本校の学校教育目標は「明朗 自主 創造」です。

林中のしぜんno81 夕方、鳥が飛ばなくなり、空中を飛ぶ生物は何か?

画像1
夕方薄暗くなってから飛ぶ生物は何か。
あれはコウモリだといわれていますが、暗いので本当にコウモリかどうか見たことはありません。コンパクトデジカメで撮影を試みましたが結果は最高でこの写真でした。何であるかあまりよくわかりません。次回は違う種類のカメラを使ってみます。

校内研修 授業研究

昨日は校内研修日でした。授業研究がありました。1時間目は2年生の数学の授業、数学の先生は「授業が終わって職員室に戻ってきたらお腹の痛いのが治った。」と話していました。緊張していたようです。
 4時間目は英語です。研究授業は1年生です。内容は基数と序数の違い。クラスメートの誕生日を英語で質問して聞き取ることができるようになるのが本時の目標です。
先生が手を挙げた人に聞きます。When is your birthday ? 生徒が答えます。My birthday is October 27th. OH! Happy birthday H. Today is H's birthday. パチパチパチ・・・ プリントにまとめて授業終了です。とても楽しい授業でした。
画像1

林中のしぜん no80 アジサイの葉

画像1
虫が苦手とする成分を含んでいるらしいです。梅雨のころ、美しい花を咲かせるアジサイです。花は装飾花で実はできないものが多いですが、とても綺麗な花を咲かせるものが多いです。葉も緑色が美しいものです。 「美しいものには○○がある。」とよく言われますが、虫に食べられていない理由がわかりました。もちろん私たちもアジサイの葉を食べてはいけません。
食べられないものの例としてジャガイモの芽、ジャガイモの緑の部分、ヨウシュヤマゴボウの実をブドウと間違え中毒に、スイセンの葉をニラと間違えて食べ中毒になった例が報告されています。特にキノコの判定は難しいと聞きます。植物は移動できないので、他の生物に食べられないよう毒を持って自分を守る植物も多いと聞きます。注意したいものです。

林中のしぜんno79 キンモクセイ2

画像1
キンモクセイが咲いたことを林中のしぜんno73でお知らせしました。
キンモクセイ二度咲く。こんなことは初めての体験です。気候と樹勢が強いと二度咲くことがあるらしいと初めて知りました。一回目のとき、今年はやけに花の散るのが早いと感じていました。それは、二度咲きの準備をしていたのかもしれません。

生徒集会リハーサル

生徒集会リハーサルが行われていました。カメラの前で緊張している生徒もいましたが、慣れた生徒もいてスムーズにリハーサルが終わりました。
画像1

林中のしぜんno78 アオサギ

画像1
小鮎川でよく魚を狙っている場面を見ますが、木の上にいるアオサギは初めてです。巣でも作ろうとしているのでしょうか。テニスコート横の小鮎川の向こう岸にいました。前回の林中のしぜんno77ヤブヤンはヤブランの間違いでした。訂正しお詫びいたします。

後期専門委員会 体育委員会

12月10日(木)実施予定の体育大会のスローガンやポスターについて、話し合っていました。
画像1

林中のしぜんno77 ヤブヤン

画像1
体育館裏に大きな株と小さな株がありました。 日影で湿り気のあるところが好きな植物のようです。
 緑色の葉を背景に、紫色がとてもきれいでした。

後期専門委員会 美化委員会

美化委員会では、仕事の説明をしていました。古紙回収、清掃用具の点検と補充、清掃強化週間、大掃除、ワックスがけ、緑化活動、避難訓練時の仕事などです。特に清掃時は率先して行うよう話がありました。
画像1

林中のしぜんno76 ハクセキレイ

画像1
長い尾を上下に振りながら歩きます。ハクセキレイです。
雑食性のようですが。雑草の葉っぱあたりをついばんでいます。小さな虫を取っているのでしょうか。 畑を耕していると寄ってくる鳥です。ネット情報によると稲穂など食べないので人に追われないので、人の近くによって来るのではと書かれていました。 飛び方は少し飛ぶと羽を止めるような動きで、半円を横につなげたような、波のような飛び方をする鳥です。他の鳥と比べるとかなり人懐こい鳥です。

いやしコーナー 福祉委員会

福祉委員会本年度の活動の一つです。人と人とのつながりを意識した活動です。見る人はいやされます。また、作っている人もこれならいやされていると考え作っているので、いやされていると思います。そこに目に見えない何かが生じています。そんな目に見えないものを大切にしていきたいです。
画像1

林中のしぜんno75 コオロギ

画像1
外のバレーコート横の草むらでコオロギの鳴き声がしていました。鳴き声のところの板をめくると、素早くいなくなったコオロギと動きの遅いコオロギがいました。ゆっくりとコンクリートの壁を登ろうとしています。普通ならば写真も撮れないほどすぐにいなくなります。 今回は撮れました。映像を見て理由がわかりました。
昆虫を食べようとした鳥などにやられたのかもしれません。先ほどの場所まで誘導し、最初と同じように板をかぶせておきました。

いなほ祭6 学級旗完成

昼休みや放課後に作成されていた学級旗です。いなほ祭で全クラスの学級旗がお披露目されました。
学級旗を見ると今年の縦割りのクラスがわかります。
青組は1年1組、2年1組、3年1組です。
赤組は1年2組、2年3組、3年2組です。
黄色組は1年3組、2年2組、3年3組です。

画像1

いなほ祭5 部活動の展示 部活動ポスター

 いなほ祭に合わせて、今年度の部活動紹介の展示パネルが掲示されました。 どの部活動も工夫された掲示物になっています。  ロビーに掲示されています。
画像1
画像2

いなほ祭4 映像で各クラスに配信

今年度のいなほ祭は映像で各クラスに配信されました。
自分と同学年の合唱は実際に鑑賞し、三密の関係から他学年は映像で鑑賞しましたが、 色別グループの3年生の合唱は体育館で鑑賞しました。 合間には以前の合唱映像も流れていました。
画像1
画像2

いなほ祭 クロージング

 今年のいなほ祭のクロージングです。
今年の合唱コンクールの金賞は
 1年生 1年1組「僕らの奇跡」
 2年生 2年3組「あなたへ〜旅立ちに寄せるメッセージ〜」
 3年生 3年2組「虹」
でした。
画像1
画像2
画像3

いなほ祭 合唱 皆さんの輝きでまぶしく感じられました

画像1
画像2
 『今年のテーマは「百花繚乱〜ひとりひとりが輝く瞬間を〜」。このテーマには、生徒ひとりひとりが活躍し輝く瞬間があるいなほ祭にしたいという思いが込められています。これまでの練習の成果を発揮し、ひとりひとりが輝く、素晴らしい合唱をつくり上げましょう。』
 文化委員長の言葉から合唱がスタートしました。

 今年はコロナの関係で、一斉に聴くことはできず、映像での鑑賞になった場面もありましたが、皆さんの輝きでまぶしく感じられました。 ありがとうございした。 素晴らしい合唱でした。

いなほ祭 オープニング

 いなほ祭オープニングです。 今年はスタートが狂言のようなオープニングで、まったく新しい試みでした。 委員長の言葉、テーマ、ポスター、壁画など作成者の表彰などがありました。
画像1
画像2
画像3

いよいよ合唱コンクール

 合唱練習を通して、皆さんの心にどんな変化が生じたでしょうか。
形では表せない無形の文化が創造されたと思います。 「本当に大切なものは目に見えません。」 それを多くの人が体験できますことを期待しています。

画像1

やらされる自分からやる自分へ

 廊下を歩いていると「やらされる自分からやる自分へ」そんな話が廊下まで漏れてきました。
 始めは何をやっていいのかわからないのが子供たちです。
それを頑張ってやり続ける。
やっていると、その面白さに気づく。
その面白さに気づくと、
「やる自分へ」と変化していく。
「やらされる自分からやる自分へ」これは大きな変化です。
これが、学校の一つの役割でもあるかもしれません。

画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校だより

学校からの配布文書