いよいよ学校生活が再開します。まずは、学校生活のリズムをつくりましょう!

体育大会への応援ありがとうございました。

画像1
  体育大会への応援ありがとうございました。
晴天のもとたくさんの保護者や来賓の方が来校され、第67回体育大会が盛大に開催されました。開会式の学校長あいさつでは、次のような話をしました。「本日まで体育大会のスローガン「天下無敵の依知中魂〜己を信じて突き進め」のもと練習に励んできました。日焼けした顔からも今までの頑張りが分かります。今までクラスのため、そして縦割りの色のために練習をやってきました。最初のうちは取り組みが今一歩の時もあったと思いますが練習を重ねるうち気持ちも入り、団結も強くなり、練習にも熱が入ってきました。昼休みに校庭に出ての練習や3年生を中心にして1、2年生を指導して練習している姿も見ました。
 そして、いよいよ本番を迎えました。力の限り精一杯の演技をして最後に終わった時、すがすがしい気持ちで終わりたいものです。来場されている皆さんは最後まであきらめないで頑張る姿を見に来ているのです。」
 体育大会が終わって参加したすべての生徒がやりきった事への満足感とクラスの団結が増したことを感じたと思います。この経験をこれからの学校生活につなげたいものです。6月になると自然教室や修学旅行があります。みんなで頑張りましょう。

体育大会が近づいてきました。

画像1
 体育大会が近づいてきました。今日は午前中に予行練習があり、5時間目には学年練習がありました。学年練習では団結リレーや学年種目の練習をしていました。担任の先生と一緒になってクラスごとに練習をしていました。勝つためにはどうしたらよいか、みんなで考え、クラスがまとまってきます。

避難訓練がありました

画像1画像2
 地震を想定しての避難訓練を行いました。防災頭巾を忘れる生徒もほとんどなく、真剣な態度で臨んでいました。
 また、全体会では次のような話をしました。「天災は忘れたころにやって来るの言葉通りいつ地震が起こるかはわかりません。科学が発達していても予知までは難しいといわれています。今まで防災という言葉を使っていましたが、今は良く減災という言葉を耳にします。地震を防ぐことは難しいが地震の被害を少しでも少なくすることはできるという意味だと思います。被害を最小限度に抑えるためには、地震が発生した時の避難方法を学ぶことや防災の意識を高めることも大切です。そのために必要なのが避難訓練です。避難をするときには早く、スムーズな避難が必要です。パニックになるのが一番まずいことです。自分の命は自分で守ることを絶えず頭の中に入れ、避難訓練や防災指導においてその意識を定着してください。」
 これからも、自分の命を守れるように防災対してさらに意識を高めていきたいと思います。

県央柔道大会がありました

画像1画像2画像3
 10日(土)県央柔道大会がありました。本校からも50キロ級に1年生、66キロ級に3年生が出場しました。55キロ級(写真左)では相手は3年生でしたが果敢に攻め、先に優勢を取ったのですが残念ながら破れてしまいました。まだ1年生ですのでこれからさらに精進してください。また、66キロ級(写真中・右)では1回戦を優勢で勝利し、3位に入賞しました。今後、総合体育大会に向けてさらに上位を目指してください。

県央大会が始まりました

部活動では県央大会が始まりました。4月19日、20日に野球部、バドミントン部(団体)、バレー部、バスケットボール部の大会がありました。また、4月26日にはサッカー部、バドミントン部(個人戦)、ソフトテニス部の大会がありました。そんな中でソフトテニス部が見事第3位に入賞しました。これも日頃の練習の成果だと思いました。部によっては、本来の実力を発揮できなかったところもありましたが、どの生徒も精一杯のプレーを繰り広げました。最終の目標は総合体育大会です。そこで悔いのない結果を残せるように、今から練習を地道に取り組んでいきたいものです。
画像1画像2画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

学校だより

学年だより

SCだより

お知らせ

図書館だより