森の里中学校と生徒の取組みについて紹介しています。どうぞじっくりご覧ください。

1年生短歌〜卒業式に出れずとも

画像1
卒業式には出れずとも


卒業式見届けたかった先輩の卒業姿感謝を込めて

卒業生僕は直接送れないそれでも心でお祝いしよう

卒業式出たかったけど出られないせめて一言祝いたかった

卒業式なんだか少しさびしいな一年もっと長けりゃいいのに

卒業式先輩全員悲しそうそれでも笑顔で皆すてきだな

卒業生卒業式は無理だけど歌と思いは届いてるかな

卒業生保護者のことを考えるとかわいそうに思えてくるな

見送れず悲しいことになったけど短歌で思い伝わったかな

ビデオでもきっと思いは伝わった感謝と尊敬東風と共に

先輩の中学最後見たかった満ち満ちていく思いを胸に

三年生呼び方変わり卒業生いつのまにやらそう呼んでいた

素っ気なく終わってしまった卒業式私の思い伝わったかな

先輩にさよなら言えず残念だ高校受験お疲れ様です

僕たちをいつも楽しくリードした先輩方の背中を追いたい

先輩へ色紙渡したあのときの笑顔がとても輝いていた

あの先輩ずっと背を追い歩んできたまた会える日まで成長するぞ

僕たちは感謝の気持ちを贈れずに後悔残り鼻すすりつつ

最後まで感謝でいっぱい卒業生尊敬してます頑張ってください


1年生短歌 臨時休校〜中学生の本音、変わらぬ春の麗かさ その2

画像1
臨時休校〜中学生の本音と、変わらぬ春の麗かさ その2

 
中学生の本音

手洗いとうがいをしっかり消毒もコロナウィルスにかかりはしない

寝て起きて寝て起きての繰り返し体力もつのか不安な明日

新型の影響受けた先輩の卒業式に出たかったなぁ

今やろう明日の自分と今日の自分少しだけでも変化してたい

今はただコロナウィルスおさまるの待つことだけしかできないのだから

友達がいなとこんなにさびしいか早く学校再開しないかな 

部屋の中一人で勉強つまらないクラスの皆で一緒にしたいな

宿題がとても多くてつまらない部活もしたいし毎日うんざり

勉強をしようと思い席に着くワークを開いてやる気がなくなる

休校かコロナ絶対許さないじっとしていても余計疲れる 

暇すぎるこういう時こそ戯れたい母に言われた「可愛いけど無理」
 


変わらぬ春の麗かさ

春風が舞い込んできた今日この頃庭の草木のつぼみが開く 

光芒の隙間から出るこの光とても綺麗で心落ち着く 

朝起きて窓を開けると朝日がねとても綺麗で僕の目覚ます

温かい光差し込み目が覚める自然の中の目覚まし時計

お庭ではちゅんちゅん鳥が鳴いているそういえば今日はあたたかいなぁ

1年生短歌 臨時休校〜中学生の本音と、変わらぬ春の麗かさ その1

画像1
臨時休校〜中学生の本音と、変わらぬ春の麗かさ その1


中学生の本音

春なのに気分沈める花粉症コロナと共には来ないでくれよ 

学校は休校になるあぁ暇ださてこれからはどう過ごそうか 

学校が休みであるなら勉強し予習復習たっぷりとする

ウィルスで学校休みになったけど母の仕事は増える一方

春休みどこに行こうか迷ったがコロナ広まりたちまち中止

部活ないけれど自主練頑張って毎日継続していきたいな   

休校中休みじゃないこと知っているけれどもなぜか遊びたくなる 

学校に行きたいけれど仕方ない新型ウィルス消えたらいいのに 

つまらない学校行けば話せるのにそれがなくなり話すことない

今年はさウィルスあって予定外しっかり三年送りたかったな

毎日が退屈すぎて嫌になるもう何もかも考えたくない 

刻々と日々迫ってくる修了式宿題終わらず焦りが募る

休校で宿題多く大変だコツコツやれば楽だったろうに




変わらぬ春の麗かさ

三月の強い日差しが燃えている鳴いてる小鳥僕とおしゃべり

春らしさ感じるこの頃木々を見ていつ色づくのか心待ちする

ちらほらとつぼみをつける桜の木ひしひし伝わる春の訪れ 

花たちが風に揺られて踊ってる僕らを応援しているみたい

幸せな時間とあふれる優しさをありがとう

画像1
 おはようございます。3週間ぶりの登校です。あれから季節は巡り、桜の花も咲き始め、春色に染まるすがすがしい朝を迎えました。今日、久しぶりに会えたこと、そして、無事に健康で安全にこの日を迎えられたことを、まず、うれしく思います。
さて、突然の休校から今日までの間、皆さんは何を考え、何を思い、何を感じていましたか。先生達は、みんながいない教室にさみしさを感じ、何気ない日々、何気ないことがいかに大切なことかを改めてかみしめ過ごしていました。夜が明けて朝が来ること。登校できる学校があること。おはようと挨拶を交わせる仲間がいること。それは、当たり前ではないことを深く受け止めた日々でした。

 最後に贈る言葉は一つ、「優しさを鍛える」です。先ほどの各学年の言葉にもありましたが、今年度を振り、成長もあり反省もありました。人は誰でも褒められたい、褒められて成長しますが、反省すべき点から目を背けてはいけません。互いに人であり、時にぶつかり時に悩み時に傷つけあう。このこの現実から目を背けず、全員で考えあった貴重な時間がありました。 誰一人として孤立させない、誰もが居心地の良い空間・充実した時間を過ごすために、互いに少しずつ譲り合い歩み寄る、そこには、勇気と忍耐を磨いた真の「鍛えられた優しさ」がありました。

 人は、人とつながり大きな力を生み、生きる喜びを知ります。時に思うようにならない人間関係の中で、心の強さを磨いていきます。日々の様々な体験を通して、互いの思いや考えを伝え合う関係性を深め、目に見える価値にとらわれず、内面にあるものの大切さに気づける人として、皆さんは立派な成長を遂げ、確かな絆を手にしました。人間関係は時に苦労の種になることもありますが、人を支えているのは人間関係です。優しさを鍛えた皆さんは、この先もまた豊かな出会いに恵まれて行くはずです。次は新入生を迎え、新たな「絆」を紡いでいくことと思います。そんな皆さんの成長を遠くからずっと応援しています。たくさんの幸せな時間、あふれるほどの鍛えられた優しさをありがとう。
 いきいきと明るい希望に満ちた新たな一歩を踏み出すことを祈念し、令和元年度修了の挨拶とさせていただきます。(一部抜粋)

令和2年3月25日 学校長  平井真澄

離退任式 その2

離退任式では先生方のお話、そして校長先生のピアノ演奏、お見送りは、音楽科教員のクラリネット演奏など森中らしい音楽に包まれた式となりました。また、生徒会、そしてPTAからの花束贈呈もありました。
5人の先生方、今まで森の里中学校のためにご尽力いただき、本当にありがとうございました。
画像1
画像2
画像3

離退任式 その1

修了式後に離退任式を行いました。集団を避け、学年ごとに時間差で行いました。今年度は5名の先生が離退任されますが、生徒は一人一人の話を教室でしっかりと聞いていました。
画像1
画像2
画像3

令和元年度 修了式 その2

修了式は代表生徒の話、校長先生の話で終了し、最後に生徒指導担当教員から春休みの生活についての話がされました。新年度は4月6日(月)から平常通りに再開予定です。コロナウイルスの状況が心配ですが、「希望」の持てる新年度であることを願いたいです。
画像1
画像2
画像3

令和元年度 修了式 その1

25日、修了式が行われました。コロナウイルス対策の関係で、マスク着用、放送での実施となりました。そのような中でも代表生徒の言葉は1年間を振り返り、しっかりとまとめられており、全校生徒で新年度への決意を持つことができました。
画像1
画像2
画像3

離退任式のお知らせ

画像1
3月末の教職員の人事異動により先生方が退任・異動されます。つきましては、次のとおり離退任式を行いますので、ご報告申し上げます。

 日 時 令和2年3月25日(月)
     午前9時30分〜
 式 場 本校 各教室

*離退任式はコロナウイルス対策の関係で、在校生(1,2年生)及び教職員のみで行います。
*当日は修了式も含め、参加者はマスク着用となりますので、ご配慮ください。
*離退任者につきましては、メール配信でお知らせします。

来週25日 修了式について

画像1画像2
 学校が休校になり2週間が過ぎました。大きな事故等の連絡は学校に入ってはおりませんが、生徒の皆さんは元気に生活ができているのでしょうか。
 今日は、来週25日(水)修了式についての、1,2年生へのお知らせです。当日は8時30分登校で、修了式、卒業式ビデオ鑑賞、学活そして離退任式が予定されています。昼食はなく、11時半頃に下校予定です。
 当日は、課題提出物を忘れずに持ってきてください。清掃はありませんので、ジャージは必要ありません。配布物が多くありますので、カバンを必ず持参するようにして下さい。
 また、式や学活中はマスク着用となります。用意できない場合は登校してから、先生に相談してください。体調面ですぐれない人は無理をして登校せずに、自宅待機をして下さい。久しぶりに登校する生徒の皆さんにお会いできるのを職員は心待ちにしています。
*写真は美術室前の花壇。チューリップの芽が出始めた様子です。

植栽活動

16日午前中、昇降口前プランターの植栽活動を行いました。本当は1年生の学年活動を計画していましたが、休校中のため、職員作業として行いました。通路は花道となり、25日修了式での生徒を明るく迎えられそうです。
花は、ゼラニウム、ストック、ペチュニア、ガザニアの4種類です。登校時はどの花かの名前を当ててみてください。
画像1
画像2
画像3

卒業式 その7

 最後に会場を包んだのは、卒業合唱「虹・プレゼント・FIGHT」メドレーと「友〜旅立ちの時〜」。語りと群読を交えて、最後のメッセージとして披露されました。全員マスク着用でしたが、思いは何ら変わることはありません。思いを言葉に、互いに気持ちを伝えあう森中独自の短歌創作の力がここにもいかされ、心に響くあたたかいメッセージで会場が包まれました。
 この後、どこかの時間を何とか生み出し、1.2年生にこの映像を届け、森中文化を繋ぐ役目を託す予定です。 たくさんの幸せをありがとう。卒業おめでとう。
  
 
画像1
画像2
画像3

卒業式 その6

 教室で最後の学級の時間です。担任から深い深いメッセージ、生徒たちからの感謝の気持ちが交差し時は過ぎていきました。大きくはばたけ!未来は無限大! 可能性も無限大!
画像1
画像2
画像3

卒業式 その5

 各教室から先生方に見送られ退場となりました。3年生が奏でてくれた生演奏で、糸・蕾が流れる中、思い出の詰まった教室を後にしました。すべての思い出が走馬灯のように巡ります。

 
画像1
画像2
画像3

卒業式 その4

 お別れの言葉、そして卒業合唱です。廊下に設置した電子ピアノで伴奏を奏で、中央に指揮者が立ち、各クラスで歌い合わせました。
感謝と決意が込められた、代表の言葉、語り、群読。振り返れば、いつも君たちは「仲間を大切に思う優しさ」にあふれていました。
たくさんの幸せな時間を、たくさんの愛を、ありがとう。と、会場の誰もが思いを共有した大切な時間が流れました。

画像1
画像2
画像3

卒業式 その3

 式の模様はライブ放送で2つの教室に配信されています。
 校長先生の言葉を受け取り、今日に至るまでの思い、凝縮した時間の重み、すべての人の心が結集された、決して忘れることのない、かけがえのないこの時間、この一瞬をかみしめ、じっと受け止めている教室の様子です。
画像1
画像2
画像3

卒業式 その2

 卒業証書を担任の先生より受け取りました。順番を待つ卒業生も、モニターで一人ひとりの授与をじっと見つめていました。
画像1
画像2
画像3

卒業式 その1

11日、第34回卒業証書授与式が行われました。教室での実施で、全体的な時間短縮で行われました。 
 写真は朝の学活(3年1組)、正門、昇降口に掲げた看板です。
画像1
画像2
画像3

卒業 3年生の君たちへ

 3年生の君たちへ。君たちが最後に登校したあの日から1週間が過ぎようとしています。君たちは元気に過ごしていましたか。体調管理は万全ですか。明日はいよいよ卒業式です。思い描いていた卒業式と形は変わっても、思いは決して変わることはありません。「未だかつてない卒業式を記憶に残る最高の式にしよう」と、先生たちは何度も話し合い、アイデアを出し合い、安全確保を第一に、君たちがいない中、生徒役も分担しあい、予行練習を重ねてきました。お花も今、届きました。準備万端です。
 義務教育の集大成を、15歳の春を、かみしめて、心に残る最高の卒業式を創り上げよう。成長の節目である卒業式に参加されることを大変楽しみにされていた保護者の皆様のお気持ちに応えられるよう、最大の感謝の思いを込めて。
 体調管理には最後まで十分気をつけて。明日、最後の登校を楽しみに待っています。
画像1

卒業短歌 卒業式を明日にひかえて

画像1
卒業式笑顔がいいな歌うときみんなの笑顔が大好きだから

美しい桜の季節に卒業し令和の時代を美しく行く

のんびりとあっという間に過ぎてった僕はまた次へ進んでいくよ

 3年間、書きためた全員の短歌を「森中万葉集」として、明日お渡しします。大変立派な成長の証でした。卒業おめでとう。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31