森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

白いページを開く 関心意欲旺盛な1年生

 18日(木)生徒総会に向けて議案書検討が行われた1年生の様子です。それぞれの委員の初仕事です。学年委員が進行役、各委員が説明役形式で検討が進められました。感心したのは実に意欲的な態度です。「本の世界は無限大で楽しいです。この世界を体験しに図書館(森陵館)へ!」「聴く人を第一に考える放送を!」と図書委員や放送委員の呼びかけから、「これぞ聞く人の心に響く伝え方」と感心しました。また、司会の学年委員も、要点を整理し結論を確認し伝えるなど、全体を統制しながら進めようとよく考え適切に判断し発信している様子が伝わってきました(写真2)また、質問に答える各委員も、使命感を持った見事な返答でした(写真1) さすがにこれは難しいと思われた事案は、傍で立ち会ってくれていた3年生の生徒会本部の助けを借りて解決していました。(写真3)
 入学して半月、59名の頑張る姿が光る授業でした。
画像1
画像2
画像3

体育大会実行委員会 始動

18日の放課後、体育大会実行委員会が行われました。実行委員会は各クラス男女1名、計12名で企画・運営を行っていきますが、今日が1回目です。
明日、各クラスで選手決めとなりますが、その打ち合わせとなりました。今年度は大型連休のため、準備期間が短くて大変ですが、実行委員のまとまりと行動力に期待しています。

画像1
画像2
画像3

全国学力・学習状況調査

18日 3年生を対象に国語・数学・英語の調査が行われました。これは全国で児童生徒の学力や学習状況を把握・分析することにより、教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てることを目的として行われています。
今年度より、英語の調査に「話すこと」が新しく加わったため、PC教室も利用して行われました。生徒は目新しい調査用紙を前に、緊張した顔も見られましたが、普段のテストのように真剣に取り組んでいました。


画像1
画像2
画像3

地区会

17日の放課後、地区会を行い、自分の通学路と危険箇所の認識と対応方法を確認しました。森の里中学校は昨年度も集団下校を実施する時が何度かありました。いざという時に中学生としてどのように行動できるのか、日頃の備えがとても大切になります。話し合いは3年生の地区長を中心に各地区ごとにまとまりを見せていました。
尚、今年度の避難訓練、5校合同引き渡し訓練は6月12日(水)に予定されています。ご協力、よろしくお願いします。


画像1
画像2
画像3

森陵祭イメージ画 決定

本日、昼の放送で生徒会からイメージ画決定の報告がありました。全校生徒の投票で、今年度のイメージ画が3年生男子の作品で決まりました。これから美術部を中心として、体育大会等の看板やポスターを制作していきます。完成を楽しみにしていてください。

画像1

笑顔をプラス

 昨年度から行っている朝のあいさつ運動。
 今年度はこれまでのあいさつ運動に笑顔をプラスして、さらにレベルアップをしていきます。
 初日の担当は3年生。森中生の手本として、大きな声であいさつ運動をしていました。
画像1
画像2

森陵祭イメージ画 候補

平成31年度森陵祭テーマは「紡ぐ」(つむぐ)と決まりました。このテーマは「一人一人がより集まって、また、小さなことを1つずつ重ねることによって、クラスだけでなく、学年、学校が結束し、森陵祭を創り出す」という想いが含まれています。そのテーマに合わせて、2,3年生は昨年度からイメージ画の作成に取り組みました。全校生徒の中で4点が選ばれ、昇降口に掲示してあります。この中から1つが今年度のイメージ画として決定します。さて、どの作品が選ばれるのでしょうか。
画像1
画像2

白いページを開く 3年1組 道徳授業

 15日(月)3年1組朝の様子から。「月曜日の朝は元気ないけど、脳を働かせて!」と担任の一喝で1時間目が始まりました。資料は「銀メダルから得たもの」、レスリング界の吉田沙保里さんからのメッセージが紹介されました。最初に「負けてしまった体験」についてどんな思いがあるかの問いかけに、この土日の部活の大会結果が飛び交いました。「うちの部はあの時〇〇で、あそこでこうだったら…」と。誰にもあるこの悔しい気持ちと吉田さんの人生観を重ね自己の生き方を考えました。その後「よりよく生きていくために『君ならどう生きる』」の先生の問いかけから、授業はぐっと深みを増していきました。先生の失敗体験にじっと耳を傾け、自己の弱さを受け止め自ら切り拓く力をつけていこうとする意識が全員の瞳に映し出された授業展開でした。何よりも担任と生徒以上に、人として互いを尊重し合う気持ちが教室に広がり、最上級生としての期待を感じさせてくれました。よろしく頼みます!3年生!
 
画像1
画像2

サッカー部春季県央大会結果

14日、愛川東中会場にて県央大会が行われました。森の里中は林中との合同チームでの参加となりました。相手は県央地区の強豪綾瀬中です。序盤から防戦一方で得点を重ねられましたが、後半にパスがつながり待望の1点を取ることができました。試合には敗れましたが、選手は最後まであきらめずにボールを追い続けました。選手の皆さんお疲れさまでした。
画像1
画像2
画像3

バレーボール部 春季県央大会結果

バレーボール部は県央大会1回戦、海老名市立海西中学校と対戦しました。立ち上がりの緊張からか1セット目を簡単に落としましたが、2セット目は持ち前の粘りで取り返しました。3セット目も前半は接戦となりましたが、ミスも目立ち、セットカウント1−2で敗戦となりました。生徒のみなさんお疲れさまでした。
画像1
画像2
画像3

バスケットボール部 春季県央大会結果

バスケットボールは綾瀬市立綾瀬中との対戦でしたが善戦むなしく、前半の失点が響いて46−58で惜敗しました。生徒のみなさんお疲れさまでした。
画像1
画像2
画像3

森の里鯉のぼりまつりボランティア

13日、森の里鯉のぼりまつりに向けて、地域の方々と一緒に12名の生徒たちがボランティア活動を行いました。最初のうちは大人の仕事が多く、何をすればよいか戸惑っていた生徒たちですが、徐々に自分たちで何をすればよいか考え、自ら行動し、貢献しようとする姿が見られました。一生懸命作業する姿が印象的でした。
画像1
画像2
画像3

バスケットボール部大会情報

画像1画像2
本日は各会場で県央大会が行われています。荻野運動公園にてバスケット部は綾瀬中と対戦中!

生徒議会

画像1
画像2
12日の放課後に生徒議会を行いました。生徒会本部と各委員長、学年委員が出席し、今年度の生徒会の運営について話し合いました。3年生を中心に積極的に意見を交わしていました。

白いページを開く 教育委員会来校

 入学式では厚木市教育委員会教育長にご臨席を賜り、本日(12日)は教育委員会から4名の方にご来校いただきました。例年同様、生徒の活動の様子をご覧いただき、本校の教育活動を把握していただいています。
 授業はどの学年も1回目の初顔合わせが多く、1年1組では英語で自己紹介をしたり、1年2組では理科の授業でブラックホールの新聞記事を取り上げ、先生の問いかけに様々な意見が飛び交っていました。どの学年も新学期のスタートを無事に切れた様子が伺え、これからの生活への期待と希望が感じられました。
画像1
画像2

一斉下校日

11日、午後から教職員の研究会出張日のため、生徒は給食後、諸活動停止で13時30分に一斉下校となりました。新年度がスタートし、生活が慌ただしく過ぎていたので、各自が早く帰宅し、お家でのんびりできることを願っています。教職員は昨日も遅くまで教材研究や学年、学級の準備に動いておりましたが、午後は全員がそれぞれの出張に出かけました。職員室は残留者1名となりました。
画像1
画像2
画像3

保護者の皆様 連絡メールの登録について

先日、通知いたしましたが、「連絡メールサービスの保護者登録」をお願いします。学校からの緊急連絡がある場合、保護者の方の携帯電話やパソコンに送信いたします。4月19日(金)の5時頃にテストメールを配信します。

*尚、本日朝方に七沢地区広沢寺温泉付近で親子の熊が目撃されたという情報が入りました。各クラスで下校時の注意をしておりますが、地域の方々もご注意ください。

白いページを開く 2年生 道徳授業

 10日(水)道徳授業1回目が各学年で行われました。最初に道徳授業のねらいについて説明を受け、これからの人生で直面するであろう様々な困難にもたくましく向き合い前進していくために必要な考える力や判断する力をつけていくことの大切さを確認しました。資料や様々な体験を通してたくさんの価値観を吸収してほしいと思います。今回は「自分の弱さと戦え」を資料に車椅子テニス界のトッププレーヤー国枝慎吾さんの人生観が紹介されていました。場面場面で担任の先生から「この時あなたはどう考える?」と問いかけがあり、まわりの人と共に話し合う場面がありました。最後に、弱さを克服するために大切なことを個々にノートにまとめました。多くの人の考え方や判断を知り、自己を見つめることを大事にしていこうとする様子がよく表れていた2年生の道徳授業でした。
 
画像1
画像2
画像3

白いページを開く 1年2組 音楽授業

10日(水)教科の授業がスタートしました。1年2組音楽の様子です。新しく着任された先生の自己紹介から始まり、生徒たちは興味津々。音楽との出会いや、音楽の力のエピソードなどを知り音楽室は和やかな雰囲気に包まれていました。明るく活発な集団の持ち味が十分に発揮され、各自の自己紹介も質問が飛び交う楽しいひと時でした。
 写真は、クラリネットを演奏してくださった先生と、みんなの自己紹介の様子です。
 新たな中学校生活を自ら創り上げていこうとする創造性豊かな学級です。
画像1
画像2

白いページを開く 3年2組 技術・家庭科授業

10日(水)午後から教科の授業が始まりました。担任の先生の授業でもあり、初日の出会いから4日目、確かな歩みを積んだ様子が伺えました。教室の後ろには、早くも掲示物が完成し係活動が進められていました。授業へのぞむ姿勢も整然と最上級生としての意識が伝わってきました。
 先生からは「3年目の技術・家庭科」の資料をもとに「1年時:見つめる、2年時:考える、3年時:見つける・将来に向けて」と、段階を経て今に至ったこと、今年度の取り組みのポイントが示されました。最終的には社会的自立に向けて、知識のみならず、考える(工夫する)ことの大切を学びました。
 何につけても「最高学年」の自覚が大きなカギとなる3年生ですが、一人ひとりの意識が態度に意欲に表れていた授業でした。
画像1
画像2
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30