市内の小学校から、不審電話についての情報が寄せられています。手口は、女の人の声でクラスの保護者を名乗り、他児童の電話番号を聞き出そうとするものです。各ご家庭でもご注意くださいますようお願いいたします。 

友好都市のメニュー(横手市)

2月20日は、厚木市の友好都市、秋田県の横手市にちなんだメニューです。
みそきりたんぽは、岩手出身の先生に教えていただいたメニューで、秋田県や岩手県などで食べられているそうです。きりたんぽといえば「きりたんぽ鍋」ですが、甘味噌を塗って焼いたみそきりたんぽもおやつ感覚で食べられているそうです。今回は、給食室で炊いたごはんをつぶし、わりばしにひとつひとつつけ、みそを塗ってオーブンで焦げ目をつけました。

かなり大きくできたのでボリュームがありましたが、みんなよく食べていました。

〜2月20日(水)のメニュー〜
五目うどん、牛乳、みそきりたんぽ、ブロッコリーのおかかあえ、ぽんかん
画像1

友好都市のメニュー(軍浦市)

2月15日は、厚木市の友好都市、韓国の軍浦市にちなんだメニューです。プルコギは、韓国料理の1つで、日本でいえばすき焼きのような料理です。にら、にんじん、たまねぎなどの野菜と肉を炒め合わせて作ります。今回は、韓国の調味料「コチュジャン」を使って作りました。甘辛い味でごはんがすすみ、おいしかったです。

キムチスープは、ちょっと辛めの出来上がりでしたが、辛いものが苦手な子もなんとか食べていました。
韓国の食文化を、ちょっとだけ体験できました☆

〜2月15日(金)のメニュー〜
麦入りごはん、牛乳、韓国のり、プルコギ、キムチスープ、オレンジ
画像1

友好都市のメニュー(網走市)

2月8日(金)は、厚木市の友好都市、北海道の網走市にちなんだメニューです。
みそラーメンは、北海道の札幌市で生まれたそうです。寒さが厳しい北海道では、こってりしたみそラーメンはからだが温まってとても喜ばれたそうです。いももちも、北海道でよく食べられています。ゆでてつぶしたじゃがいもに、片栗粉を混ぜてよく練り、平たい丸形にしたものを、焼いたり揚げたりして食べます。本来は、フライパンでバターをたっぷり使って焼くとおいしいのですが、給食ではできないので今回は揚げました。たれとよくからんでおいしかったです。

〜2月8日(金)のメニュー〜
みそラーメン、牛乳、いももち、ぽんかん
画像1

1月のおたのしみ給食

1月28日は、1月のおたのしみ給食です。
今月は、「神奈川県の郷土料理」がテーマです。けんちん汁は、鎌倉の建長寺が発祥だと言われています。本来は肉を使わない精進料理のひとつですが、給食では鶏肉や豚肉を使っています。細切り昆布から出る「だし」がとてもおいしいです。

五目おこわに使ったもち米は、5年生が総合の学習で育てていたもち米です。もちつきよりも一足早く味わいました。みかんゼリーに使われているみかん果汁も神奈川県産のものです。神奈川県ではいろいろな野菜やくだものが生産されていることにも気づいてもらえたら、と思います。

〜1月28日(月)のメニュー〜
五目おこわ、牛乳、えびシューマイ、けんちん汁、切り干し大根のピリ辛、みかんゼリー

画像1

給食週間その6

1月25日は、千葉県の郷土料理です。

千葉県ではいわしやあじなどの魚や、あさりなどがたくさんとれ、また捕鯨基地があるためか、くじらもよく食べられてきたそうです。また、ピーナッツも特産品として知られています。

ほかにも、にんじんやほうれんそう、だいこんなどの農産物も全国トップクラスの生産量で、農業のさかんな県でもあります。

千葉県はびわの栽培もさかんですが、これには昔、びわの栽培にくじらの皮や骨が肥料として使われてきた背景があるそうです。無関係に見えるものでも、意外なつながりがあるのですね。

〜1月25日(金)のメニュー〜
麦いりごはん、牛乳、くじらのオーロラソース、いわしのつみれ汁、ピーナッツ和え

画像1

給食週間その4

1月24日は、昔の給食をイメージしたメニューです。

厚木の給食で「やきそば」というと、中華麺の上にどろっとしたあんかけがのっている、あんかけやきそばのことをさします。このメニューは、いつからかははっきりしませんが、おそらく昭和50年代ごろからずっと引き継がれています。

自校給食方式からセンター給食方式になり、また自校給食の学校ができて、メニューもどんどん新しいものが入ってきます。やきそばは、そんななかでも変わらない人気のメニューです。親子ともども味わっているおうちも少なくないと思います。

インディアンサラダも、厚木の給食に昔からあるメニューです。今回は、1年生からいただいた大豆を使いました。先生方からは「なつかしい〜」という声も聞かれましたが、子どもたちには新鮮だったようで、賛否両論といった感じでした。

給食週間中は、異学年のクラスが一緒に給食を食べる「交歓給食」が行われています。
緊張してしまっていつもより静かに食べるクラスや、あまり気にせずいつもどおりなクラス、盛り上がってとてもにぎやかになるクラスなど、毎日雰囲気が違っておもしろいです。

〜1月24日(木)のメニュー〜
やきそば、牛乳、インディアンサラダ、オレンジ
画像1
画像2

給食週間その3

1月23日は、愛知県の郷土料理です。愛知県の名古屋市近辺では、独特の色の濃い「豆みそ」が多く作られていて、料理にも多く使われています。「みそ煮込みうどん」は、豆みそを使った代表的な料理のひとつで、名古屋市でよく食べられています。
普段使っているみそとはちょっとちがった香りがあり、中には違和感がある人もいたようですが、「このみそ好き〜♪」といっておかわりして食べる人もいました。
いつもとちがう食文化にふれてみるのも、貴重な体験のひとつだと感じました。

手羽先のからあげもカラッと揚がって、みんな骨をじょうずに外しながら食べていました。

おにまんは、地場のさつまいもを使って手作りしました。とても甘いさつまいもで、こちらもよく食べていました。


〜1月23日(水)のメニュー〜
おにまん、牛乳、みそ煮込みうどん、手羽先のからあげ、ごまあえ
画像1

給食週間その2

 1月22日は、東北地方の郷土料理です。
 せんべい汁は、すっかり有名になった青森県の郷土料理です。汁物用につくられた「かやきせんべい」を割って汁に入れて作ります。だしがよくしみておいしいです。

 給食のせんべい汁も、しっかり汁を吸ったせんべいがおいしく、いつも大人気で、ほとんど残らないクラスが多いです。
 わかめのごま油炒めは、岩手出身の先生に教えていただいたメニューです。岩手は若めやこんぶを使った料理をよく食べるそうです。こちらも残食はとても少なかったです。

 すこし欠席が多くなってきましたが、しっかり食べて、元気に過ごしてほしいと思います。

〜1月22日(火)のメニュー〜
麦入りごはん、牛乳、いかの香味焼き、せんべい汁、わかめのごま油炒め、りんご
画像1

給食週間その1

1月21日から、給食週間が始まります。最初のメニューは、九州地方の郷土料理です。
さつま揚げは、鹿児島県が昔薩摩藩だったことからそう呼ばれていますが、鹿児島の人は「つきあげ」や「つけあげ」と呼ぶそうです。今日はひじき・ごぼう・にんじん・さやいんげんを混ぜて作りました。
「タイピーエン」は熊本の名物料理のひとつです。本来はもっとたくさん春雨を使うのですが、給食だとのびてふやけてしまうので少なめにしました。豚肉・えび・きくらげなどのだしが出ておいしかったです。

 九州は海も山もあっておいしい食べものが豊富です。郷土料理もたくさんあります。
 ぜひ、本場の料理を食べてみたいですね!

〜1月21日(月)のメニュー〜
麦いりごはん、牛乳、手作りさつまあげ、タイピーエン、もやしのあえもの、ぽんかん
画像1

1年生の大豆を使ったスープ☆

1月16日の給食のビーンズスープに、1年生が育てて収穫した大豆を使いました。
1年生が育てた大豆は、いつも使う大豆に比べると少し細長くて、やわらかくてとてもおいしいです。

今年もたくさんいただいたので、あと2回くらい給食に使えそうです。

1年生のみなさん、ありがとうございました☆

〜1月16日(水)のメニュー〜
ぶどうパン、牛乳、白身魚フライ、ブロッコリーのサラダ、ビーンズスープ
画像1

3学期最初の給食☆

1月11日(金)から、3学期の給食がはじまりました。最初のメニューは、お正月にちなんで厚木風雑煮、豆入りきんとん、ぶりの照り焼きなどおめでたい料理を集めてみました。
豆入り栗きんとんは、白いんげん豆のペーストを入れたきんとんです。地場産のおいしいさつまいもを使って作ったので、甘さも舌ざわりもよい加減で、とてもおいしくできました。
子どもたちも「きんとんすっごくおいしかったよ!」と言っていました。みんな、久しぶりの給食をたくさん食べていて、残食もとても少なかったです。

〜1月11日(金)のメニュー〜
麦入りごはん、牛乳、ぶりの照り焼き、厚木風雑煮、豆入り栗きんとん、みかん

画像1

12月のおたのしみ☆

12月18日(火)は、12月のおたのしみ給食です。

今月は、クリスマスにちなんだメニューです。フライドチキンは、とりのむね肉に、しょうが、にんにく、カレー粉、しょうゆなどで下味をつけて揚げました。
子ども達は、一口かじって「カレーの味だ!」とよろこんでいました。

サラダのにんじんも、調理員さんが星とハートの形にしてくれました。ブロッコリーの芯も星型になっていたのですが、中には「メロンが入ってる!」と勘違いする子も・・・

ケーキは事前に2種類から選んでもらったものです。どちらを選んだ子も、「おいしいね」といいながら楽しんで食べていました。

2学期の給食もこれで終了です。締めくくりにふさわしく、残食もとても少なかったです。

〜12月18日のメニュー〜
シーフードピラフ、牛乳、フライドチキン、ブロッコリーのサラダ、野菜スープ、ケーキ


画像1

冬至とかぼちゃ

12月14日(金)のメニューは、麦入りごはん、牛乳、すきやき、かぼちゃの甘煮、りんごです。

12月21日の冬至にちなんで、一足早くかぼちゃの甘煮を作りました。
冬至は、1年で一番、昼の時間が短い日です。昔から、冬至の日にかぼちゃを食べると、かぜをひかないと言われてきました。確かに、かぼちゃには風邪予防に役立つビタミンAやビタミンEが多く含まれています。栄養学が発達していなかった昔の時代でも、ちゃんと昔の人はわかっていたのですね。

給食では鍋で煮ることはできないので、オーブンを使って甘煮を作っています。煮崩れせずに大量に作ることができます。

子ども達もかぼちゃは好きなようで、おかわりして食べている人もいました。
画像1

粗食給食

12月12日(水)、粗食給食を実施しました。
食べものの大切さを考えるために、1年に1回、おこなっているものです。
今年のメニューは、麦ごはん、焼きししゃも、野菜汁、麦茶です。
ししゃもは苦手な人が多いのですが、「嫌いだけどがんばって食べる!!」とチャレンジしていました。

昔の日本では、ごはんを中心に、野菜、魚、海藻を使ったおかずを食べていました。このような食事は、体に良い食事のかたちとして世界から注目されています。しかし現代の日本では、食事内容が欧米化し、たんぱく質や脂肪のとりすぎで、生活習慣病にかかる人が増えています。

反面、食料自給率は40%を下回り、多くの食料を輸入に頼っているのに、食品廃棄率はアメリカよりも多くなっています。

こんな現状に気づき、一人一人が食べものを大事にしようと感じてほしいものです。
画像1

11月のおたのしみ☆

11月22日は、11月のおたのしみ給食です。今月は23日の「勤労感謝の日」にちなみ、秋のめぐみをたっぷり使ったごはんと、お米の粉が入ったお米のムースを使ったメニューです。

「秋の香りごはん」は、しめじ、にんじん、ごぼう、油揚げを使った具と、さつまいもを小さく切って素揚げしたものを混ぜています。手間がかかりますが、おいしさは格別で、低学年の子も「おいもおいしい〜」と言って食べていました。

お米のムースも大人気で、「どこで売ってるの?」という声が多く聞かれます。中にはわざわざ聞きに来る子も・・・。
「ごめんね、給食でしか買えないから、お店では売ってないんだよ。」と言うとガッカリ・・・
「給食でしか食べられない」からこそ、余計おいしく感じるのだと思います。

〜11月22日のメニュー〜
秋の香りごはん、牛乳、焼きとり、水菜のスープ、磯香和え、お米のムース


画像1

しょうゆラーメン&ひじきの春巻き

11月14日(水)のメニューは、しょうゆラーメン、牛乳、ひじきの春巻き、みかんです。

1週間ほど前のこと、一緒に給食を食べていた子が「早く14日にならないかなあ〜」と言うので「どうして?何かあるの?」と聞くと「だってしょうゆラーメンなんだもん!!」と目を輝かせていました。こんなに楽しみにしてくれているなんて・・・とうれしい気持ちになりました。

当日もとてもおいしく出来上がり、予想どおり残食も少なかったです。給食のラーメンは具だくさんで、お店や家で食べるラーメンとはまた違ったおいしさです。

ひじきの春巻きは、見た目が黒くてどうかな・・・と心配でしたが、思ったほど気にもならないようでよく食べていました。鉄分や食物繊維たっぷりのひじきを、いろいろな料理に使っていきたいと思い実施してみました。でもやっぱり「煮物のほうが好き」という人も少しいましたが・・・。
この日は調理員さんも朝早くからフル稼働で準備をして、1つ1つ春巻きを巻いてくれました。おいしい給食を毎日作ってくださる調理員さんに、いつも感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。
画像1

11月のパクパクあつぎ産デー

11月2日(金)は、11月のパクパクあつぎ産デーです。
この日はパクパクの日にふさわしく、給食で使った野菜すべてが地場産でした。

とても立派に育ったさつまいもを使ったさつま汁は、野菜のおいしさとさつまいもの甘さがつまって、とてもおいしくできあがりました。味はよかったのですが、子どもたちのなかにはさつまいもが入った汁物は苦手な人も見られ、少し残念でした。

鮭も脂がよくのっていて、みんな喜んで食べていました。鮭は、給食で出る魚の中でもダントツの1番人気です。

〜11月2日のメニュー〜
麦入りごはん、牛乳、鮭の塩焼き、さつま汁、こんにゃくのおかか煮

画像1

ハロウィン★

10月31日は、ハロウィンにちなんでかぼちゃのタルトを作りました。裏ごしのかぼちゃに生クリーム、砂糖、卵、バターを混ぜ、タルトカップに流し入れてオーブンで焼きます。
中身は甘さ控えめで、甘いタルトカップと食べるとちょうどよくなりとてもおいしかったです。

最近、日本でもさかんにイベントなどが行われるようになったハロウィンですが、もともとはイギリスあたりで行われていたキリスト教の宗教行事だったそうです。でも今ではもっともさかんなのはアメリカで、アメリカ人ですらもよく発祥は知らないようです。
11月1日はキリスト教の「万聖節」という日です。10月31日はこの前日で、この日は日本でいえばお盆のように、死者の霊がこの世に戻ってくると言われていました。そのあたりから、この日におばけやミイラの仮装をするようになったのでは、と考えられています。

ハロウィンの象徴にもなっているかぼちゃのお化けは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれています。なぜかぼちゃなのかは、アイルランドの言い伝えに関係しているということです。興味のある人はぜひ調べてみてくださいね!

〜10月31日のメニュー〜
きのこクリームスパゲッティ、牛乳、フレンチサラダ、かぼちゃのタルト
画像1

友好都市のメニュー〜中国揚州市〜

10月23日(火)は、厚木市の友好都市、中国の揚州市にちなんだメニューです。
揚州市は中国東部の江蘇省にある、2500年の歴史を持つ都市です。

揚州で有名な料理はチャーハンです。今、日本でよく食べられているチャーハンは、揚州市が発祥だそうです。「揚州炒飯」というメニュー名を看板にしている店もあります。
今日の給食もチャーハンにしました。給食ではごはんを炒めて作ることができないので、具を別に炒め、炊きあがったご飯に混ぜています。みんなチャーハンが大好きで、ほとんど残食がありませんでした。

シューマイは中国料理のなかでは「点心」と呼ばれ、おもにおやつや軽食として食べられます。日本では春巻きやぎょうざなどもご飯のおかずにもしますが、本来は間違った食べかたのようです。

中国の料理は歴史も古く、また地方によってまったく違った特徴もあって本当に奥の深さを感じます。いろいろな中華料理を給食でも取り入れていきたいと思っています。

〜10月23日のメニュー〜
チャーハン、牛乳、えびシューマイ、もやしの和え物、春雨スープ
画像1

10月のパクパクあつぎ産デー(2回目)

10月16日(火)は、10月2回目のパクパクあつぎ産デーです。
高野豆腐と野菜の煮物に使っているだいこんと、のりごま和えのこまつなが、依知でとれた野菜です。

高野豆腐は、凍り豆腐の別名で、豆腐をいったん凍らせてから解凍し、乾燥させたものです。豆腐の栄養が凝縮されて、たんぱく質やカルシウム、鉄分などを多く含んでいます。
あまりなじみがない子もいますが、今日はじゃがいももたくさん使っているので、あまり目立たずに食べやすかったようです。

きのこおこわも、ちょっと甘めで食べやすかったようで、おかわり続出でたくさん食べていました。

〜10月16日(火)のメニュー〜
きのこおこわ、牛乳、高野豆腐と野菜の煮物、のりごま和え、りんご
画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
学校行事
3/13 シュガートースト
ぎゅうにゅう
クリームシチュー
ビーンズサラダ
りんご
3/14 オレンジ
ぎゅうにゅう
むぎいりごはん
さけのしおやき
だいこんとはくさいのみそしる
ごまあえ
3/15 ぎゅうにゅう
キウイフルーツ
カレーライス
こまつなとじゃこのソテー
3/18 ?そつぎょう・しんきゅうおめでとうきゅうしょく?
給食献立
3/13 シュガートースト
ぎゅうにゅう
クリームシチュー
ビーンズサラダ
りんご
3/14 むぎいりごはん
ぎゅうにゅう
さけのしおやき
だいこんとはくさいのみそしる
ごまあえ
オレンジ
3/15 カレーライス
ぎゅうにゅう
こまつなとじゃこのソテー
キウイフルーツ
3/18 ?そつぎょう・しんきゅうおめでとうきゅうしょく?