本校の学校教育目標は「明朗 自主 創造」です。

林中のしぜんno46 砂場

画像1
 砂場にはどんなものがいいのでしょうか。次から選んでみましょう。
ア、海の砂利 イ、海の砂 ウ、川の砂利 エ、川の砂
 業者の方に「イかエ」ですか。と答えたところ、次のことを教えていただきました。
砂は16分の1mm〜2mm以下の粒です。
砂利とは礫とよばれる2mm以上の細かな石や砂がまじったものです。
 次に聞かれました。砂場には海砂と川砂どちらがいいと思いますか?
砂であればどちらでもいいのではと答えました。
 違うそうです。
海の砂には貝殻が混じります。かけた貝殻には先のとがったものがあり危険だそうです。
 以上より、砂場には、川の砂を使うそうです。  エが正解でした。 「な る ほ ど」
 次に泥や土について疑問に持ち調べました。
泥は16分の1mm以下の大きさの粒子で、粒子の大きさでシルトと粘土になるようです。粒の大きさで砂利、砂、泥と違いますが、共通点があります。何でしょうか?・・・
 どれも無機物の岩や石などが細かくなったものです。どれも無機物です。
 次に、よく使われる「土」とは何でしょうか。「土」は岩や石が細かくなったものと枯れ葉などの有機物からできているものです。このことから「土」は有機物です。砂や泥などは無機物、土は有機物です。さらに、砂漠のある国で建築用の砂が不足している事を知りました。砂漠には砂がたくさんあると思っていましたが砂漠の砂は建築用には柔らかすぎることを知りました。
 今まで良く知らずに使っていましたが今回で納得しました。砂利、砂、海砂、川砂、泥、土などについてグラウンド改修工事で知ることが出来ました。ありがとうございました。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校だより

学校からの配布文書