学校教育目標  かしこく やさしく たくましく

5年生から

画像1
今週はくもりや雨の日が続いています。
大地や植物、人にも雨は欠かせないものです。
晴れた日も気持ちがいいですが、小雨の日も雨音に耳を澄ましてみると気持ちがいいですね。読書などに集中できそうです。

5年生の理科では、「天気の変化」で雲の様子を観察します。
ワークシートのおうちからの観察は終わりましたか?
雲にはいろいろな種類があります。学校からも写真を撮ってみました。

1枚目は先週の金曜日の写真です。教科書P10にも載っている「高積雲」を発見して思わずシャッターを切りました。雨を降らせる雲と紹介されているとおり、次の日には雨が降りましたね。

2枚目は今週の月曜日の写真です。雨が降っているので、雲が空を覆っています。

3枚目は、今年の1月8日始業式の正午の写真です。みんなが雨の中下校したあとに晴れ間が出て、大きな虹が架かっていました。大きな虹を見ると自然の偉大さを感じますね。

「夕焼け空は明日晴れ」「ツバメが低く飛ぶと雨」など昔の人の知恵から生まれた天気のことわざがあります。
他にもたくさんの天気のことわざがあるので、ことわざとその意味を調べてノートにまとめてもいいですね。
まとめたらぜひ登校したときに先生に見せてください。


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30