本校はおかげさまで70周年を迎えました。

授業研究(技術科)

 12月19日(水)

 今日の3・4校時を使い、技術科の授業研究が行われました。今日は、大学の教授と学生5人も参観に来られました。
 2021年度に完全実施となる『新学習指導要領』の考え方の中にも、官民の協力により、パソコンやタブレット端末の導入を強化し、IT(情報技術)分野で活躍できる人材育成に力を入れることやプログラミング教育の必修化などが添えられています。
 厚木市では、先行してPC教室をはじめ多くのIT危機を導入してくださいました。今や、教育現場においても、プログラミング教育を徐々に展開し始めています。その中心として努力されているのが技術科の先生であり、その学びの場が技術科の授業なのです。
 もしかすると、保護者の方は、このような授業が普通に展開されていることを知らないかも知れませんが、今や自分たちが受けた教育とは明らかに違ってきているのです。ぜひ、お子さんとそんな話題が冬休み中に交わされるといいかと思います。

【写真】荻野中学校の2年生が、プログラミング第一段階として、「文字入力に慣れる」「プログラムに慣れる」「メディアを使ってみる」という事を、作業を通じて学習している様子です。
画像1
画像2
画像3
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
1/21 専門委員会(活動日)
1/22 あいさつウイーク〜27日
1/24 読み聞かせ1年

学校だより

荻中通心

学年だより

SCだより

その他

学校いじめ基本方針