本校は、今年、創立73年目を迎えました。

教育実習最終日

 教育実習最終日を迎えました。最終日は担当する全クラスで授業を行いました。中には最後の号令の際に、先生へ感謝の気持ちを伝えてくれるクラスもありました。最後の帰りの会では、1年6組からのサプライズプレゼントとして、寄せ書きを贈りました。とても心の温まる帰りの会でした。
 3週間の実習の中できっと色々なことを感じ、多くを学んだことと思います。生徒たちにとっても刺激の多い3週間でした。ぜひこの経験を忘れず、教師を目指して今後も努力を重ねてほしいと思います。3週間ありがとうございました。

画像1画像2画像3

制服登校はじまる

暑さもピークが過ぎ、10月1日(木)から制服登校の準備期間が始まりました。今までは、ジャージ登校でしたが、10月19日(月)からは制服登校となります。制服の着方や、身だしなみをしっかり確認して登校しましょう。写真は1年生の久しぶりの制服姿です。
画像1
画像2
画像3

生徒会役員演説会収録

生徒会役員選挙演説会が今年は体育館で開催できないため、各教室で演説のビデオを放映することになりました。そのため、事前にビデオカメラで収録しました。立候補した生徒と応援弁士がスラスラと演説していました。
画像1画像2

荻リンピック縦割り練習

本日、昼休みに荻リンピック縦割り練習がありました。長縄練習やリレーの練習など、色別に集まり練習をしました。3年生が1、2年生に長縄の飛び方を教えると、飛ぶ回数が飛躍的に伸びました。3年生と一緒にリレーもしました。1年生は3年生の速さに圧倒されていました。
画像1画像2画像3

職業体験 その9

画像1画像2画像3
いよいよ最後の体験です。

ビルメンテナンスコースでは、ポリッシャーで床を磨いたあと、窓拭きの体験でした。大きな窓を、専用の道具を使ってキレイにします。生徒は、ポリッシャーの動かし方を考えるのが難しかったり、全身を動かしたので疲れたようでしたが、勉強になったそうです。

機械加工コースでは、マシニングセンタという機械にデータを入力して、オリジナルのプレートを作りました。プログラムを入力するのが難しかったみたいです。生徒は、機械の中にドリルがたくさんあって、刃の入れ替えがカッコ良かったとの感想もあり、体験が面白かったようです。

機械CADコースでは、専用のソフトを使って、練習用の立体を描いていきます。小さなネズミ型のキーホルダーを作りました。画面で描いたものを3Dプリンタで出力できるそうです。生徒は、難しいけど面白い! 今回は簡単だったけどもっと勉強して難しいものも作ってみたい、と思ったそうです。

別のクラスでは、介護調理も体験しました。学校よりもずっと大きな調理室で、細かい作業や心がけることなどを、たくさん教えていただきました。

どのクラスの生徒も、「体験が楽しかった。もっとやってみたい。」と、充実した感想をもてたようです。

このような状況下にもかかわらず、貴重な体験をさせていただいたかなテクカレッジの先生方、本当にありがとうございました。

職業体験 その8

画像1画像2画像3
自動車整備のコースでは、実際の自動車で使われているエンジンの仕組みを学びながら、分解していきます。先生から教わったことを思い出しながら、自分たちで道具を選んで、手際よく作業していました。道具の使い方も大切ですが、中の構造の理解や、分解する順序を考えることも大切ですね。

溶接・板金コースでは、金属の板を加工してソープディッシュを作りました。その工程では、大型の工作機械を使ったり、自分で穴を削ったりして、たくさんの工程を体験しました。溶接の場面も見せていただきました。普段当たり前のように使っている製品が作られるまでには、多くの丁寧な作業が積み重なっているんだと、改めて実感しました。

中秋の名月

画像1画像2
 10月2日(金)

 今日の給食のメニューは、ごはん・牛乳・サバの塩焼き・月見汁・キャベツともやしのおひたし、お月見団子でした。
 昨日の夜が今年の十五夜でした。月がまん丸に見えてきれいでした。明けて今日、給食にお月見をイメージした食べ物が出てきました。
 私が子供のころ、住んでいた地域では「十五夜の行事」が行われていました。子供たちは、カゴをもって近所の家々を回り、「さげてくださ〜い。」と大きな声で家の方を呼び、その年に収穫した農作物をいただいて家に帰るという行事です。農家ではない御宅からは、農作物の代わりにお菓子やお小遣いをいただいたことを記憶しています。
 満月とススキの穂、中秋の名月のイメージです。昔は人とのつながりと、ゆったりした時間があったように思います。 

職業体験 その7

画像1画像2画像3
今日は、職業体験の最終日です。

ケアワーカーのコースでは、高齢者の生活を疑似体験しています。自動販売機の商品を探そうとしていますが、「字が何にも見えない!」「どこにあるの…?」と、なかなか見つからないことに驚いています。

木材加工のコースでは、木枠の中心に印を付けようとしています。生徒は定規で長さを測って、割り算して、計算で求めようとしています。でも、先生は定規をうまく使い、計算せずに印をつけていました。それを聞いた生徒は驚いて、真似をしていました。

本を読んだりインターネットで調べたりしても実感できない驚きを、職業体験でたくさん見つけてほしいと思います。

生徒会本部

本日、専門委員会が行われました。生徒会本部役員が廊下に本部からの方針を掲示しています。プレ生徒総会の意見を集約し、各委員会で回答を検討し、さらに、本部役員がまとめます。大変な仕事です。生徒会役員が中心となって学校を創っています。
画像1画像2

1学年委員会

本日、1学年委員会が行われました。あいさつ運動やありがとういっぱい運動の確認と今後の予定を確認しました。ありがとういっぱい運動とは、各学級の帰りの会で一日を振り返り、心温まる行動をしてくれた生徒に、紅葉の葉の用紙にありがとうと書いて大きな木を作っていきます。壁いっぱいになりました。
画像1画像2

荻リンピック学年練習

本日、荻リンピック学年練習が行われました。朝、天候判定をして3時間目から各学年の練習を実施しました。各学年とも仲間たちとそれぞれの個人種目(60m走、障害物走、1200mリレー、クラス対抗リレー)の練習を実行委員を中心に行いました。各学年のきずなが深まり、栄光に向けて今走り出しました
画像1
画像2
画像3

10月の絵手紙

 10月1日(木)

 10月の絵手紙が届きました。話題のトップは菅内閣誕生に関するものです。初代の伊藤博文総理大臣から99代の菅総理大臣まで、99人の総理大臣が引き継いで来たこととなります。皆さんは、歴代総理大臣を何代目まで言うことができますか? 「伊藤、黒田、山縣、松方・・・・」、わからなかったら今一度歴史を振り返ってみましょう。
 話は変わりますが、今年の彼岸花の開花は例年に比べ2週間遅かったとも書かれています。萩原さんの言うように、自然が何かを語っているような気もします。
 

画像1

荻リンピック実行委員会

9月29日(火)放課後に荻リンピック実行委員会が行われました。10月1日(木)、10月7日(水)には、学年練習が予定されています。学年練習を実行委員が中心となって進めるために、練習内容や練習日程を確認しました。実行委員たちは、真剣にメモを取り大会要項にマーカーを引き聞いていました。
画像1画像2画像3

教育実習生研究授業

本日、1年6組で教育実習生による研究授業が行われました。大学からも先生をお招きして、授業が公開されました。実習生は、何日もこの授業のために準備してきました。「How old is he?」「Who is he?」と生徒たちは楽しそうに英会話をしていました。
画像1画像2画像3

職業体験 その6

画像1画像2画像3
午後の体験が終わりました。今日もみんな楽しそうに、でも頑張っていました。

ビル・メンテナンスの講座では、床を磨くポリッシャーという機械を操作しています。ブラシを左右に動かすためには、ハンドルを上下に動かすそうです。仕組みを見ようと、みんなで機械の下をのぞいています。実際に操作してみると、なかなか思う通りに動きません。

電気工事の講座では、専用の工具を使って、配線用コードを加工しています。最初はギュッと握り、少し緩めたら横に動かすそうです。見ていると簡単そうですが、やってみると…あれ? うまく抜けません。

ICTエンジニアの講座では、プログラミングを体験しています。最初はゲームっぽくて簡単でしたが、だんだんと難しくなります。先生が考え方を説明してくださいましたが、自分で考えてみても、なかなかうまくいきません。

楽しい体験ばかりではなく、難しい体験も、今回の大切な勉強です。生徒が難しいと感じた仕事が、社会を支える重要な役割を担っていることに気づいてほしいと思います。

職業体験 その5

画像1画像2画像3
今週は3つのクラスが職業体験です。

どの講座でも、初めにどのような職業技術を学んでいるのかを教わります。先生からの問いかけからは、プロの目線を学ぶことができます。

室内施工のコースで「この壁紙は90cmごとにつなぎ目があるんだよ。どこがつなぎ目かわかるかな?」と先生が質問しています。みんなで探してやっとつなぎ目が見つかりました。そういえば、つなぎ目なんて普段の生活ではあまり気にしません。
庭園施工のコースでは、庭園の図面を見ながら「どっちが日本の庭園か、わかるかな?」と先生が質問しています。よく見ると、つくりが全く違うことに気がつきます。
ケアワーカーのコースで「車いすの押しかたは、どのくらいがちょうどいいかな」と先生が問いかけます。実際に車いすを押してみると、乗っている生徒が「速いよ!」「急に曲がらないで!」と教え合っています。

先生の問いかけがきっかけで、今まで気にしていなかったことが、新しい発見になりました。

朝の黒板

画像1
 9月29日(火)

 朝の黒板を有効利用している先生がいます。写真は、今朝の2年4組の黒板です。担任の先生は、朝の会を迎える前に伝えておきたいことがあったので記入しておいたのでしょう。生徒は先生が来る前にそれを確認し、改めて今日の活動に対する意気込みを高める。そのような目的で書かれているものです。今日、2年4組は校外学習に出発します。

 1年生の担任の先生中に、ほぼ毎日朝の黒板にメッセージをしたためている先生がいます。放課後の教室に現れて、1日を振り返り生徒に語りかけているのでしょう。ほんの少しの気遣いが、大きな効果を上げることもあります。 

バレー部新人戦2日目報告

26日(土)、東町スポーツセンターにて厚愛地区新人戦バレーボール大会2日目が行われました。本校は1日目の結果から、2位トーナメントに進出し、まず厚木中と対戦。1セット目を落としたものの、2,3セット目を連取し、勝利。続いて厚愛5位をかけて愛川中原中と対戦。スタートから厳しい展開で、途中、意地を見せたものの0−2で敗れ、厚愛6位という結果に終わりました。さあ、これから来年の総体に向けて新たな戦いが始まります。さらに上位をめざして、日々の練習をがんばっていきましょう!
画像1
画像2
画像3

進路説明会

画像1画像2
 9月28日(月)

 放課後の時間を使い、3年生の保護者を対象とした進路説明会を実施しました。
1.公立高校の入学者選抜について
2.私立高校の入学者選抜について
3.高等専門学校、高等専修学校、技能連携校、サポート校について
4.今後の予定について
以上を柱にした説明を行いました。わからない点があったら聞くという姿勢を大切にしてください。そして、希望する学校に足を運ぶことが大切です。15の春をどのように迎えるか、真剣に考えて行きましょう。 

新人戦(野球)2

 9月27日(日)

 荻中野球部は、二回戦突破後、準決勝で藤塚中と愛川中の連合チームも破りました。いよいよ次の土曜日に行われる決勝戦(対厚木中)を迎えることとなります。
 最近は、ランニングの時の掛け声も大きくなってきており、チームとしての力が伸びてきていることもうかがえます。
 期待しています。頑張れ荻中生! 

画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31