年、学級の準備に動いておりましたが、午後は全員がそれぞれの出張に出かけました。職員室は残留者1名となりました。
画像1
画像2
画像3

保護者の皆様 連絡メールの登録について

先日、通知いたしましたが、「連絡メールサービスの保護者登録」をお願いします。学校からの緊急連絡がある場合、保護者の方の携帯電話やパソコンに送信いたします。4月19日(金)の5時頃にテストメールを配信します。

*尚、本日朝方に七沢地区広沢寺温泉付近で親子の熊が目撃されたという情報が入りました。各クラスで下校時の注意をしておりますが、地域の方々もご注意ください。

白いページを開く 2年生 道徳授業

 10日(水)道徳授業1回目が各学年で行われました。最初に道徳授業のねらいについて説明を受け、これからの人生で直面するであろう様々な困難にもたくましく向き合い前進していくために必要な考える力や判断する力をつけていくことの大切さを確認しました。資料や様々な体験を通してたくさんの価値観を吸収してほしいと思います。今回は「自分の弱さと戦え」を資料に車椅子テニス界のトッププレーヤー国枝慎吾さんの人生観が紹介されていました。場面場面で担任の先生から「この時あなたはどう考える?」と問いかけがあり、まわりの人と共に話し合う場面がありました。最後に、弱さを克服するために大切なことを個々にノートにまとめました。多くの人の考え方や判断を知り、自己を見つめることを大事にしていこうとする様子がよく表れていた2年生の道徳授業でした。
 
画像1
画像2
画像3

白いページを開く 1年2組 音楽授業

10日(水)教科の授業がスタートしました。1年2組音楽の様子です。新しく着任された先生の自己紹介から始まり、生徒たちは興味津々。音楽との出会いや、音楽の力のエピソードなどを知り音楽室は和やかな雰囲気に包まれていました。明るく活発な集団の持ち味が十分に発揮され、各自の自己紹介も質問が飛び交う楽しいひと時でした。
 写真は、クラリネットを演奏してくださった先生と、みんなの自己紹介の様子です。
 新たな中学校生活を自ら創り上げていこうとする創造性豊かな学級です。
画像1
画像2

白いページを開く 3年2組 技術・家庭科授業

10日(水)午後から教科の授業が始まりました。担任の先生の授業でもあり、初日の出会いから4日目、確かな歩みを積んだ様子が伺えました。教室の後ろには、早くも掲示物が完成し係活動が進められていました。授業へのぞむ姿勢も整然と最上級生としての意識が伝わってきました。
 先生からは「3年目の技術・家庭科」の資料をもとに「1年時:見つめる、2年時:考える、3年時:見つける・将来に向けて」と、段階を経て今に至ったこと、今年度の取り組みのポイントが示されました。最終的には社会的自立に向けて、知識のみならず、考える(工夫する)ことの大切を学びました。
 何につけても「最高学年」の自覚が大きなカギとなる3年生ですが、一人ひとりの意識が態度に意欲に表れていた授業でした。
画像1
画像2

身体測定・視力測定

10日、3,4時間目に身体測定と視力検査を実施しました。4月から5月にかけて健康診断が定期的に行われます。本日の身体測定では自分の体の変化に一喜一憂する姿が見られました。また、視力検査では視力が昨年よりも下がった生徒も見られ、ゲームやスマホやテレビ等の影響が心配されました。
画像1
画像2
画像3

白いページを開く 1年生3日目の様子

9日(火)1年生3日目の学校生活です。「思っていたより安心したことは?」元気に登校した1年生に聞いてみました。「担任の先生が優しかった。初日は少し怖いかなと思ったけれど案外面白くて安心した」「中学校の生活も小学校でやってきたことの延長なんだと思った。掃除も今までのやり方でいいんだと思った」「他の小学校の人とも話せて、新しい友達ができた」等、たくさんの笑顔が返ってきました。中学校も小学校も同じ地域の学校です。皆さんが新しい環境にスムーズに移行できるよう先生たちも小中で連絡を取り合っています。わからないことがあったら、一人で抱えずに周りの先生や友達に声をかけて思いを共有して少しずつ慣れていきましょう。
 写真は帰りの会後の教室の様子です。放課後は専門委員会や部活動見学もあります。本年度も本校が重点としている体験活動に様々な場面で関わり、多くの人と関わり、自己の生き方を見つめるヒントをたくさん吸収し、次への挑戦へのエネルギーにつなげていきましょう。1年生49名の笑顔がまぶしい3日目でした。
画像1
画像2

1学年集会

1年生は5時間目に2階多目的ホールで集会となりました。中学生として初めての学年集会で少し緊張した顔も見られましたが、先生の話を真剣に聞き、笑いが漏れる場面もありました。学校生活に早く慣れ、明るい笑顔がたくさん見られることを期待しています。
画像1
画像2
画像3

給食開始

9日より給食が始まりました。昨日の学活で班などが決まったばかりなので、給食の当番活動も心配されましたが、生徒は自分たちで考えて配膳する様子が見られました。1年生はまだまだ時間がかかっていますが、早く慣れることを期待しています。ちなみに、今日の献立は「きつねうどん」と「かつお和え」と「あん入りハンバーグ」でした。ごちそう様でした。
画像1
画像2
画像3

2学年集会

2年生は3時間目に3階多目的ホールで集会となりました。2年生は集合・整列が整然とでき、お互いに注意する姿が見られました。これから先輩と呼ばれる立場になりますが、その自覚が感じられる集会でした。
画像1
画像2
画像3

3学年集会

3年生は2時間目に4階多目的ホールで集会となりました。3年生は最上級生として自主的に動く姿が随所に見られました。2年生の最後に全員で考えた決意文をもとに「今、何をすべきなのか」を考えました。一人一人の顔から集団としての成長が感じられました。
画像1
画像2
画像3

風も桜もエールを送る 〜新入生へ歌を詠む〜

 森中では、折々に歌を詠むという活動に取り組んでいます。思いを言葉に載せる。人はこうして気持ちを伝えあってきました。遠く「和歌・短歌」の歴史をたどれば万葉の時代以前から、人は「歌」に思いを表わしていたようです。日々の一場面から生まれる思いを、素直な気持ちで表現している一首一首。この取り組みは本校独自の魅力であり、良き伝統として代々に受け継がれています
 今回は2・3年生全員の新入生への思いを詠っています。1年生の教室廊下に掲示していますので、ご来校の際は是非ご覧ください。

 一部紹介します。

出会いとは奇跡のような輝きできっと見つかる最高の友

新しい一歩踏み出す後輩たちに風も桜もエールを送る

校門を通り抜ければ中学生中に入れば校歌の音色




画像1
画像2
画像3

白いページを開く 1年生2日目の様子

 8日(月)、真新しいジャージに身を包んだ1年生の中学校生活2日目を報告します。
2校時より登校した1年生、まずは1組の様子。5日に渡された書類の提出手順の説明を受け、数々の書類を手際よく集め、誰ともなく気がついた人が全員分をまとめ先生に渡す一連の流れをスムーズに行っていました。その後、自己紹介カードを個々に思いを込めて書いていました。内容のポイントは、どんな中学生になりたいか、小学校と違って変わりたいこと、入学式で考えたこと、森中の印象などでした。「自分の思いや考えを自分の言葉でまとめる力」は、代々受け継がれている森中生の強みです。今年の1年生もその力を習得し成長していく姿が今からとても楽しみです。次に2組の様子。森中の生活の流れについて「静慮」を用いて説明を受けていました。「人の話は目で聞く」の通り、先生の説明をじっと見て聞く姿、カラーペンで重要事項にどんどん線を引く姿が印象的でした。さらに「こんな時はどうする?」という先生の質問に、「自分ならこうするかな」と、互いの意見を尊重し合い認め合い前進していこうとする姿も見られ、早くも中学生としての自覚が伺え頼もしく感じました。
 放課後は部活動見学があり、初日から一気に全開モードの1日が終わりました。帰り際に声をかけると、「大丈夫です!忙しくなるのは覚悟してましたから!明日も頑張ります!」と元気に笑顔で帰っていきました。
 明日からは給食が始まります。そして、学級の係決めや委員会選出等が予定されています。みんなで助け合い、全員で成長し合える学年集団となっていくことを期待しています。
画像1
画像2
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30