本校の学校教育目標は「明朗 自主 創造」です。

2学期始業式 3

始業式のあと、表彰も行われました。
画像1
画像2
画像3

2学期始業式 2

始業式では、各学年代表と生徒会代表から2学期の生活に向けての目標についてなどの話がありました。
画像1画像2画像3

2学期始業式

8月27日(火)令和元年度2学期始業式が行われ、林中学校の2学期が始まりました。
全体的に集合も聞く態度も良く、落ち着いた雰囲気の中での始業式となりました。2学期スタートにふさわしい校歌斉唱の後、学校長から「1学期は一人一人が目標をもって努力してほしいと話しましたが、2学期は更に、自分で考えて行動する機会を増やしてほしい」と話がありました。2学期は様々な活動が予定されています。良い学期にしていきましょう。
画像1
画像2
画像3

2学期を迎えて 〜防災を考える〜

 8月27日(火)、2学期がスタートしました。始業式には、夏休みに入る前に願ったとおり、生徒たちは、明るく元気な姿を見せてくれました。夏休み中の大きな事故等の報告がなかったことにホッとしつつ、さまざまな経験をして、一まわり大きくなった生徒たちを見て、嬉しい気持ちになっているところです。
 さて、9月には各種マス・メディアが防災関連の話題を多く取り上げます。これは、1923年(大正12年)の関東大震災の発生が、9月1日であったために、その後慣習的に継続されているものと思われますが、日本国中が防災に関する意識を高める機会の一つとなっています。
 また、私たちは、1995年1月17日の阪神・淡路大震災や2011年3月11日に発生した東日本大震災、2016年4月の熊本地方の地震や昨年6月の大阪北部地震など、まだまだ過去のものとは言えない震災からも防災について考える材料をたくさん得ることができます。被災された方々の心に残る大きな傷跡や被災前とは違った生活を強いられていることの大変さなどに触れ、それぞれの被災地の一日も早い復興を願いながらも、伝えられる教訓を自分たちのこととして受け止め、生徒たちの安全について何度でも見直しをしていく必要を強く感じているところです。
 防災に関しては、いつ来てもおかしくない地震同様、台風や昨今の異常気象に由来すると言われる局地的大雨、落雷、突風、竜巻や豪雪などの対応にも意識を持っていく必要があります。本校では、「万一、すぐ近くを流れる小鮎川が想定外の豪雨により氾濫したら…」との考えから、防災の取り組みを進めていく必要も感じています。
 学校では、災害が起きた時、自ら危険を予測し、身の安全を確保するために、「自分で考え、判断し行動する力」を生徒たちに身につけてもらうよう、普段から、何事も人任せにせず、自分で考えることの大切さをさらに粘り強く指導していきたいと考えます。

画像1画像2

ソフトテニス部 新チーム始動

 8月19日(月)厚木市営南毛利スポーツセンターテニスコートで県央ブロック研修大会が行われました。県央ブロックの女子ソフトテニス部は30チームあります。

予選リーグ
対愛川 〇3−0
対鶴間 〇3−0

決勝トーナメント
2回戦  対海老名 〇2−0
準々決勝 対小鮎  〇2−0
準決勝  対座間  〇2−0
決勝   対東名  ×0−2  準優勝

 決勝では、圧倒的な強さの東名中に惜敗しましたが、夏の練習に地道に取り組み、積み上げてきた力が発揮された一日でした。


 また、24日(土)には、神奈川県研修大会が行われ、そこでもベスト8になることができました。

 9月7日(土)から始まる新人戦 厚愛 県央 県大会 に向けてこれからも努力し続けていきます。
画像1
画像2
画像3

吹奏楽部の発表会開催

 8月25日(日)、厚木市文化会館を会場に厚木愛甲地区中学校文化連盟芸術祭の一つである吹奏楽部会発表会が開催され、林中学校吹奏楽部も演奏を行いました。
 この発表会は、コンクールとは異なり、各学校が会場の皆さんを楽しませるパフォーマンスをそれぞれに工夫していました。林中学校の吹奏楽部も、「Disney at the Movies」「君の瞳に恋してる」の二曲を演奏し、からだをスイングさせて楽器を吹くなど、会場から拍手をもらいながら、観客と一体となった楽しいステージを披露してくれました。
 演奏が終わった部員たちの顔には、発表を終えた安堵感と楽しい演奏を届けることができた充実感、そして自分たちも楽しんだという満足感が表れていました。

画像1
画像2

水泳部 県央大会

8月3日(土)さがみはらグリーンプールで県央ブロック中学校水泳競技大会が行われました。厚木愛甲地区総合体育大会水泳大会からつながるこの大会には多くの生徒が出場し、一人一人が精一杯力を尽くし参加しました。その結果、男子400M個人メドレー1位、女子100M自由形3位、女子400Mフリーリレー3位という素晴らしい成績を残しました。これらの入賞者を含む6名が、8月13日、14日に行われる県大会に出場します。大会まで8日。体調を整え、今までの成果をまた発揮してほしいと願っています。応援しています。

生徒リーダー養成会

 30日(火)七沢自然ふれあいセンターで、厚木愛甲地区中学校 生徒リーダー養成会が行われました。リーダー養成会は、厚木市、愛川町、清川村の全18校のリーダーたちが一堂に会する歴史ある会です。本校からは2年生3名、1年生2名が参加しました。

 午前中は七沢自然ふれあいセンターの職員の方によるアイスブレーキングの後、テーマごとに班に分かれて、話し合いを行います。テーマは「学校をより良くするための生徒会活動」「学校・学級をより良くするための取り組み」「専門委員会を活発にするための取り組み」「学年・学級におけるリーダーとしての取り組み」「いじめのない、思いやりのある集団をつくるための取り組み」の5つです。5名の生徒がそれぞれの班に分かれ、他校の生徒に向けて、林中学校の取り組みについて情報交換を行いました。
 お昼は本校の生徒も昼食係として配膳を行い、カレーを皆で食べ、午後の活動に移ります。

 ここからが本番です。2時間という限られた時間の中で、共通の課題点について知恵を絞りながら実現可能な解決策を考えていきます。画用紙や付せんを使いながらアイデアを整理し、活発に話し合う姿からは頼もしさを感じました。

 最後は、各班に分かれた生徒たちが学校ごとに集まり、それぞれの班で話し合われた内容について共有します。学校に戻ってから、実践していきたい取り組みについてさらに絞り込み、2学期に具体的に活動することを確認しました。
 短い時間ではありましたが、他校のリーダーたちと議論し合うのは大変刺激的で、充実した時間だったようです。この経験を2学期にしっかりと生かしていってほしいと思います。
画像1
画像2
画像3

県央吹奏楽コンクールですばらしい演奏!

 7月26日(金)厚木市文化会館を会場に、県央吹奏楽コンクールが開催され、林中学校吹奏楽部もエントリーしました。12時40分過ぎ、本校吹奏楽部がステージに上がり、紹介のアナウンスが流れると、大ホールはシーンと静まり、緊張感が最高潮に達しました。
 そのような中、吹奏楽部の演奏が始まり、丁寧に一つ一つの音を重ねていき、これまでの練習の成果が十分に発揮されていると思わせる、すばらしい演奏が披露されました。

 演奏終了後の吹奏楽部員のみんなの顔には、大きな舞台をやり終えた安堵感とみんなで悔いの残らない演奏が行えた満足感が表れていました。
画像1
画像2

美術部 ガラスアート

画像1
画像2
画像3
 今年度も、美術部が睦合西公民館でガラスアートのお手伝いをさせていただきました。昨年度は羽根の絵でしたが、今年度は蝶々です。
 昨日から睦合西公民館では「夏休み特別企画 こどもスペース」として、さまざまな企画が催されました。今回はその一環として、「キットパス」というクレヨンを使った写真映えするスポットの制作や地域の子どもたちのお絵かきのお手伝いを行いました。
 さまざまな色を使ってグラデーションにしたり、色の濃淡をつけたりするのに苦戦しましたが、蝶やカメ、ハイビスカスなど、夏を感じるイラストが出来上がりました。
 お昼は「子ども食堂」で作られたカレーをごちそうになったり、来場された方々が早速写真を撮っているのを見て、大満足の一日となりました。

 今日描いたものはしばらく展示されるので、ぜひカメラを持って睦合西公民館に足を運んでみてください。

王子夏祭りパート2

王子夏祭り、綿菓子、フランクフルト、ヨーヨー釣りで活躍しました。
画像1画像2

王子夏祭り

令和元年7月20日(土)地域の王子祭りに運営ボランティアとして本校の生徒11名が参加しました。
画像1画像2

美術部 実技講習会

 7月22日(月)、毎年恒例の厚木愛甲地区の美術部による合同実技講習会が玉川中学校で行われました。
 「風景画の魅力」をテーマに、午前講習では、構図の決め方や鉛筆を使った比率の測り方、遠近法などを教わり、各々描きたい風景を校舎内外で探して、2時間程度で下描きを終えました。
 お昼休憩の後、今度は着彩について、三原色を使った色の作り方を教わり、単に緑や茶色の絵の具を使うのではなく、試行錯誤しながら見たままの色を自分で作って着彩する姿が見られました。
 8月31日(土)には、ぼうさいの丘公園でスケッチ大会が予定されています。今日の学びを生かし、素晴らしい作品ができることを期待しています。 
画像1
画像2
画像3

一学期終業式

画像1画像2
一学期の締めくくりの日。2時間授業を行ってから体育館で終業式に臨みました。毎年毎回、式に臨む態度が整ってきていますが、今年は特に校歌斉唱の場面でそれを感じました。声量も十分表情も明るい「式にふさわしい歌声」であったからです。
さて学校長や生徒代表の言葉等があり、閉式後は夏休みの過ごし方や表彰が続きました。40分余りの集会でした。昨年はとても話題となった「暑さ対策」も本日は心配ありませんでした。いよいよ夏休みの始まりです。

厚愛総体 剣道大会

7月13日(土)愛川中原中学校体育館を会場として、厚木愛甲地区中学校総合体育大会剣道競技の試合が行われました。昨年夏から3年生が引退した後、部員1名という状況の中で思うように練習できないながらも外部講師のお力を借りながら、技を磨き、心を鍛えてきました。試合は残念ながら初戦敗退となり、県央総体出場の夢は消えてしまいましたが、これまで2年半頑張ってきた成果を十分に発揮した立派な引退試合となりました。
画像1
画像2
画像3

2学年学年集会

7月18日の4時間目に学級委員の運営で2学年の学年集会がもたれました。各クラスの学級委員より各クラスの1学期の反省と2学期に向けての改善点の発表、学年目標「耳をすませば〜目と耳と心で聞こう」の達成に向けて各クラスで頑張った人の表彰、学級委員主催の学級レクレーションの表彰といった内容で行われました。暑い中でしたが1学期最後の学年集会にみんな集中して取り組めていました。
画像1
画像2
画像3

1学期大掃除

7月18日(木)1学期末の大掃除を行いました。床を磨いたり、扇風機の羽を洗ったりといつもは手を付けられない場所の清掃も楽しくしっかりと行いました。いよいよ明日は1学期終業式ですが、気持ちの良い学期末が迎えられますね。
画像1
画像2
画像3

ソフトテニス部 総体個人戦結果

 7月13日(土)先週に続き、厚木市営南毛利スポーツセンターテニスコートにて厚愛総体ソフトテニス大会が行われました。今回は個人戦です。

 大会は参加総数82ペアでしたが、本校からは、7ペア出場しました。そして、そのうち3ペアがベスト16、1ペアがベスト8となり、合計4ペアが県央大会に出場することになりました。
 まだまだ梅雨が明けずに天候が危うい中ですが、20日、22日に県央大会に向けて最終調整を重ねています。
画像1
画像2
画像3

厚愛総体 女子バスケットボール部 決勝トーナメント進出!

7月6日(土)に愛川町一号公園体育館で、厚愛地区総合体育大会女子バスケットボールの部が行われ、林中は予選リーグを突破し、決勝トーナメント・ベスト8進出を果たしました。
 3年生にとっては、最後の大会ということもあり、チーム全員で気合を入れて臨み、とても良い雰囲気の中、森の里中戦、睦合東中戦ともに接戦の末勝利し、ベスト8進出を果たしました。
 13日(土)に準々決勝が行われ、愛川東中学校と対戦します。ベスト4進出を目指し、チーム一丸となって頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。
画像1
画像2

厚愛総体 バスケットボール

7月7日(日)の七夕の日に男子バスケットボールの厚愛総体が開催されました。三校総当たりで一位のみが上位トーナメントに進出できる予選リーグでした。林中学校の男子バスケットボール部は、初戦の玉川中学校戦に勝利することができ、トーナメント進出をかけて藤塚中学校との決戦に挑みました。全力を尽くして戦ったものの、勝利することはできず、予選リーグ敗退となりました。しかし、これまでの2年4か月努力を尽くしてきた三年生の姿は、とても素晴らしく感じたとともに、人間としての成長を感じる試合でした。この悔しさを後輩たちが受け継ぎ、人としてさらに成長してくれることを期待しています。
画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
行事予定
9/2 給食開始