市内の小学校から、不審電話についての情報が寄せられています。手口は、女の人の声でクラスの保護者を名乗り、他児童の電話番号を聞き出そうとするものです。各ご家庭でもご注意くださいますようお願いいたします。 

12月のおたのしみ☆

12月18日(火)は、12月のおたのしみ給食です。

今月は、クリスマスにちなんだメニューです。フライドチキンは、とりのむね肉に、しょうが、にんにく、カレー粉、しょうゆなどで下味をつけて揚げました。
子ども達は、一口かじって「カレーの味だ!」とよろこんでいました。

サラダのにんじんも、調理員さんが星とハートの形にしてくれました。ブロッコリーの芯も星型になっていたのですが、中には「メロンが入ってる!」と勘違いする子も・・・

ケーキは事前に2種類から選んでもらったものです。どちらを選んだ子も、「おいしいね」といいながら楽しんで食べていました。

2学期の給食もこれで終了です。締めくくりにふさわしく、残食もとても少なかったです。

〜12月18日のメニュー〜
シーフードピラフ、牛乳、フライドチキン、ブロッコリーのサラダ、野菜スープ、ケーキ


画像1

冬至とかぼちゃ

12月14日(金)のメニューは、麦入りごはん、牛乳、すきやき、かぼちゃの甘煮、りんごです。

12月21日の冬至にちなんで、一足早くかぼちゃの甘煮を作りました。
冬至は、1年で一番、昼の時間が短い日です。昔から、冬至の日にかぼちゃを食べると、かぜをひかないと言われてきました。確かに、かぼちゃには風邪予防に役立つビタミンAやビタミンEが多く含まれています。栄養学が発達していなかった昔の時代でも、ちゃんと昔の人はわかっていたのですね。

給食では鍋で煮ることはできないので、オーブンを使って甘煮を作っています。煮崩れせずに大量に作ることができます。

子ども達もかぼちゃは好きなようで、おかわりして食べている人もいました。
画像1

粗食給食

12月12日(水)、粗食給食を実施しました。
食べものの大切さを考えるために、1年に1回、おこなっているものです。
今年のメニューは、麦ごはん、焼きししゃも、野菜汁、麦茶です。
ししゃもは苦手な人が多いのですが、「嫌いだけどがんばって食べる!!」とチャレンジしていました。

昔の日本では、ごはんを中心に、野菜、魚、海藻を使ったおかずを食べていました。このような食事は、体に良い食事のかたちとして世界から注目されています。しかし現代の日本では、食事内容が欧米化し、たんぱく質や脂肪のとりすぎで、生活習慣病にかかる人が増えています。

反面、食料自給率は40%を下回り、多くの食料を輸入に頼っているのに、食品廃棄率はアメリカよりも多くなっています。

こんな現状に気づき、一人一人が食べものを大事にしようと感じてほしいものです。
画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/13 シュガートースト
ぎゅうにゅう
クリームシチュー
ビーンズサラダ
りんご
3/14 オレンジ
ぎゅうにゅう
むぎいりごはん
さけのしおやき
だいこんとはくさいのみそしる
ごまあえ
3/15 ぎゅうにゅう
キウイフルーツ
カレーライス
こまつなとじゃこのソテー
3/18 ?そつぎょう・しんきゅうおめでとうきゅうしょく?
給食献立
3/13 シュガートースト
ぎゅうにゅう
クリームシチュー
ビーンズサラダ
りんご
3/14 むぎいりごはん
ぎゅうにゅう
さけのしおやき
だいこんとはくさいのみそしる
ごまあえ
オレンジ
3/15 カレーライス
ぎゅうにゅう
こまつなとじゃこのソテー
キウイフルーツ
3/18 ?そつぎょう・しんきゅうおめでとうきゅうしょく?