先日、体育大会が秋空に恵まれ開催されました。随所に生徒たちの主体的な行動が見られ、とても有意義なものになりました。次は合唱練習や学習につなげていきましょう。

3年生 社会(公民)の授業!

 3年生の社会では、公民の授業で「みんなが納得できるように話をまとめるにはどうしたらよいか」という授業を行っていました。「3年生最後の夏!目標は優勝!こう掲げた13人からなるサッカーチームが、試合出場選手11人をみんなが納得いくかたちで決めるにはどうすればよいか?」という話し合いでした。その決め方に部員が納得し、メンバーに選ばれた選手も選ばれなかった選手も納得できる考えをみんなで話し合います。「学年関係なく実力順だろう?」「3年生が最後なので3年生は全員出すべきだろう?」みんな、自分の意見を持ったうえで、グループでの話し合いにのぞみ、その意見をまとめ、発表します。そして出た答えは・・・正解のない話し合いですが、みんな、他のグループがどのような結論をだしたかが興味津々です。先生の最後のまとめは、様々な場面において全員が一致する答えはまずないだろう。そんな中で決めていかなければならないことはたくさんある。どういう風に答えを導きだしていくかのひとつの参考となる話し合いだったことを教えていました。「現代社会の見方・考え方 〜対立から合意へ〜」という主題のもと、主体的、対話的で深い学びとなった工夫された授業でした。
画像1
画像2
画像3
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校だより

学年だより

SCだより

保健だより

緊急情報

お知らせ