本校は、今年、創立73年目を迎えました。

男女共修授業

画像1画像2
 9月11日(金)

 荻野中学校では、昨年度より保健体育の授業で男女共修の授業をスタートしました。今年は1・2年生で実施しており、来年は全学年での実施となります。
 写真は1年生での授業風景です。Tボール形式で球技の練習をしています。ピッチャーが投げたボールを打つのではなく、止まっているボールを打つのですが、経験があまりない生徒にとっては、かなりハードルの高い課題のようでした。逆に、経験のある生徒にとってはホームランも可能なようです。  

継続から得られるもの

画像1画像2
 9月10日(木)

 写真は、家庭科室前の廊下に掲示されている絵手紙です。毎月ホームページ上にも掲載している、地域の学校協力者(ボランティア)の萩原さんの作品です。
 萩原さんは、毎月初めに絵手紙を持って学校に来てくださいます。もう、何年も前から継続して下さっています。その月の大きな出来事をとらえ、生徒に語り掛けてくださいます。「生徒は今、きっとこんなことを考え、こんな気持ちでいるのだろうな」と考え、アドバイスや励ましの言葉をくださいます。
 用事があって学校に来られた方々が、この掲示を見て感心している姿を何度も見ました。1枚の絵だけであれば、「きれいによくまとまっていて、優しい言葉にあふれ面白い作品だな」という感想なのかもしれませんが、何年にも渡って継続している作品としてとらえ、その連続性を目の当たりにした時、人に与えるインパクトは大幅に増大します。

 『継続は力なり』という言葉はよく聞きますが、本当に大きな力となるのです。また、萩原さんの活動が、学校にとって大きな力となっています。 

荻リンピック練習

 9月9日(水)

 昼休みのグランドから、生徒の声援が聞こえてきました。体育発表会の代替として行われる「荻リンピック」に向けての種目練習が行われているのです。
 今日は、2年生が「クラス対抗リレー」の練習をしています。この種目は、クラスの生徒全員が男女各100mずつ走り、バトンをつなぐという全員リレーです。
 生徒は、荻リンピックに向けて楽しそうに活動していました。 

画像1

部活動から学ぶもの

画像1
 9月9日(水)

 この写真は体育館の入り口に整然と整えて置かれた靴です。部活動の生徒たちのものです。生徒たちは体育館内で汗を流して練習しています。目が合った生徒からは「こんにちは」の挨拶が聞こえます。
 「試合に勝ちたいから、いい成績を収めたいから、だから辛い練習にも耐えている。」という人もいる。「自分の技能を向上させたいから努力している。」という人もいる。
 集団で一つのことに向かっていく時、仲間と一緒に活動する時、異なる学年・異なる人間が同じ場所でともに汗を流す時、そこには学ぶことができる題材がたくさんある。 

夏から秋へ

画像1
画像2
 9月8日(火)

 暦の上ではもう秋です。
 昨日は、九州を縦断して行った台風の影響で、厚木市は1日中大雨警報の発令下にあり、雨が降ったり止んだりの変わりやすい天気でした。
 今日は、朝から晴天です。中学校の北側(赤道側)の百日紅の木の上を多くのトンボが飛んでいました。 
 まだまだ自然に囲まれている荻野中学校。しばらく、青空に中を飛び回るトンボを見ていたら、自分が幼かったころ、虫取り網を持って田んぼの畔を走りまわっていた自分を思い出しました。
 今の子どもは、そのような経験があるのでしょうか。

【注】写真をよく見ると、トンボが見えますよ。 

緊急 本日の登校について(9月7日)

 【お知らせ】

9月7日(月)

 現在、大雨警報は解除されていませんが、本日の登校に支障はないと判断し、8時25分の朝の会より平常通りに行います。
 なお、増水河川や切れた電線、倒木等に十分注意して登校してください。

実がなりました

画像1画像2
 9月7日(月)

 技術科の栽培で取り組んでいるミニトマトの水耕栽培、実を付けてきたものがいくつかあります。順調に成長しているのもあれば、伸びが止まったようなものもあります。何が良かったのか、何が悪かったのか、その検証に学習の意味があるはずです。机上の論ではなく実際にやってみることが大切なのです。 

新人戦(サッカー)

画像1
画像2
画像3
 9月5日(土)

 相川中学校を会場に、厚木愛甲地区新人戦大会のサッカー大会が行われました。荻野中学校はDブロックで南毛利中、睦合中と愛川中の合同チームと対戦します。写真は、1試合目の対南毛利戦の時のものです。健闘むなしく負けてしまいました。
 3年生から2年生へと代がかわっての最初の大会です。「まだまだ、これからだ。」というところです。今後の努力で勝利につなげて欲しいと思います。  

荻リンピック練習

画像1画像2
 9月4日(金)

 昼休みです。校庭では「荻リンピック」に向けて長縄の練習が、学年ごとに日替わりで行われています。楽しそうな表情が見られて、こちらも嬉しくなります。

 このような中、学校としても、熱中症対策として水筒の持参とこまめな水分補給、帽子の持参と炎天下での着用、体調に異変を感じたらすぐ休む、日陰の利用などの指示や依頼をしているところです。

 今日は、いつもに増して暑い一日となりました。この暑さも、まだまだ続きそうです。ぜひ、ご家庭でも帽子の活用促進にご協力お願いいたします。写真のような活動時にも着用させたいと考えています。 

プレ生徒総会に向けて

生徒会本部役員の皆さんが、1年生学級委員を対象に、プレ生徒総会の進め方についての説明がありました。「初めてのプレ生徒総会をどう進めていくか」を丁寧に説明してくれました。各委員会からの活動計画や予算案が書かれてある生徒総会冊子を事前に読み、時間を計画的に割り振ることが示されました。
画像1
画像2
画像3

聴力検査

画像1画像2
 9月2日(水)

 連日、保健室を会場に聴力検査が行われています。

【写真左】
 順番を待っている生徒たちです。青いスポットマークに立ち、間隔を空けて静かに待っています。
【写真右】
 検査器械を使い、2人ずつ同時に検査を受けています。養護教諭が検査をしています。

 検査結果で、要受診となれば速やかに専門医を受診しましょう。早期対応がポイントです。 

9月の絵手紙

画像1
 9月1日(火)

 9月の絵手紙が届きました。
 何といっても、話題は『安倍首相の辞意表明』ですね。安倍さんの顔が上手に描かれています。さすがは萩原さん、よく似ています。
 その他の話題は、夏休み以降の、場所によっては40度超える気温の上昇と熱中症患者の増加。
 中学校に目をやると、修学旅行の中止をはじめとする厳しい現状に対し、いろんなところを気遣ってくださっています。いつもありがとうございます。
 気づきませんでしたが、もう秋の虫の音も聞こえてきているんですね。 

荻リンピック練習開始

本日から、荻リンピックの練習が始まりました。最初は1年生の長縄の練習です。慣れない手つきで長縄を回し始めました。次第に上手になり数回飛べるようになりました。大きな声で1,2,3と数えていました。とても楽しそうです。待ち遠しい荻リンピックは10月14日から16日に学年別で行われます。
画像1
画像2
画像3

厚愛総体(陸上)

画像1
画像2
画像3
 8月31日(月)

 厚木愛甲地区総合体育大会(陸上部)で優秀な成績を収めましたので、ご紹介いたします。

【写真上】
  女子総合 優勝(優勝カップ)
  男子共通4×100mR 第1位(トロフィー)
【写真中:賞状】
  女子総合 優勝
  男子共通4×100mR 第1位
  男子低学年4×100mR 第2位
  女子低学年4×100mR 第2位
  女子共通4×100mR 第3位
【写真下:賞状】
  男子共通走幅跳 第1位
  女子走高跳 第1位
  男子1年100m 第1位
  男子3年1500m 第2位
  男子3年100m 第2位
  女子共通100mH 第2位
  女子2年100m 第3位
  男子共通200m 第3位
  女子3年800m 第3位

 表彰されはしなかったが、真剣に最後まであきらめずに頑張った生徒に拍手です!  
 

第2回代表委員会

本日、第2回の代表委員会が行われました。各委員会から活動計画の報告がなされました。各学年学級委員から、あいさつ運動の実施が検討されているという報告がありました。本部からは、プレ生徒総会について各クラスで行う議案検討について説明がありました。暑い中ですが、真剣に学校のことを考えて発言していました。リーダーの取り組みが学校の伝統を創っていくのです。
 また、新生徒会役員の立候補の受付も始まっています。次の世代も育っています。

画像1
画像2
画像3

厚愛総体(陸上)

 8月29日(土)

 厚木愛甲地区総合体育大会(陸上大会)が、荻野運動公園を会場に行われました。
 ギラギラする太陽の下、荻野中学校陸上部員は元気よく各競技に参加していました。今までの練習の成果を思う存分発揮して、自己ベストをはじめ、素晴らしい結果に結びつけることができました。
 新型コロナウイルスの影響で、7月の開催予定であった多くの部活動で総体が中止となり、代替試合としての「交流戦2020」という形での開催となりましたが、かろうじて陸上の総体は開催にこぎつけることができました。
 お疲れ様でした。
  

画像1
画像2
画像3

感染防止対策

 8月28日(金)

 人と人との接触を断つシールドが、いろいろなところに設置されています。お分かりのように、飛沫の拡散防止のために設置されています。
 上の写真は、音楽室の全ての机に設置された透明素材のシールドです。特に器楽や歌唱の練習の際には必要となりますが、常時設置されています。
 下の写真は職員室の、先生方の机に設置されているシールドです。ダンボール枠に透明シートがはめ込まれています。
 マスク着用の上でのシールド活用、どこまでやっても感染リスクはゼロにならないことはわかりつつも、やれることはやらなくてはならないというのが現実です。 

画像1
画像2

検温チェック

画像1画像2
 8月27日(木)

 毎朝行われている検温チェック、今日もごったがえす様子が見受けられました。
 登校時間が以前の時間に戻り、登校が早くなったとともに、「ギリギリでも間に合えばいいか」といった気のゆるみからか、遅刻になってしまう生徒も出てきているようです。 部活動の朝練習が無いということもあり、分散が難しいということもあるようです。
 新しい生活様式の中で、工夫・改善と努力も要求されています。 

ALTの授業

画像1画像2
 8月27日(木)

 2年生の英語の授業風景です。今週からALTの先生が荻野中学校に来られています。
 生徒はいつも以上に興味を持って授業に参加しているように見受けられました。主に英語で学習内容を伝え、ジェスチャーや視覚教材を交えることで、何となく生徒は理解していくのがわかります。実は、この何となくが大切なのです。
  いつの日か(そう遠いものではなく)、日本人教師によるオールイングリッシュでの英語の授業も行われる事になるでしょう。

一学期を振り返って(個人反省)

本日、学活の時間に一学期を振り返っての個人反省を行いました。各自が真剣に一学期を振り返りながら、自己評価をしていました。学習面、生活面について評価しました。おおむね良好な評価でしたが、中には提出物が出せていなかったり、忘れ物が多いという評価もありました。来学期には、良い点を伸ばし、課題点を見直してさらに意欲的に学校生活を送りましょう。
画像1
画像2
画像3
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30