学校教育目標  かしこく やさしく たくましく

校長室から(3/15)


 3月11日の東日本大震災は、その被害の大きさ、悲惨さ、深刻さが、日増しに大きくなり、悲しみと共に、自然の驚異をあらためて感じざるを得ません。亡くなってしまった方のご冥福を祈るとともに、被災者の救護、そして行方不明者の発見や、救助を待っている方々の一刻も早い救出を願わずにいられません。
 当日学校では、5時間目が終わり、低学年は帰りの支度、高学年は6時間目のはじめでした。校舎の大きな揺れで、子どもたちは担任の指示の元、普段訓練している通りいすの下にもぐったり、校庭ではその場にしゃがみ込んだりして、全員、安全に身を守ることができました。年に数回避難訓練を行っていますが、その成果が発揮されました。揺れの大きさと、その後の異常な雰囲気で、気分が悪くなってしまった子もいましたが、比較的落ち着いて行動できたと思っています。緊急の集団下校と、一部引き渡しの態勢で全員を家庭に返しました。
 今後、関東地方にも同じような地震がやって来る可能性もあります。そのための避難訓練を更にしっかりとやっていく必要があります。今回、家族となかなか連絡が取れなかった児童が数名いましたが、家庭でも、いろいろな場合を想定して話し合っておくことも大事かと思います。
電力不足による計画停電の影響で、市内全小中学校の給食が中止となりました。6年生は最後のバイキング給食が中止になり残念でしたが、被災地の苦しみを考えたらこれくらいのことは我慢しなくてはならないでしょう。
 3学期もあと1週間。ここにきて、インフルエンザで6年生が学年閉鎖、3年1組が学級閉鎖となりました。あとは卒業式、修了式をいかにしっかりやって22年度を締めくくるかが大きな課題です。児童とともにがんばります。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

学校だより

保健だより

学年だより1年

学年だより2年

学年だより3年

学年だより4年

学年だより5年

学年だより6年