本校の学校教育目標は「明朗 自主 創造」です。

いよいよ合唱コンクール

 合唱練習を通して、皆さんの心にどんな変化が生じたでしょうか。
形では表せない無形の文化が創造されたと思います。 「本当に大切なものは目に見えません。」 それを多くの人が体験できますことを期待しています。

画像1

やらされる自分からやる自分へ

 廊下を歩いていると「やらされる自分からやる自分へ」そんな話が廊下まで漏れてきました。
 始めは何をやっていいのかわからないのが子供たちです。
それを頑張ってやり続ける。
やっていると、その面白さに気づく。
その面白さに気づくと、
「やる自分へ」と変化していく。
「やらされる自分からやる自分へ」これは大きな変化です。
これが、学校の一つの役割でもあるかもしれません。

画像1

林中のしぜんno74 カラス 田んぼで何を食べているのでしょうか

画像1
 田んぼにいるカラスは10羽、ハシボソカラスです。 スズメであればこぼれた稲穂をついばんでいるように思いますが、カラスの場合は何を食べているのでしょうか。 しばらく見ていましたが、近づくと逃げてしまいます。 カラスは雑食性で、ハシボソカラスは草の実や農作物が多いと聞きます。
このことからやはり落ちている稲穂を食べているのでしょうか。

専門委員会の活動 放送委員会

画像1
 先週の専門委員会です。  放送の充実に向けて話し合っていました。

専門委員会の活動 保健委員会

 保健委員会では生活アンケートの集計作業についてです。
何時に寝ますか。睡眠時間は何時間ですか。朝食はとっていますか。授業に集中できていますか。
などのアンケート内容について話し合っていました。

画像1

林中のしぜんno73 オレンジ色のジュ―タンのようだ

画像1
 小さな十字のオレンジ色の花が集まっている場所がありました。
 先週末の風雨で全て落ちたようです。スギゴケの上に落ちたオレンジ色がとても綺麗でした。
 金木犀のいいにおいはなくなってしまいましたが、落ちた花の色が印象的でした。右下はすっかり花の落ちた金木犀です。

指揮者・伴奏者に聞きました

今回は、1年生のあるクラスの指揮者・伴奏者にどんなところが大変か聞きました。
 指揮者は、「みんなをリードするところと曲に思いをのせるよう指揮することが難しい。」と話していました。また、伴奏者は「みんなとテンポを合わせることが難しい。」と話していました。
 指揮者・伴奏者の皆さんあと5日間です、クラスの皆さんをリードするのは大変なことですが、頑張ってください。

画像1

林中のしぜんno72 アメジストセージ

画像1
花壇に紫色が映えるアメジストセージです。
大きく成長して、存在感を増しています。

昼休み中の活動 学級旗づくり

 昼休み、美術室では学級旗作りに精を出しているクラスがありました。 教室に入っても気づかないほど集中して取り組んでいました。
画像1

林中のしぜんno71 木星

画像1
 10月1日の午後8時過ぎの月と南西方向の木星です。 下の写真では中央の上側に木星が見られます。写真の左下に明るい部分は前の家の庇などです。
 木星もこの時期−2.4等級で火星と同じくらいの明るさです。 木星は火星より遠くの惑星です。同じくらいの明るさの理由は、地球の大きさを1とすると火星は0.5倍、木星は11倍の大きさだからです。 また、木星の左上に土星も実際に見られますが、この写真ではわかりにくいです。土星の明るさは0.5等級ですが、実際に夜空をみると観察できます。8時には南南西の方向に見えます。1時間に15度すすみ、11時には地平線に沈みます。

放課後 生徒会本部役員会

 次回、8日木曜日に行われる生徒議会についての集まりです。
 司会進行内容の話し合いを行い、最後に生徒会のスローガン掲示について話し合っていました。

画像1

専門委員会の活動 新聞委員会

 新聞委員会のメンバーが掲示物の張替えをしていました。
 丁寧な仕事ご苦労様です。
画像1

林中のしぜんno70 稲干し

画像1
 イネを干す方法は「ハザがけ」とか「ハセがけ」などと呼ばれている方法と地面に棒が立てられその周りに稲穂を干す方法などがあるようです。 直接コンバインで取り入れるよりおいしいコメができるとききます。   大型電気店の向こう側にある林中学区北端の水田では、稲刈りが行われイネを干してありました。 今年の収穫はどうだったでしょうか。収穫の秋、到来です。

グラウンド養生中 もうしばらくお待ちください

 新しく入った土が馴染むための一つに、雨が必要です。 グラウンド改良剤が土にしみ込むことで良いグラウンドになるそうです。 そのための時間が必要とのことです。
 「グラウンド養生中」  「もうしばらくお待ちください」

画像1

林中のしぜんno69 火星

画像1
 この時期、夕方からの良い時間帯に火星がみえます。
 夕方東の空を見てください。
 ひときわ明るい星が見られます。ややオレンジ色をしています。それが火星です。地球の外側で、太陽の周りをまわる惑星です。
 火星は今、−2.6等級の明るさです。この時期、月を除くと最も明るい天体です。
 満月の明るさは、−12.7等級です。
 写真は10月1日午後7時ぐらいの映像です。
 右上は月、真東の電柱の延長線上に火星が見えました。

給食残量調査実施中

 給食残量調査実施中では残った主食やおかずなどそれぞれの食缶に入れられます。  大まかな感想としては、野菜の入ったものや家庭で作らない見たことのないおかずの時は残量が多く、スープも時によっては残量が多く、お魚でもサバのときは残量が少なく、鶏肉のから揚げは余ることがないそうです。
画像1

林中のしぜんno68 キンモクセイ

画像1
外を歩いていると職員室前でとても良いにおい。 金木犀です。初秋の香りです。オレンジ色の小さな花びらが4枚、小さな花がたくさんついています。香りはたくさんの花びらから漂うようです。 1年生の国語では銀木犀の話が教材にあります。銀木犀は白い花で、金木犀はオレンジ色です。 林中には金木犀がもう一本、保健室前の校庭側の花壇にあります。

正門が使えるようになりました。

先週末までグラウンドの改修工事で,正門が使えない状態でしたが、工事事務所がなくなり使えるようになりました。 今週末は台風14号の影響で天気が良くなさそうですが、正門が使えるようになった初日は、夕焼けが見られました。
画像1

始めよう自分から

生徒会本部役員により、本年度スローガンが掲示されました。
「始めよう自分から」
「創ろう林中物語」

画像1

林中のしぜんno66 中秋の名月

画像1
 今年の中秋の名月は10月1日でした。
いつもより半月遅いため天気がやや安定してきたのか素晴らしい月を見ることが出来ました。 日没後、満月が地平線より上がってきたときには地表付近の水分の多い光の経路のため赤く見えていました(写真右上)。 時間経過とともに8時過ぎの月は本来の色になってきました(写真右下)。 さて、月の模様の黒く見えるところは海と言われているところです。ウサギの模様は黒く見えるところです。 黒く見えるところは玄武岩と言われる岩石からできているため黒く見えるそうです。 ウサギの模様は見る時刻や季節、緯度によってやや違うように見えます。満ち欠けはしますが、ほぼ同じような面を向けています。ほぼ同じ面しか見えないのは、月の裏側を見えないことになります。 どうして、月の裏の面を見ることが出来ないでしょうか。 それをわかりやすく説明するにはどんな方法があるでしょうか。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
行事予定
10/19 振替休業日

学校だより

学校からの配布文書