市内の小学校から、不審電話についての情報が寄せられています。手口は、女の人の声でクラスの保護者を名乗り、他児童の電話番号を聞き出そうとするものです。各ご家庭でもご注意くださいますようお願いいたします。 

友好都市のメニュー(横手市)

2月20日は、厚木市の友好都市、秋田県の横手市にちなんだメニューです。
みそきりたんぽは、岩手出身の先生に教えていただいたメニューで、秋田県や岩手県などで食べられているそうです。きりたんぽといえば「きりたんぽ鍋」ですが、甘味噌を塗って焼いたみそきりたんぽもおやつ感覚で食べられているそうです。今回は、給食室で炊いたごはんをつぶし、わりばしにひとつひとつつけ、みそを塗ってオーブンで焦げ目をつけました。

かなり大きくできたのでボリュームがありましたが、みんなよく食べていました。

〜2月20日(水)のメニュー〜
五目うどん、牛乳、みそきりたんぽ、ブロッコリーのおかかあえ、ぽんかん
画像1

友好都市のメニュー(軍浦市)

2月15日は、厚木市の友好都市、韓国の軍浦市にちなんだメニューです。プルコギは、韓国料理の1つで、日本でいえばすき焼きのような料理です。にら、にんじん、たまねぎなどの野菜と肉を炒め合わせて作ります。今回は、韓国の調味料「コチュジャン」を使って作りました。甘辛い味でごはんがすすみ、おいしかったです。

キムチスープは、ちょっと辛めの出来上がりでしたが、辛いものが苦手な子もなんとか食べていました。
韓国の食文化を、ちょっとだけ体験できました☆

〜2月15日(金)のメニュー〜
麦入りごはん、牛乳、韓国のり、プルコギ、キムチスープ、オレンジ
画像1

友好都市のメニュー(網走市)

2月8日(金)は、厚木市の友好都市、北海道の網走市にちなんだメニューです。
みそラーメンは、北海道の札幌市で生まれたそうです。寒さが厳しい北海道では、こってりしたみそラーメンはからだが温まってとても喜ばれたそうです。いももちも、北海道でよく食べられています。ゆでてつぶしたじゃがいもに、片栗粉を混ぜてよく練り、平たい丸形にしたものを、焼いたり揚げたりして食べます。本来は、フライパンでバターをたっぷり使って焼くとおいしいのですが、給食ではできないので今回は揚げました。たれとよくからんでおいしかったです。

〜2月8日(金)のメニュー〜
みそラーメン、牛乳、いももち、ぽんかん
画像1

1月のおたのしみ給食

1月28日は、1月のおたのしみ給食です。
今月は、「神奈川県の郷土料理」がテーマです。けんちん汁は、鎌倉の建長寺が発祥だと言われています。本来は肉を使わない精進料理のひとつですが、給食では鶏肉や豚肉を使っています。細切り昆布から出る「だし」がとてもおいしいです。

五目おこわに使ったもち米は、5年生が総合の学習で育てていたもち米です。もちつきよりも一足早く味わいました。みかんゼリーに使われているみかん果汁も神奈川県産のものです。神奈川県ではいろいろな野菜やくだものが生産されていることにも気づいてもらえたら、と思います。

〜1月28日(月)のメニュー〜
五目おこわ、牛乳、えびシューマイ、けんちん汁、切り干し大根のピリ辛、みかんゼリー

画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31