森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

3学年集会

24日の2時間目、会議室で3学年集会を開きました。学年委員が作成したパワーポイントで今学期を振り返ったのち、学年の先生方からの話がありました。3年生はいよいよ進路決定が迫ってきました。この冬休みはあまりのんびりとはしていられないかもしれませんが、体調には十分に気をつけて、受験を乗り切ってほしいと願っています。
画像1
画像2
画像3

1年生短歌〜「えいや」と気合

陸上部野球とともに両立し勉強と共にがんばりたいな          

赤色にそまったわが家のも紅葉もね葉っぱを落として冬を迎える

将来は私は何をしてるかな期待と不安で胸がいっぱい        

先輩はもうすぐ何処かへ行ってしまう感謝の気持ちつたえたいな   

時間がないもっと部活をしたいけどわずかな時間無駄にはしない    

テストがね終わってうれしい気持ちだがてすと返却落ち込む心     

寒い冬寒さにたえてテニスする次の試合は絶対勝つぞ         

雪降ると今も変わらず胸躍る昔の記憶色鮮やかに           

寒い朝目覚まし時計鳴り響く「えいや」と気合入れて起きなきゃ    

大掃除

 23日の6時間目は2学期末の大掃除でした。教室は椅子、机をすべて廊下に出し、ワックスをかけるための掃除をしていました。廊下は隅々まで、細かい塵を1つも残さないように水拭きをしていました。とテレ掃除も床を丁寧にふき取っていました。
 どのクラスも明日の終業式が気持ちよく迎えられそうです。
画像1
画像2
画像3

1年生短歌 優しい陽

二学期のふりかえをする一週間もらった課題に全力を尽くす

黒板の日付けを見ると十二月令和元年あと十日間 

二学期がもうすぐ終わり冬休み油断しちゃだめ気を引き締めて 

プレゼントもうあげないよそう言われ何故かと聞くと大人だからよ   

クリスマスどう過ごすかと盛り上がりつれなく過ぎるクリスマスかな  

もうすぐで令和元年終わってく令和二年はどうなるのかな       

寒いとねはく息白く染まってたいつもの空が澄んで見えた       

寒くてもクラスに差し込む優しい陽冬でも感じる春の面影      

森の里地区クリスマス祭 その3

 本日の吹奏楽部演奏にあたっては、公民館やPTA父親委員の方に、楽器運搬などご協力いただきました。本当にありがとうございました。また、演奏時は本校職員や在校生など多くの人が応援にかけつけ、大変に盛り上がった演奏会になりました。
画像1
画像2
画像3

森の里地区クリスマス祭 その2

本日はあいにくの曇り空でとても冷え込んだ野外演奏でしたが、熱い演奏で寒さを吹き飛ばしてくれました。
画像1
画像2
画像3

森の里地区クリスマス祭 その1

 21日の午後、森の里地区クリスマス祭りが若宮公園野外ステージで行われました。オープニングに参加した吹奏楽部員は全4曲を楽しそうに演奏しました。
画像1
画像2
画像3

部活動 その3

 校舎内では美術部が各自の作品作りに取り組んでいましたが、おしゃべりも楽しそうでした。校舎4階では音楽室からとても響きある音楽が聞こえてきました。吹奏楽部は明日の森の里地区クリスマス祭りに向けて最後の追い込みです。数人はサンタの帽子をかぶりながら、気合を込めて演奏に取り組んでいました。明日は14時40分に演奏予定で、4曲披露するそうです。どうぞお楽しみに。
画像1
画像2
画像3

部活動 その2

 陸上部はグランド横の階段で本日の練習内容を確認していました。体育館ではバスケ部がシュート練習を繰り返し行っていました。もう反面ではバレー部が仲良く丸くなってストレッチ中でした。
画像1
画像2
画像3

三者面談 3日目 部活動その1

 20日、三者面談も最終日となりました。午後は普段よりも部活動の時間が取れるので、各部が計画的に活動していました。野球部は3年生が参加し後輩の練習の補助をしていました。サッカー部は卒業生が来校し、練習に参加していました。テニス部はサーブの時のフォームを熱心にチェックしている2年生の姿がありました。
画像1
画像2
画像3

人権作文表彰

 20日午後、人権擁護委員の方が来校し、「中学生人権作文優良賞」の表彰を行いました。森の里中からは3年生が表彰されました。校長室の中で多くの大人に囲まれて、少々緊張した表情の受賞者でした。
画像1
画像2

学習室 クリスマス会

 20日の3時間目、学習室ではクリスマス会が開かれました。歌や楽器演奏を披露した後、2時間目の調理実習で作ったケーキを試食しました。先生たちも多数参加し、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
画像1
画像2
画像3

2学年集会

 20日の3時間目、2学年は学期末の集会を開き、今学期を振り返りました。学年委員の各クラスの反省発表後、生徒から学年の先生方に手作りの通信表が渡されました。2学期は行事がとても多い2年生でしたが、それぞれの体験を通して大変成長が見られた生徒達でした。
画像1
画像2
画像3

1年生短歌〜思い出たっぷり 笑顔たくさん

アラームと朝日照らされ目覚めれば「おはよう」の声心地いい朝    

ふと気づくあと四か月で先輩だいいお手本になってみせるぞ      

下校時刻空一面のいわし雲「わぁ」と一言眺めほれるよ        

お正月家族がそろう楽しみだひさしぶりすぎてわくわくしてる     
     
おやすみとその一言で終わったよまた明日へとがんばっていく    

教室で毎日話す友達と一緒にいると元気が出るよ          

十二月この時期といえばクリスマスツリーを飾って準備万端      

橋の下猫が固まりこごえてるあったかミルクをプレゼント       

もうすぐで二年生だね楽しみだいい先輩を目指し頑張る         

寒くなり起きる時間がだんだんと遅くなってる今日この頃です

クリスマス何たのもうかな楽しみだツリーを飾って楽しいひと時   

二学期がもうすぐ終わる早かった思い出たっぷり笑顔たくさん  

三者面談 2日目

 三者面談2日目となりました。本日は2年生面談の様子を見に行きましたが、どちらも真剣に先生の話を聞く姿が見られました。2年生の新学期は進路に関係する大切な学期です。今回の面談を良いきっかけとして、学習態度の振り返りと、3学期に向けての目標が定まることを期待しています。
 面談の隣の教室では、学年委員が明日の学年集会に向けての打ち合わせをしていました。リーダーとしての自覚が感じられる2年生でした。
画像1
画像2
画像3

三者面談 1日目

 本日18日より、1,2年生の三者面談が始まりました。1年生の教室をのぞくと、緊張して先生の話を聞く生徒の姿が見られました。学習面・生活面の振り返り、そして冬休みから新学期に向けての話がされています。
 1年生は「先輩」と呼ばれるための準備期間である3学期がやってきます。
画像1
画像2

白いページを開く〜自分の心に問いかけて〜

画像1
画像2
14日(土)、34回の歴史を誇る和田傳文学賞授賞式が厚木市文化会館で行われました。市内各小中学校からの応募作品数は詩・作文・短歌・俳句の計140点でした。審査の重点「自分の心に感じたことを自分の言葉で表現できているか」をもとに審査が行われ、森の里中学校からは、詩の部で一年生の作品「憧れ」が和田傳大賞、短歌の部で二年生の作品「父さんに面と向かって言えなくてこっそり書いたオムライスの上」が入選に輝きました。表彰式のあとには大賞作品の朗読が行われましたが、聞く人の心を打つ素晴らしい朗読でした。「毎日の生活の中で体験する楽しいことやつらいこと。また、他の人との関り合いの中で積み重ねていく様々な経験。その過程で、その時々に感じたことを文章に書き記すことは、自分自身の感性を磨くとともに、豊かな人間性を養うためにも大切なこと」と教育長のご挨拶をいただき、改めて本校が地道に行っている短歌創作「自分の思いを短歌31文字に託し伝える力」の大切さを感じています。この森中文化が今後も脈々と引き継がれ、更なる成果が開花することを期待すると共に、今年度の二人の受賞を大いに讃えたいと思います。おめでとうございます。

吹奏楽部 休日特訓中

 14日土曜日の午前中、吹奏楽部は来週21日(土)に森の里若宮公園で行われる「森の里クリスマスまつり」に向けて練習を行いました。各パートごとに自主的に練習を進めていますが、来週の本番に向け、どの部員にも真剣な表情がうかがえました。より良い演奏が披露できるように、吹奏楽部はただ今特訓中です。
 21日は14時からオープニングとなり、森の里中吹奏楽部は14時40分に出演予定です。多くの方のご来場お待ちしております。
画像1
画像2
画像3

1年生短歌 何度だって聞こうと決めた

大山が白い衣まといつつ優しくみんなを見守っている        
 
晩ご飯家族みんなでにぎやかに心身ともに温まってく        

山の木々鳥が飛び立ちひらひらと舞い落ちる葉は少し儚い

曲練習恥をかかないそのために本番さながら練習をする        

ソロ演奏想像したら緊張し口から心臓飛び出そうだな    

衣替え出したセータの足りないそでは小中またいだ成長ものさし    

太陽も朝ねぼうして大あわて午後ははりきり並木を照らす        

おばあちゃん同じ話を行ったり来たりでも何度だって聞こうと決めた


1年生国語科書写授業 大筆で書く 仲間と書く

11日(木)1年生国語科書写授業で、大筆を用いて、楷書の基礎点画を学習しました。班で決めた言葉を、班のメンバーで字形や点画について研究した上で、大筆で書きました。「その横画はもう少し長くして」「もっと右だよ!」などど助言し合いながら書き上げていました。


〜事後の感想から〜

・筆が思ったより重く、書くのが大変でした。書く前の研究も思ったより難しく、何回も書いては消すの繰り返しでした。でも班で協力し、楽しくできたので良かったです。

・「笑顔」という字は元気な字だと思うので、大きく書くと、見ていて気持ちいい字だと、この学習で学んだ。

・字のうまさはともかく、他の人に見せるために計画(研究)して、心を込めて書けたことが良かった。自分の担当の画(部首)が大きくなってしまって全体が崩れてしまった。もっと全体のバランスを見ながら書けば良かった。

・最後のギリギリまで作戦を練って努力してよかったなと思います。みんなが「福」のポイントは任せるねと言ってくれたり、みんなにアドバイスできたり、みんなで褒め合ったりした時の気持ちは良い思い出です。始筆・終筆は1番大切!
画像1
画像2
画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29