森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

人権週間に考える

12月3日〜7日は「森中人権週間」でした。期間中昇降口に世の中のさまざまな人権問題についてのポスターや本、ニュースなどを掲示して紹介していました。また最終日の7日には帰りの会で人権作文の朗読放送を聞きました。その後で、この一週間の中で掲示物を見たり放送を聞いたりして感じたこと、また普段人権について考えていることを書いてもらいました。

 世界では黒人の人、白人の人、アジアの人など、住む地域によって、肌の色が違うというだけで差別する人がたくさんいるけど、みんな同じ人間で、それぞれの個性があってこその命だと思うので、人種差別が今よりも早くなくなって、みんなが幸せになってほしい。(1年生)

 私は動画配信アプリで動画を見ることにはまっている。でもそこには、心優しくないコメントがかなりたくさんある。彼らは面白半分でやっているかもしれないが本人は悲しくなると思う。私もささいな発言で人を傷つけないようにしたい。(1年生)

 人はみな同じ人間だから、見た目が違っていても偏見などを持たないことが大切だと思う。差別をすることもよくないと思う。ひとりひとりの人権、それを尊重しあうべきだと思う。(2年生)

 インターネットによる人権侵害など、たくさんの方法で、いじめられている人がいることに、とても悲しくなってきた。自分の小さなことが誰かの役に立てると思えると、役に立ちたくなった。これからも人権について考えていきたい。(2年生)

 普段人権なんて考えていなくって、自分には遠いものだと思っていた。けど社会などで人権について学び、身近なものなんだと知った。インターネットでは様々な意見がある。悪口など人が傷つくことを言っているのもあるが、今後、そういうのが減っていってほしいと思う。(3年生)

 人と人との関わりは難しいこともあると思うけど、一番大切なのは相手の気持ちになってみることだと思う。自分がされていやなことはしないこと。これが守れればいやな思いをしてしまう人も減ると思います。(3年生)

多くの人が、人権についての問題意識をもち、自分に何ができるだろうか、ということを考えていることがよく伝わりました。自分の身近にある人権について、これからも考え続けてほしいと思います。

学習室でクリスマス会を行いました

画像1画像2画像3
 12月14日(金)に学習室でクリスマス会を行いました。PCの時間に招待状を作成し、先生方に配り、また、前日には飾り作り、当日の2、3時間目にはクリスマスケーキを作りの準備をしました。4校時は、ウクレレの演奏会からスタート、みんなでケーキを食べた後、ゲームをしました。とても楽しい時間が持てました。

1、2年生三者面談〜自己を見つめなおして〜

画像1画像2
先週金曜日から4日間三者面談が行われています。2学期の生活と学習を振り返り、3学期に向けての目標などを真剣に考える有意義な時間となっています。生徒にはこの三者面談を通し、自身の成長に気づき、3学期へとつなげるよい機会にしてほしいと思っています。保護者の皆様、お忙しい中お越しいただき、ありがとうございます。

森の里クリスマスまつり 吹奏楽部

15日、森の里地区クリスマスまつりで吹奏楽部が演奏を披露しました。今回は3年生も引退し、1,2年生のみでの演奏となりました。2年生が3名しかいませんが、部員をよくまとめ、素晴らしい演奏を行いました。肌寒い中での屋外コンサートとなりましたが、多くの保護者の方に鑑賞いただき、どうもありがとうございました。
画像1
画像2

15日 森の里クリスマスまつりボランティア

15日の午後、「森の里クリスマスまつり」が公民館周辺で行われます。その準備のため、森中生希望者がボランティアとしてテント設営とお菓子の袋詰め作業に参加しました。快晴の日でしたが、風などが肌寒い中で、多くの地域の方々に囲まれて、一生懸命に活動をしていました。午後からは、本校吹奏楽部が野外ステージで演奏をする予定になっています。
画像1画像2画像3

感性を文にして伝える〜和田傳文学賞授賞式

画像1画像2
15日(土)授賞式が厚木市文化会館で行われました。この賞は厚木市の農民作家和田傳様の思いを引き継ぎ今年で33回の開催となる歴史あるものでです。自分の思いを文にして伝えることはまさに文学の本髄。これからもよりすぐれた表現力を身につけ人との関わりを大切に人として大きく成長してほしいと、審査員長の先生のお言葉をいただきました。本校の生徒は、自分の思いを短歌31文字に託し伝える力を3年間を通して磨いています。ここにも森中文化浸透の成果が表れており、今後が大いに期待されるところです。今年度の2人の受賞を讃えます。

特選 短歌
二年
青空に私の音がとんでいくはるか彼方へ♯をかける

入選 俳句
二年
ただ独り月に向かって素振りする

道徳講演会 〜共感・共有・充実・満足〜

画像1
12月11日(火)に本校会議室で道徳研修会が行われました。道徳について多くの実践をもとに研究を重ねておられる筑波大学附属中学校の多田義男先生をお迎えし、ご講演をいただきました。前半は授業づくりの理論についての講義、後半は「足袋の季節」という教材を用いて実際にどう道徳の授業を組み立てていくかを参加者各自で考え、グループになってディスカッションする演習を行いました。多田先生のお話はとてもわかりやすく、演習でもそれぞれが考えたことを率直に意見交換し、予定の2時間があっという間に過ぎてしまいました。道徳は来年度から「特別の教科 道徳」という形となりますが、それぞれの職員が魅力ある授業をつくるために日々技術を磨いています。

自己を見つめて

2学期の初めから取り組んできた2年生の「自画像」が完成し、昇降口前のみんなのアトリエに掲示しています。
自分は何が好きで、どんな性格で、どのように成長していくのだろう。鏡に映る自分と向き合い表現しました。
授業では、過去の自分と向き合い将来の夢を描く生徒、これまでがんばってきたことを表現する生徒、自分のことに自信が持てず自分を好きになれない生徒、どのように表現するのかを考え何度も何度も描きなおしてしまう生徒などがみられ、それぞれが自分なりの方法で自己を見つめる時間になりました。
作品に添付した小さな票に記された「作者の言葉」とともに、生徒が生み出した“今を生きるあかし”。全ての作品も森の里中の大切な「宝」です。

画像1
画像2
画像3

職場体験発表!プレゼン

画像1画像2
 2年生が、12月4日、11日の両日にわたって、11月に行った職場体験の発表会を行いました。20の事業所、それぞれの特徴を捉え、また、自分たちが体験してきたこと、学んだことを、模造紙やパワーポイントを使って発表しました。発表は上手に資料を提示し、自分が体験しなかった事業所に対して興味深く聞き入っている様子でした。
 感想では、仕事をするということ、働くということは大変なことだと感じたという感想と共に、自分の将来について考えるきっかけになったというものもありました。

給食見学

 12月10日(月)の給食の時間に給食センターの栄養士さんが来校され、配膳の様子を見学した後、1年生と一緒に給食を食べてもらいました。給食を作る際に実際に使っている大きなしゃもじを見せてもらい、生徒たちは興味深く話を聞いていました。また、給食を食べながら献立のリクエストなどをし、楽しい給食の時間を過ごしました。
画像1
画像2

11日 1学年 職業調べ

画像1画像2画像3
11日の総合の時間に1学年は進路学習「職業調べ」を行いました。現在、世の中にはカタカナ表記をする職業がたくさんありますが、今回の職業調べではそのカタカナ職業についてを調べていました。初めて聞く職業名もあり、生徒は興味を持って調べ学習を行っていました。1学年は1月31日に地域の方をお招きして「職業講話会」を予定しています。その前段階の学習として、生徒達には職業観というものが少し身につきました。

考え、気づき、動く 〜森中生 厚木こども科学賞大賞受賞〜

 9日(日)今年で第10回目を迎えた「厚木こども科学賞授賞式」が行われました。この企画は日本の科学技術力問題の克服に向けて、世界各国でイノベーションによって世界を変えることのできる人材を厚木市からも育成できるよう「厚木市SEL教育基金事業」として行われているものです。
 今年の応募総数は1049作品と多数の応募がありました。今回の審査では、「観察・実験・調査に基づく客観性のあるデータが十分に取れているか、それらが自然科学の原理に基づく考察やまとめ方になっているか」に着目して評価が行われました。
 その中から、中学生の部は入選6作品、優秀賞2作品、大賞1作品が選ばれ、本校3年生の作品が、見事大賞に輝きました。作品名は「カビ〜食べ物はそのままにしておくな〜」で、審査員の先生からは、動機づけが明確であり、仮説を立てて計画的に研究が行われており、データも豊富に記録されていた。カビを作品名にしたものが他にも見られたが、「カビは生えてくるのではなく、カビが生えてしまう原因を私たち人間が作っている」というまとめ方に学ぶものがあったと高い評価をいただきました。
 受賞の後に、受賞作品を自ら壇上で会場の皆さんへ紹介した場面がありましたが、家中がカビだらけになったことなど会場の笑いを取りながら、笑顔で落ち着いたプレゼンができ、会場から大きな拍手がわきあがりました。
 自己の知的好奇心を契機に取り組んだ経験と大賞受賞による今日の発表は、人生の大切な宝物となるものとなったことでしょう。おめでとうございます。

画像1
画像2

学習室 ブロック交流会

12月7日(金)に玉川中・森の里中学区の学習室ブロック交流会が毛利台小学校の体育館で行われました。ミニ運動会と題して、各校が赤・青・緑・黄色組に分かれ、バルーンや風船バレー、じゃんけん列車、せんべい食い競走、○×クイズ、リレーを行いました。小学生と同じチームになって、仲良く競技をしていました。写真は、バルーンと閉会式の司会をしている森の里中学校の生徒です。
画像1
画像2

つながる力 〜コミュ二ティ・スクール魅力ある学校づくり部会〜

12月6日、PTA共育活動委員会による家庭教育学級講座が行われました。今回の講座は健康について理解を深めることをねらいに、お腹健康プロジェクト「お腹元気教室」が開催されわかりやすく楽しく学ぶことができました。
 本校のPTA家庭教育学級講座は、地域連携型講座として公民館事業「家庭教育の充実に関する講座」とタイアップした運営を行っています。 
 これは今年度から導入されたコミュニティスクール制度による部会「魅力ある学校づくり部会」にて今年度の改善項目にあげられたもので、公民館の方々のご理解ご協力により実現することができました。
 少子化に伴う運営の課題は地域も学校も同じであることを共有し、解決に向けて共に考え,今年度の共催事業を立ち上げることができました。この成果を次年度につなげ、一層のWINWINの関係を構築していきたいと考えています。
画像1
画像2

森中人権週間です

森の里中学校では、12月3日〜7日を「森中人権週間」として、昇降口前に掲示ボードを設置して人権に関するポスターやニュース、本などを紹介しています。また、森陵館にも人権週間コーナーを設け、さまざまな人権に関する本を紹介しています。最終日の7日には帰りの会で人権作文の朗読を聞く予定です。自分の身近にある人権について、より深く考える一週間であってほしいと思っています。
画像1画像2画像3

学習室作品

学習室で制作した「光の箱」をすのこ広場(2階昇降口横)に展示しました。12月ということもあり、クリスマスツリーをイメージしてつくりました。作品の内側からライトで照らしているため、作品の模様が美しく浮き上がります。さっそく近くを通った生徒たちが足を止めてじっくりと鑑賞している姿がみられました。
 森中の仲間が作った美しい作品が、周りの仲間の心も明るくあたたかく照らしますように。
画像1
画像2
画像3

5日 横浜プログラム

5日、1,2年生は帰りの会を延長し、横浜プログラムを実施しました。これは学校生活についてのアンケートで一人一人が森の里中学校での生活をどのように感じているのかを調べるものです。このアンケートをもとに、学校では教育相談などを実施します。アンケートの裏面に「どのようなクラスにしたいか」という記述質問がありましたが、前向きな良い意見がたくさん聞かれました。
画像1画像2

税についての作文 表彰

国税庁主催の「税についての作文」の表彰が12月5日(水)本校にて行われ、3年生の作品が厚木納税貯蓄組合総連合会より、優秀賞として選ばれました。納税について日頃から思っていることや考えたことを、自分の体験を交えて書いた作文が受賞となり、生徒もとてもうれしそうでした。今回の表彰を自信につなげ、今後の学校生活も頑張ってほしいと願っています。
画像1
画像2

学校保健委員会

画像1画像2
 本日放課後、学校保健委員会を行いました。
 保健委員会が1組団・2組団に分かれ発表したあと、学校医である森の里歯科医院の水野先生に講演をしていただきました。
 講演では「えっ、そうだったの!」とびっくりするようなお話もあり、大変参考になりました。ありがとうございました。
 あなたはいくつ答えられますか?
 1.むし歯の原因になる細菌と歯周病の原因になる細菌は種類が違う。
   〇か×か?
 2.歯周病が原因で命を落とすことがある。〇か×か?
 3.電動歯ブラシって、普通の歯ブラシと何が違うの?

期末試験

29,30日に1,2年生は期末試験を実施しました。試験前は緊張した表情を見せていましたが、いざ始まると持てる力を発揮しようと真剣に問題用紙に取り組む姿が見られました。1年生からは、「1学期に比べて問題が難しくなった」という声も聞かれ、日々の学習を積み上げていくことの大切さを感じているようでした。
画像1
画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

学校だより

保健だより

1学年だより

指導計画

元気アップスクール推進事業

学校いじめ基本方針

コミュニティ・スクール