森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

1年生短歌

画像1
朝が来て起き上がれない寒すぎてベッドの中がとても幸せ
寒い朝ベッドの中で考える人間だって冬眠したい
朝寒くアラームの音鳴ってるが音消しすぐに布団へ戻る
朝寒くこたつに入り寝転んで気づけば十分寝ていた自分
冬の今寒くてやだよ布団から出たくない朝頑張って出る
目覚ましの音に目覚めた朝六時時よ戻って昨日の夜に
太陽が顔隠してる冬の朝ジャンパーを着て今走り出す
暖かい季節がすごく恋しくて吐く白い息じっと見つめる
冬が来てこたつでゴロリあたたまる知らないうちに夢の世界に
この季節とっても寒い冬本番けれど今年も課題に挑む
寒い冬いっそなりたいコタツムリ祖父母の家は温暖化現象
部活中足腰痛い肩痛いでもこの冬は自分鍛える
冬の空こぼれるほどの星たちが瞬き光り私を照らす
勉強中窓の外には寒空が雪が降りそうつぶやく夜に
こんな日はこたつにお鍋乗せまして家族とつつくおでんはうまい
冬の道土の上には霜下りてザクザク踏んで楽しむ私
冬の空星がきれいに光ってる俺もあんなに輝いてみたい
さむいさむい冬はやっぱりこたつだね首まで入ってあったかぽかぽか
中学に入って日に日に増えていく宿題・疲れ・ペンの本数
憧れる僕が二年になった時夢の舞台に足を踏み込む
部活動先輩を追う今の俺後々俺も追われる立場
来年は自分に負けず努力する心に決めたもう迷わない
練習は弱音吐いたら一からだこの冬きっと乗り越えてやる
スパイクが決まったときのうれしさと楽しさそれが一番好きだ
期末過ぎ結果を知って悔しがり次こそもっと勉強するぞ
部活では冬休み中練習だ走って走り強くなるんだ
勉強はめんどうくさいがやらなきゃな自分のために未来のために
厳しくも前に進めば大丈夫どんな壁でも越えていけるよ
四月からずっと競って走ってた仲間に感謝ありがとう言う
学期末提出物が多すぎてやる気が出ない困っています
ホッとする期末テストが終わったら少し休憩してもいいかな
友達と下校の途中見上げれば雲にかかった夕焼けの色
我に問うなぜこの俺は生まれたか我は答える「幸せになるため」
PC部今つくってるこのゲーム来年出そう展示見学
大切なもの中学で見つけたよ友情という宝物をね
今日もまた自分のノート開けてみて思いをつづる詩って最高
買えないよPSVITA高すぎる二万九千八百円は
授業中十二時の鐘なったなら給食まではあと少しだぞ
この年は卒業入学たくさんの出会いと別れ経験したな
中学に入って半年以上経つ大変だけどやっぱり楽しい


20日 1年生 平和学習発表会

画像1画像2
 20日(木)、1年生が総合的な学習の時間に平和学習の発表会を行いました。
 班ごとに「平和」に関して調査してきたことを模造紙にまとめ、発表しました。クイズや劇を取り入れるなど、工夫をこらして発表しました。
 自分たちが調べたことの他にも理解を深めることができ、平和であることのありがたさをあらためて知るよい機会となりました。

 以下は調べたテーマの一部です。
 「憲法第9条」
 「ユニバーサルデザイン」
 「ノーベル平和賞」
 「祭り」
 「国際マラソン」
 「平和の灯火」 

緊急 大雪に伴う始業時間変更のお知らせ

 今回の大雪の影響のため、明日、2月17日(月)の始業時間を9時30分とします。
部活動の朝練はありません。給食はあります。
登校時は路面の凍結等に注意して歩行してください。
 なお、公立高校の特色検査及び面接については、現在のところ変更はありません。
各自、余裕をもって試験会場に向かってください。

緊急 低気圧の発達に伴う生徒の安全確保について

                             平成26年2月13日
保護者の皆様へ
                            厚木市立森の里中学校長

      低気圧の発達に伴う生徒の安全確保について(お知らせ)

 日頃から本校の教育活動へご理解、ご協力ありがとうございます。
 さて、気象情報によりますと、明日14日(金)から明後日15日(土)にかけて、低気圧の急速な発達に伴い、大気の状態が不安定となり、広い範囲で積雪や暴風雨等が予想されております。
 本校では生徒の安全確保のため、次のような対応を取らせていただきますので、よろしくお願いします。

・明日(2月14日)の朝の部活動の練習は中止します。

・明日、(2月14日)午前6時30分に天候判定の上、始業時間等の変更がある場合  は、生徒連絡網及び緊急連絡メールにてご連絡いたします。連絡がない場合は始業時間 は平常通りとします。

・通常登校でも風雨、風雪が強く、危険な場合は保護者の判断で登校を遅らせるなどの対 応をお願いします。

・登校後、天候によって下校時間を繰り上げるなど措置をとる場合があります。その際  は、文書及び緊急連絡メール等でお知らせします。
 また、ご家族が自宅に不在の場合は、開錠等について、事前にお子様と打ち合わせてお いてください。

 なお、明日の公立高校共通選抜検査の対応については、「志願のてびき」及び各受検校から渡された「受検上の注意」をよくお読みください。また、本日の前日指導で大雪等緊急時の対応については指導済みです。

13日 2学年の総合的な学習の時間

画像1画像2
 2月13日(木)、森の里地区地域福祉推進委員会の方々に来校いただき、2年生は総合的な学習の時間に車椅子について学習しました。
 実際に車椅子に乗ったり、車いすを押したりを体験することで、車椅子を使用している人がどのような不便さ、不安を感じているのかを察することができました。またお話しをうかがうことで、車椅子を使用している人に対する援助のしかたを学びました。
 わたしたちの街が、暮らしている人により優しい、安心な街になるために何をすべきかを深く考えるきっかけとなりました。

3年生短歌〜がんばれ受験生

画像1
だんだんと入試本番近づいてどうしようもなく不安になって
希望持ち勇気も持って不安持つ期待も背負った あと何が要る?
勉強だ勉強勉強みんなして言葉にしないオーラでわかる
ですでした貴校わたくしもう嫌だ仮面をつけた自分の言葉
たまってる塾の宿題「落ちるぞ」とその存在で語りかけてる
弱音とかため息以上に出て欲しい答えなかなか出てきてくれない
もう嫌と避けてた崖にぶつかって背水の陣もう逃げないよ
あれしたいこれもしたいの誘惑が自分にとって最大の敵
時経つの肌で感じたこれからはテレビの時間減らしていくぜ
模試順位順風満帆上昇中油断大敵集中継続
頭痛いでも今寝たら負けるかもそう思うから怖くて寝れぬ
迷ったり不安になる日もあるけれど今は前向き全力疾走
寒いなと重ね着をする受験生まるで不安が重なるように
合格のただその二文字ほしくって問題あさる夜夢の中
願書書き証明写真も撮ってきたあとは自分の気持ちの整理
震えたら頭の中に入れたこと落ちてきそうでさらに震える
模擬結果点数見るなりすぐ伏せた史上最悪努力圏也
すべらない!落ちない!受かる!合格だ!受験生の必勝文句
入試やだ勉強もやだなにもかもドラえもん来い俺のところに
志望校戦わずして諦めた三年後には繰り返さない
友人と不安分け合う帰り道みんな同じでちょっと安心
受験後に後悔だけはしたくないだから勉強ひたすら勉強
教室の受験ムードの緊張感冬の寒さとどこか似ている
四月には私はここにいれるかな説明会で変な緊張
受験への不安の気持ちと反対に冬の青空とても澄んでる
あそこの娘そこに立ってる男の子みんなはどんな気持ちなのかな
塾帰り不安が積もり心冷え空を見上げて勇気をもらう
刻々と深まる冬は震えてる無知な私を不安にさせる
学校で進路の授業あるたびに不安つのって泣きそうになる
今すぐにタイムマシンで行きたいな合否がわかるその当日に
受かりたいそんな気持ちがリモコンに伸びる手とめてシャーペン握る
問題を解けない自分腹が立つ解けるアイツとまた差ができる
いつもならふざける人も真剣で受験の力ってすごいんだ
学校で面接練習するたびに勇気と自信積み上がってく
面接で大きな声で返事する自信がついて次につながる
面接の内容練りつつ気づいてく自分という名の人間像に
面接を重ねる度に意外にも知らない自分発見できた
面接は声を大きくはっきりと自信を持って練習しよう
面接は自分の夢を語るんだ未来へ向けてまっすぐ進め
面接で先生からのアドバイス次に生かして受験に挑む
不甲斐なくやる気の抜けた体でも何とか起きてさあまだやるぞ
受験日が近くなるほど増えていく自信と希望不安と力
友達がだんだん意識しはじめてる追いつきたいのにやる気が出ない
わからない問題があり慌てても教えてくれる友がいるんだ
不安よりストレス怒りたまってる少しは外野黙っていろよ
もう無理とわたしの心がつぶやくが諦めるなよ頑張れ自分
満月は欠け落ちていく俺はまだ欠けるものかと歯をくいしばる

5日 新入生学校見学会

画像1画像2
 2月5日、新入生学校見学会が行われました。近隣の6年生が、4月から通う森中にやってきました。
 未来の後輩を迎え、森中生はいつもより緊張の面持ちで学習や部活動の練習に臨みました。6年生も熱心に見学していました。4月からの生活に期待が持てたことでしょう。
(写真左)授業見学   (写真右)部活動見学

29日 新入生保護者説明会

画像1
 1月29日(水)、平成26年度新入生保護者説明会を開催し、たくさんの保護者の方にご参加いただきました。
 授業参観や全校合唱のビデオ上映の後、森の里中学校の概要や教育課程、中学校での生活など様々なことについて説明しました。お子様の入学を心待ちにしています。ご参加ありがとうございました。

1年生短歌〜花のように強い決意を〜

画像1
知っている誰も知らないがんばりを君の努力を応援してる
家の中寒いと思い帰宅する全ての部屋が暖かかった
下校中お空を見上げこんばんは僕の帰りを月が迎える
深夜二時窓を開けると風が吹き雲がかかると星も眠るよ
冬の空黒い空に照り光る瞬くような青白い星
歩く道朝の木々には鳥の声寒さに負けぬ強さもらった
教室にずらりと並ぶ四字熟語皆の意気込み部屋に漂う
先輩の短歌はいつもかっこよくいつか自分も作ってみたい
教室にたくさん貼った書き初めはどれも上手くて尊敬するな
休み明けみんなの習字飾られた一人ひとりの良さが出ている
先輩はとても優しくあたたかい時々怒るそれも愛かな
ふと見れば道路の脇に花一つ寒さに負けず生きているのだ
大空に翼広げて飛んでいる小鳥は高く舞い上がってく
登校中いつもの道を通るとき聞こえるものは朝練の声
いいですねこたつに入り和むとき今年も冬が厳しくなった
まるで根を冷たい土に伸ばしてる花のように強い決意を

22日 2年生の総合的な学習の時間

画像1画像2
 22日(水)、2年生は総合的な学習の時間に平和学習の発表会を行いました。
 生徒一人ひとりが「平和」に関して調査してきたことを発表しました。プロジェクタでグラフや図を見やすく表示するなど、工夫あふれる発表でした。発表者の真剣な話にみな聞き入っていました。

 以下は調べたテーマの一部です。
 「世界の憲法9条」
 「東日本大震災支援活動」
 「絶滅危惧種」
 「自分たちでつくる平和」
 「オリンピック招致活動」
 「飢餓を知る」
 「ブラジルとストリートチルドレン」

16日 1年生の総合的な学習の時間

画像1画像2
 1年生は2学期から総合的な学習の時間に平和についての学習を行ってきました。
 「平和」という言葉から連想することがらについて書籍やインターネットで調べることから始めました。班ごとにまとめて、発表にむけて準備を進めてきました。今週はリハーサルの真最中で、どの班も資料の提示のしかたや話し方などに気を配って研究しています。

重要 インフルエンザによる2学年閉鎖及び感染予防について(お願い)

保護者の皆様へ

 日頃から本校の教育活動に対しまして、ご理解、ご協力を賜りありがとうございます。
 さて、本校では、インフルエンザによる欠席者が増えてきたため、学校医と相談・検討した結果、1月14日(火)5校時〜16日(木)、2学年を学年閉鎖とする措置をとることにいたしました。
 1・3年生につきましても、うがい・手洗いを励行し、栄養と睡眠を十分とるなど、風邪の予防に心掛けてくださるよう、ご家庭のご協力をお願いいたします。
 また、発熱等の症状がある場合は、必ず医師の診断を受け、その指示に従ってください。

3年生短歌〜受験生の心を詠む〜

画像1
わけもなくガラスとなった不安とか心に刺さる吐息の中で
夢にまで出てくるほどの不安感落ちたの夢でほんとよかった
テスト前教室内で勉強すクラスメートに焦り覚える
どうしよう高校迷い雲見つめ自分の心重ね合わせる
夢だけが膨らむばかり進歩なしそんな自分が一番嫌い
「切りかえる」心ではそう思いつつなかなかそれが実践できぬ
自分だけ取り残されたと錯覚し説明会で慌てふためく
数式が夢に出てきて焦り起き教科書開き うたた寝してた
世の中にタイムマシンがあるのなら今の自分を変えに行きたい
いつまでも終わりが見えず怖くなる一体どれだけやればいいのか
歯車が上手く言うこと聞かなくて自分の心またバラバラだ
三年の今ごろになり多々思うあのときもっとがんばれてたら
疲れたな少し休んでテレビ見よう弱い心に勝てない自分
もう嫌だそう呟いてペン投げたあきらめないと思いながらも
「今日くらい」こたつに入り昼寝する私の「今日」は一日じゃない
私はさどこの高校行きたいの自分の色を見失ってる
勉強やあぁ勉強や勉強や旅にでも出て逃げ出したいな
寒くって布団の中に入っちゃう寝てしまうってわかっているのに
何もせず後悔するな何かしろだめな自分に言い聞かせよう
将来は桜の下で笑いたいけどもう少し布団の中に
北風に弄(もてあそ)ばれる受験生揺れる心に不安と希望
友達が私を置いて走ってく私は一人うまく走れず

そんな不安見せずに廊下でじゃれててもだれもが何か抱え生きてる
人はいさ心も知らず自分には弱さがあるのよくわかってる(2首 国語科教諭)

8日 3学期の始まりです

画像1
 1月8日、3学期の始業式が行われました。
 新年を迎えました。3学期はどの学年にとっても、まとめの学期です。1・2年生は進級に向けて、3年生は卒業後の進学先でのあらたな生活に向けて、すべきことを心に留めた始業式でした。(写真は生徒会長の話に耳を傾ける森中生)

3年生短歌 〜母が入れたコーヒーに〜

画像1
字を一つ書けば高校近づくも友との別れも早まる気がする 
高校に行きたいという気持ちあるだけどみんなと別れたくない
ペン飽きた消しゴム飽きた筆箱も定規も飽きた今日はもう寝る
「疲れた」と言ってる余裕ありません時間を止める魔法が欲しい
パンパンに空気入った風船のような頭が破裂しそうだ
百日とカウントダウンする友のやる気半分分けて欲しいよ
失敗は今だけしよう受験生受験当日失敗ゼロだ
テスト後の解放感と恐怖感決まっちまった併願コース
教科書の散らかる部屋はテスト後も油断するなと言ってるようだ
今までで一番したよお勉強お願いします成果出てくれ
勉強は別に嫌いじゃないんですただ成果がでないというだけ
精神を奮い立たすも「努力圏」見飽きましたと何回嘆く
森陵館勉強している人見つけ驚き半分焦り半分
掛詞使った短歌創りたい上手くつなげずなかなかできぬ       
食進むペンは進まぬ時間(とき)進むペンの進みは自分しだいだ      
言葉とは人や時代をつなぐもの昔の人と会話するよう   
トマトの葉元気になったりしぼんだりまるで私のテストの結果
今はまだ本気を出していないだけそんな言い訳もう言い飽きた
旅のよう今日も明日もこれからもああ勉強は終わることない
過去問をやってみた時感じたよ基礎をしっかりやらなきゃだめだ
華やかな行事や設備を見聞きして気持ち固まる高校見学
勉強をしたいと思う気持ちあり体動かぬ三年の冬
勉強後ベッドでぐっすり眠ったらスラスラ解ける夢を見たんだ
お隣の芝生は青いと言い訳をしている僕こそまだまだ青い
いつの間にできたペンだこ勉強をしてきた証誇らしげだよ
なんでだろテストは嫌いなんだけどテス勉だけは手が手が動く
塾帰り友達の部屋明かり見て触発されたその頑張りに
当日に倒れることのないように少しはやろう体調管理
テストの日家出る前に親からの「がんばれ」言われやる気百倍
夜遅く勉強している隣には母が作ったコーンスープが
夜母がコーヒー入れて持ってくるもう少しだけがんばろうかな

〈本歌取り〉
冬来ぬと目にはさやかに見えねどもテスト用紙におどろかれぬる
秋過ぎて冬来たるらしテスト後の三者面談母の叱責 
道の辺に誘惑流るる小春日和しばしとてこそたちどまりつれ   
春過ぎて夏過ぎていき秋も過ぎあっという間に入試の季節     
  

3年生短歌〜夢見る受験生、温められて冬を越す

画像1
温められて冬を越す

晩秋の憂いを帯びた月もまた名月かなとゆったり縁側
快感だ期末が終わるその時に大声あげて両手も挙げる
登下校ゆっくり歩く傍らで冬の空気が「急げ」とせかす
森中のキャップ回収それだけでどれだけ人を助けられるか
あいさつをするかしないか自由だが一期一会も必要だよね
本当に楽しいときはいつもより素直な自分感じてるとき
朝早く虚ろ目のまま毛布から出ないでずっと温められたい
何気ないみんなの一言一言があったかくって冬が越せそう
叱られる回数減ってふと気づく叱ってくれる人の愛情

夢持ち進む受験ロード

「こつこつ」が頭に入る勉強法これこそ受かる方程式だ
二十分漢字書くだけそれだけで少しだけれど確かな時間
自習帳びっしり埋まった全ページ人事を尽くして天命を待つ
三ヶ月毎日勉強していたらしていた分だけ実力となる
中学校三年間の集大成見せてあげるよ私の意地を
ペンを持ち先端見てね思ったよ「軸を保つと立っていられる」
三年のテストが終わり次受験とうとうきたな俺本気(まじ)モード
散らかった机の上を片付けて課題の山をまた片付ける
曲がらないこの一本のペンのよう誠の心で勝負に挑む
いつの日かあの制服に憧れて百日後にはあれを着たいな
夢を見た俺が合格してる瞬間(とき)夢ではなくて現実にする
目指したい夢を見つけただからこそ受験ロードをダッシュで進む

13日 「税についての作文」表彰

画像1画像2
12月13日(金)、3年生の永島さんと土川さんが「税についての作文」に入賞し、厚木納税貯蓄組合総連合会から表彰されました。
本校校長室にて、二人は緊張の面持ちで、賞状と記念品を頂きました。

2年生短歌〜合唱コンクールを詠む その3

画像1
前日の帰りの会で気合い入れ心一つにがんばりましょい          
結果聞きステージ裏でホッとした初めての勝利すごくうれしい
肩組んでみんなと一緒に「ショイ」というクラスが笑う絆の言葉      
三十五声を合わせて鐘鳴らすHEIWAの願い世界へ響け
全校の奏でる音色響いてる七つの絆一つになった             
長い道試行錯誤を繰り返し完成させた二の一の曲
先輩と最後の演奏やり終えて先輩たちの重み感じる            
合唱の歌決め悩み考えた皆で歌う心をこめて
一組と呼ばれた瞬間立ち上がり諸手を挙げて歓声に沸いた         
持ち物はしおり弁当水筒とクラス皆の勝利の思い
昼休みみんな集まる3スタC今日も元気にさあ練習だ           
一組のみんなで創った絆の輪心一つに一組最高
文化祭クラスの絆深まった笑顔にあふれ最高のクラス          
初勝利こんなのまるで夢みたい周りをみたら涙がぽろり         
文化祭想いをこめて歌い合う仲間と築く熱い絆よ
あの言葉耳に届いたあの瞬間声がはじけた笑顔はじけた         
全力でクラス盛り上げさあ来るぞ無音の瞬間息ぴったり
先生の言葉のあとに「しょい」と言うテンション一〇〇倍元気一〇〇倍  
一組と言われたときは実感なし一日たってやっと気付いた        
下校中ちょっとつぶやく合唱曲嬉しくなって笑顔こぼれる        
文化祭勝てた理由はただ一つ一人一人が団結したから          
俺たちの心のこもった合唱でHEIWAの鐘を奏でましょうぞ       
一組の「しょい」の言葉は世界一「じぇじぇじぇ」に勝る流行語大賞

三年の合唱きいた変わってたクラスのために歌うと決めた       
「愛」という大切なもの手に入れた二年二組の努力の証        
文化祭36の歌声が一つになるとき愛が生まれる
笑ったり泣いたりしたけど当日はみんな笑顔で超最高賞        
本番前両手を見つめふと思うクラスで歌える最高の歌         
涙の声教室中に響くけど聞こえてこない後悔の声 
文化祭勝つつもりで頑張ってきた想いをこめて心を一つに       
合唱コンみんなでつくった思い出は忘れることないゆるぎなきもの   
文化祭終えて得たものしみじみと心に響き思わず涙          
お互いに仲間を信じ助け合い36の絆生まれる            
敗北し残った悔いは来年の合唱コンで倍返しだ           
泣いてても笑っていてもこの歌を創り出せるのは私たちだけ      
文化祭教室戻って涙してもっとみんなと一つになれた         
最後まで信じた仲間その結果見つけた賞より大切なもの        
泣きながら歌った青葉に全員の想いのしずくこぼれきらめく
前日に涙流した先生に思いをこめて恩返しする            
合唱を今までみんなで頑張ったそう考えて自然と涙
先生に渡せなかったトロフィーの代わりにかいた黒板の文字      
勝ってたらもらえなかった先生の想いつまった超最高賞
練習で固い絆を手に入れた「青葉の歌」は最高だった

8日 年末地域清掃

画像1画像2
12月8日(日)厚木市の年末地域清掃がありました。森中生の有志は、地域に分かれ、落ち葉を拾い集めるなどの活動を行いました。中学校の周りも地域の方々のご尽力により、すっかりきれいになりました。ありがとうございました。
(写真はサッカー部員による清掃活動の様子)

2年生短歌〜合唱コンクールを詠む その2

画像1
悔しいと握った手のひら爪の跡私はうまく歌えたのかな 
声合わせみんなで歌った合唱は涙あふれた時間となった        
消えていた「愛」と書いたその文字はしかし絆は絶対消えない     
三年生他とは違う歌声にいったい何が詰まっているのか        
負けたけど泣いて笑って強くなるクラスの「愛」は世界一だよ     
負けたけど心の中には勝利あり最高の歌心に響いた          
教室で最後に歌った「青葉の歌」負けた悔しさあふれでてくる     
教室で心をこめたあの歌はふるえていたが美しかった         
文化祭三十五人声合わせ悔いが残らず最高だった           
合唱と向かい合う日々大切にしてきたからこそこぼれる涙       
全員の想いと心集まれば最高超えるクラスになれる    
心こめ皆で歌った文化祭二の二の絆消えない宝            
みんなとのクラス合唱思い出すきつかったけど楽しかったな
「おめでとう」良きライバルに伝えたよともにお互い高めてこれた   
あすという日がみんなの歌を乗せながら世界に届け平和の歌よ     
合唱とみんなの笑顔つくれたよ平和という名のこの文化祭       
「ありがとう」人の心を幸せにいつでも言える自分でありたい
教室に戻ってきたらみな涙最後の「青葉」心をこめて         
先生の涙見てたらもらい泣き悔いは残らず最高の涙          
当日の朝思い出す今までの練習の時みんなの笑顔           
今回の三年生の姿見て来年これを絶対超える
練習で涙流した先生の想いをこめて心ひとつに            
伴奏の最後の音が鳴り響き努力の証が頬をつたった          
負けたけど仲間と練習頑張ったあの一か月に後悔はない
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28