依知中生は、『抱負 行動』を1月の生活目標に学校生活を過ごしています。今後とも、ご協力、ご支援をお願いいたします。

依知小学校に行ってきました!

 17日(火)の依知南小学校訪問に引き続き、本日は依知小学校に生徒会本部が出向き、人権スローガンづくりについての説明とお願いをしてきました。依知小学校では、6年生の運営委員が依知中本部2名の話に熱心に耳を傾け、スローガンづくりの意義、スローガン決定への流れなどをしっかりと理解してくれました。1月中旬をめどに、今、候補になっている5つのスローガンから小学校案を決めてほしいということを伝えてきました。本部の2名は依知小学校出身ということもあり、小学生も顔なじみで親しみを持って接してくれ、最後は全員で玄関まで送ってくれました。依知南小、依知小と3校でのこのプロジェクトに児童、生徒ともに真剣に取り組んでくれる様子が嬉しいです。
画像1
画像2
画像3

人権ポスター表彰

 本日、厚木市の人権擁護委員会の方々4名が依知中学校を訪れ、先日行われた人権ポスターの賞状の伝達をしてくださいました。本校からは、3年生が描いたポスターが人権擁護委員賞をいただき、その表彰が行われました。「見て見ぬふり どう思う?」という言葉を取り入れた作品は、厚木ロードギャラリーにも先週まで展示されていました。明日から昇降口前に展示します。違いを認め、誰もが楽しめる学校づくりを宣言している依知中では、このポスターを見ることで意識を高めた学校生活をおくっていきたいものです。
画像1
画像2
画像3

1年生 国語の授業!

 教室棟では、1年2組が国語の授業を行っていました。「体言止めの文章を作ろう!」と、それぞれがノートに向かって文章作りを行っていました。通常の文章をつくり、それと全く同じ意味の体言止めの文章を自分で作成します。できあがった作品をそれぞれが見て、「体言止めによってどんな効果が生まれましたたか?」と先生が生徒に問いかけると「倒置法に似ている」という発言がありました。「倒置法ってわかりますか?」という次の先生の質問に、「調べます!」といって辞書を使って調べ始めました。わからない言葉を、すぐに調べようというその積極的、意欲的な態度に感心しました。1年生頑張っています。
画像1
画像2
画像3

保育実習最終日!!

画像1
画像2
画像3
 保育実習最終日の今日は、3年1組のお兄さん、お姉さん達でした。『こんな短い時間じゃなくて、一日ずっと一緒にいたいです』と学校には戻りたくなさそうなお兄さん、お姉さん達。今日のお天気は昨日と違って肌寒かったのですが、心温まる体験になったことが伝わってきました。
 今週月曜日から4日間保育実習をさせていただきましたが、生徒たちの表情は常に笑顔にあふれ、学校の様子とは違った一面をたくさん見せてくれていました。どの生徒も受験にむけて心中穏やかではなかったりする毎日だと思いますが、保育園のおともだちの可愛さや素直さに生徒たちも心が癒され、自分の成長を振り返るきっかけになったようです。園長先生をはじめ先生方には、いろいろご協力いただきありがとうございました。

1年生の美術の授業

 4時間目、1年4組が美術の授業を行っていました。今日の内容は、水彩画の技法をマスターすることでした。前に映し出された見本を見ながら、点描法やぼかしなど、自分で好きな色を使いながら、作品作りに精をだしていました。「波と空と浜」を表現するのも、それぞれ個性あふれる色使いで、どれひとつとっても同じような作品ではなく、みんなが思い思いの色使い、技法でのびのびと作品をしあげていました。ひとりひとり、自分の作品づくりにじっくり取り組んでいる姿に1年生の成長を感じました。
画像1
画像2
画像3

教頭先生の授業!

 本日は、3年生の数学の時間でゲストティーチャーとして、数学科の教頭先生が授業を行いました。勉強する意味や、将来働くことの意義、また数学の学習は意味があるのかなど、授業の本題に入る前の先生の語りに子ども達も思わず惹きこまれ、楽しい1時間を過ごしました。受検勉強として、必ず行ってほしい勉強法として、「過去問題5年間分を5教科5回解くように!」と言われた生徒たちは、最初は、「えー!125時間分!」という感じでしたが、その必要性を説かれると、思わず、頑張ってやってみようという気持ちが湧いてきたようです。
画像1
画像2
画像3

依知南小学校児童会を訪問しました。

 本日、依知中宇学校生徒会本部より、本部役員2名が依知南小学校の児童会の代表委員会を訪問し、依知中学校区で進めているインクルーシブ推進教育の地域のスローガンづくりについて、提案とお願いをしに行きました。依知中学校区3学校と地域を含む共通のスローガンを作り、誰もが楽しく、差別なく生活できる依知中学校区にしていこうというねらいです。
今日は2つの小学校と中学校で考えたスローガン候補5作品を提示し、小学校の各クラスでどれが良いか話し合ってきてほしいというお願いにあがりました。小学生も真剣に話を聞き、この活動に意欲的に取り組んでくれていました。みんなで考えて作成することによって、意識も高まり、またこれらのスローガンが地域全体に根付くことを期待しています。20日金曜日には、今度は依知小学校に出向きます。
画像1
画像2
画像3

保育実習3日目!!

 保育実習3日目、今日は3年4組が幼児と触れ合いました。中には、卒園児もいて懐かしい思いで、今日の日を迎えている生徒もいます。また、今回の触れ合いから『将来、保育士になりたい』と考える男子生徒もいました。今日も「もう帰っちゃうの」と残念がるおともだちと「もうちょっと関わっていたいなぁ」と別れを惜しむお兄さんとお姉さんたちでした。
画像1
画像2
画像3

3年生 保健体育 ダンス発表会

 3年生の保健体育の授業では、現在、柔道とダンスを行っています。子ども達は、選択によってどちらかの協議を選び、男女共修です。今日は、ダンス受講生とによる発表会が開かれました。1,2組は、ダンス受講生が全部で18人。3つのグループに分かれて、自分たちで選曲した3分ぐらいの曲に合わせて、振り付けを考え、練習をしてきました。
発表の前には、リーダーが参観者への見どころを話し、ダンスが始まります。「日本のソーラン節の動きを取り入れた」「足のステップをみんなでそろえた」「全員の息の合ったダンスが見どころ」など、なるほどと思いながら観ている方も楽しめました。短い時間の中で、全員が覚え、一人一人の動きに加えて、チームとしての動きを覚えるまでには時間もかかったことでしょう。しかし、ミスなく発表している姿に感心しました。
画像1
画像2
画像3

保育実習2日目!!

今日はあいにくの雨となりましたが、保育実習2日目は3年2組が園児と触れ合いました。保育園のおともだちが、お姉さんのひざの上に座ったりお兄さんを慕ってくる姿はとてもほほえましく、別れを惜しんでなかなかクラスを離れられないお兄さんやお姉さんたちでした。
画像1
画像2
画像3

依知ストリート植栽!

 本日から1,2年生の三者面談が始まりました。そのため3年生以外は午前日課になります。この午前日課の時間を利用して、本日学校の南側の依知南小学校と依知中学校のちょうど真ん中に平行に走る道路の街路樹のたもとに花を植えました。この事業は、数年前に依知中学校生徒会が市の道路維持課の主催する花植事業に賛同し始めたものです。今回は、福祉委員の生徒とボランティアの生徒数人が集まり、この活動を行いました。午前中は雨が降ったせいか、地面は柔らかくなっており、まずは、雑草を抜き、土を耕し、そして、ポットに入った「パンジー」や「ビオラ」「ストック」などの花の苗を植えました。1時間くらいの作業でしたが、委員の生徒もボランティアの生徒も一所懸命活動してくれ、おかげで道路が明るく、美しくなりました。とおりがかりの地域の人も「ご苦労様、ありがとう!」といって声をかけてくださいました。これから春に向けて少しずつ大きくなっていくことでしょう。依知中生の地域を大事にし、愛する心が花とともに届くといいですね!
画像1
画像2
画像3

2019年をあらわす一語!

 3年生の国語では、書写の授業を行っていました。課題は、各自の2019年をあらわす1語を「行書」で書くというものです。与えられた紙にひとりひとりが、自分の思い浮かんだ一語を、大きく書き、なぜ、その字にしたかを、説明する文章を添え、教室前の廊下に貼りだしました。「笑」「奏」「悔」「努」など、様々な字が書かれています。1年生は同じように「楷書」で作成をしていました。一人一人の顔を思い浮かべながら今年の一文字にこめられた一人一人の思いを感じることができました。
画像1
画像2
画像3

音楽 ハンドベル発表会!

 本日1時間目、学習室では、音楽の授業で今学期練習した、ハンドベルの発表会がありました。同じ時間に音楽を学習している生徒たちが、クラスの他の仲間たちに練習してきた曲、「戦場のメリークリスマス」を披露しました。流れるような美しいメロディーを、息を合わせて見事に演奏し、また、一緒に重なり合うハーモニーが美しく、聴いている人の心をふるわせたすばらしい音楽でした。たくさん練習したことでしょう。人前で演奏するには緊張もしたでしょうが、ミスもなく、心温まる音楽を朝から聴かせてもらい、豊かな気持ちになったひと時でした。演奏を聴いた仲間から、「美しかった」「100点だ!」などの感想があがっていました。
画像1
画像2

保育実習始まる!

 3年生は、家庭科の授業でこれまで幼児の発達や生活について学習してきました。毎年、依知中学校では、地域の保育園にご協力をいただいて、幼児とのふれあいを通して幼児に対する理解を深めることをねらいに、保育実習をさせていただいています。
 その保育実習が今日から始まり、3年3組が園児とふれあいました。中学生のお姉さんやお兄さんたちは、園児の素直さや可愛らしさに終始癒された様子で笑顔にあふれていました。
画像1
画像2
画像3

第3回 学校運営協議会

 本日の午後、第3回学校運営協議会を本校会議室で行いました。この協議会は教職員及び地域住民や保護者などから構成され、地域・保護者・学校が一体となって、より良い学校教育と特色ある学校づくりを推進し、地域に信頼される学校づくりを行うことを目的としています。今回の会議では、学校・学年の様子から始まり、先日行った学校アンケートの結果について考え、来年度の教育課程編成について検討しました。その後、授業が終わった生徒会本部役員が3名会議に参加し、生徒会本部の活動報告をするとともに、依知中学校区インクルーシブ教育推進事業で取り組んでいるスローガンについて委員の皆様から意見をいただきました。委員の方からは、この取り組みを公民館まつりのときにアピールすることや年末清掃のときは全員がジャージで参加することで地域にアピールできることなどのアドバイスをいただきました。今後も生徒を主役として、生徒の意見を取り入れながら、より良い学校づくりができるように話し合いを進めていきます。
画像1
画像2
画像3

1年生 家庭科ブックカバー作り

 4時間目、被服室を通りかかると、1年生の家庭科の授業を行っていました。1年3組は教室のドアをそっと開けても、「こんにちは」とあいさつがかかります。申し訳ないような気持ちで教室に入ると、ブックカバー作りを行っていました。今日は、スナップボタン付けのようです。先生がボタンの上下を間違わないように!と声をかけます。子ども達は、それでもなかなか、洋服についているボタンをみることはあっても、もとの形を知っている生徒は少なく、上手につけるのに一苦労していました。同じ班の子ども達と協力し合いながら、ほほえましく取り組んでいました。最近は家でも自分でボタンをつけることなどなかなかないのかもしれませんね!
画像1
画像2
画像3

文化庁派遣事業 能と狂言 本公演

 12月9日(月)の5,6時間目に、先日行った文化庁派遣事業ワークショップの能と狂言の本公演が体育室で行われました。
 狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」を鑑賞しました。今回は解説をつけて演じてくださったので内容がとてもよくわかりました。迫力ある演技やかけ声に圧倒されました。また、公演のあとは各クラスの代表者が狂言師の方から、狂言の動きや笑う時の声の出し方などを教えていただきました。狂言の笑い方は全校生徒が体験しました。
 今回の芸術鑑賞会では、日本の伝統芸能である能や狂言を身近に触れることができ、大変貴重な経験となりました。生徒たちがこれを機会に古典芸能に興味をもってくれると良いと思います。

画像1
画像2
画像3

依知南北駅伝大会

12月8日(日)、山の根スポーツグランドを拠点にして、依知南公民館と依知北公民館の合同行事、南北駅伝大会が開催されました。今年で11回目となるこの行事は、毎年恒例となり、大きな盛り上がりを見せます。自治会対抗の部、中学生の部、小学生の部の3部門に分かれて勝敗が決められます。本校からは、中学生の部に陸上部が出場しました。藤塚中生と依知中生のみが出場できる大会とあって、地元、藤塚中生の各運動部が出場する中、依知中陸上部は、前年度の優勝のプライドをかけて走りました。1区の生徒が、大会新を出すすばらし走りをし、以下、2番から5番走者まで、1度も1位をゆずることなく、走りきり、見事優勝を果たすことができました。雲一つない良い天気にも恵まれ、たくさんの方の道からの声援にこたえた走りでした。既定人数がそろわず、勝敗には関係しない参加となってしまいましたが、女子を2人、男子2人でチームを組んだ1年生チームも出場しました。日頃の脚力を活かした見事な走りをしました。皆さん、お疲れ様でした。
画像1
画像2
画像3

人権作文表彰式

 12月7日(土)アミューあつぎにおいて、あつぎヒューマンライツフェスタが行われ、その中で、今年度の人権作文、人権擁護ポスターの表彰式が行われました。本校からは1年男子が、作文の部で優秀賞を受賞し、厚木市人権擁護委員長より賞をうけました。自らの体験や日常感じていることを言葉にした作文は、先日、厚木市広報誌にも大きく取り上げられ、多くの人の心をうちました。また、先週、校内の人権週間においては、昼の給食の放送で、放送委員が作文の朗読を行い、校内での人権擁護への関心を高めるきっかけとなりました。本校では、今年度インクルーシブ教育にも取り組み、個性を重視し、違いを認め、誰もが、楽しく生活できる学校づくりを進めています。この作文がきっかけとなり、校内に人権に対する関心が高まってくれることを願います。
画像1
画像2

2年生 国語「パネルディスカッション」

 2年生の国語の授業で、本日パネルディスカッションを行うというのを聞いて、参観しました。「使いやすいトイレにするためにはどうすればよいか」というテーマのもと、高齢者、障がいのある人、子どもの3つの観点からグループに分かれこの課題を考えました。それぞれのグループから、代表が一人出てのディスカッションを行いました。後半は、会場の聴き手からもたくさんの質問や意見が出ました。「眼が不自由な人が使いやすいように、トイレのブースを手をひろげられる大きさにした方が良い」や、「小さい子どもが一人で自立してトイレにいけるよう、親も見守れる高さのブースを作ると良い」など、斬新なアイディアが出され、それに対しての質問や意見が飛び交いました。自分の意見を持つこと、他者の意見を聞くこと、そして修正をすることなど、コミュニケーション能力を高められるよう取り組んでいました。
画像1
画像2
画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
12/20 1.2年三者面談
12/23 大掃除
12/24 ふれあいDAY 終業式

学校だより

学年だより

保健だより

お知らせ