分散登校中における朝の検温及び御家庭での健康観察をお願いします!

水田2

 お借りしている水田に水が入りました。今日は田植えをする方が多いのだと思います。水は水田にとって命の水です。6年生が来週代掻きをします。田植えも待っています。
画像1

かわりゆく戸田60

鉄塔が三分の二ほどになりました。
画像1
画像2
画像3

ドッコイフェスティバル

 今日29日,芝田山部屋の力士の方三名が戸田小にいらっしゃいました。子どもたちと相撲をとりました。子どもたちは笑顔でとてもうれしそうでした。
 にこにこいっぱいの笑顔は,みんなを元気にします。とても素晴らしい体験となりました。
画像1
画像2
画像3

かわりゆく戸田59

画像1
画像2
 高圧線鉄塔の解体が始まりました。鉄塔の最上部にはクレーンが設置されました。二枚目の写真は29日朝です。上のアームがなくなっています。

かわりゆく戸田58

画像1
 第二東名高速の相模川を渡る橋が厚木市側につながりました。少しだけ斜めになっているようです。カーブをしながら川を渡るようです。
これから,上戸田方向に延びていくのでしょう。

カルガモ

 上落合から桜並木の通りに,カルガモがいました。消防学校側の塀から何か小さな生き物が飛び降りているのが見えました。近づいてみるとカルガモの親が子どもたちを連れて田の方に向かって,道路を渡ろうとしていました。車が多いので心配でしたが,みな無事にわたりました。

画像1
画像2
画像3

学校農園

画像1
 ズッキーニを育てています。ズッキーニはキュウリに似ていますが,カボチャの仲間です。花も食べられるそうです。くきや葉にはとげがいっぱいあって,素手で触るととても痛いです。そのような経験も大切ですが,収穫のときには手袋をつけます。

平塚市総合公園

 天気に恵まれ,汗ばむ陽気の中子どもたちは元気いっぱい楽しいひと時を過ごしました。ふれあい動物園にも行ったようですが,カラスがお弁当やおやつをねらっているので私は見張りをしていました。
 巡回している警備員のおはなしでは,カラスはリュクサックごとくわえて飛んでいくそうです。どんなカラスかと思えば,羽を広げれば子どもたちの伸長をはるかに超えるくらいの大きなカラスです。リュックをねらって,リュックの上の枝にとまっています。追い払っても様子をうかがいながらまたやってきます。
 リュックを取られることもなく,おいしいお弁当を食べることができました。

画像1
画像2
画像3

紅花栄

 5月26日は七十二候の紅花栄です。ベニバナがさかんに咲くころという意味です。昭和57年に山形県の県の花として指定されています。
 山形県のWEBを見たところ,7月ごろに咲くそうです。
画像1

彩雲

画像1
 3校時終了のころ校庭で体育をしている2年生が,珍しい雲だ〜と,しきりに空を見あげていました。太陽の周りに虹があるっ,きれい〜,と話していました。  
 彩雲自体はそれほど珍しい現象ではないのだそうです。ただ,私たちはいつも空を見上げているわけではないので,見つけるととても得した気持ちになりますね。

学校農園3

画像1
 キュウリの花です。キュウリの実がすでにできていました。黄色の花です。ナスと同じでキュウリにもとげがいっぱいです。スーパーなどではキュウリのとげがないものが多いですね。

蚕起食桑

 5月21日から七十二候の蚕起食桑です。蚕起きて桑を食むという意味です。蚕を育てている家庭は戸田にはあるのでしょうか。桑畑を見かけることがないので,戸田周辺ではないのかもしれません。
 私が小さいころは,桑の葉を摘むのが子どもの仕事でした。蚕は天井の部屋にありました。今風でいえばロフトですね。
 うちわの紙がはがれると,水できれいに洗って蚕をのせて,糸を張らせてうちわを作りました。
 厚木市には昔,養蚕の取引の場所があったそうです。愛川町には工場もあったそうです。海老名市にも繊維工場があったように記憶しています。
 今や何でもネットで購入できる時代です。蚕の飼育セットが販売していました。時代は変わったなと感じます。
画像1

学校農園2

画像1
 ナスの花です。2年生がナスを育てています。紫色のかわいらしい花が咲いています。ナスにはとげがあります。収穫をするときに痛いと感じることでしょう。このような経験もスーパーのナスでは気づきません。大切なことだと思います。

小満

5月21日から二十四節気の小満です。草や木が大きくなって生い茂るころという意味です。学校の木々も緑の葉が生い茂っています。木陰に入ると風がとても気持ちのよい季節となりました。
画像1

学校農園1

画像1
 ジャガイモの花です。じっくり見たことがないかもしれません。当たり前のようなことですが,種イモから成長して,花を咲かせるのですね。農業を営む方ならば遠くから見てもジャガイモだとわかります。でも,子どもたちは実際に触れて育てていかなければ記憶に残ることはありません。スーパーに並んでいるジャガイモがどのようにしてできるのか知ることがとても大切だと思います。
 体験はとても大切です。もう30年以上前のこと東京育ちの友達が,スイカは地面の中にできると思っていたそうです。今は笑い話ですが知らないと自分の子どもにも伝えられないですね。
 学校農園でおうちの方と一緒のご覧になってはいかがでしょうか。

竹笋生

5月16日から七十二候の竹笋生です。たけのこが生えてくるという季節だということです。筍のおいしい季節なのですね。少し前からたけのこをスーパーで見かけるようになりました。たけのこの横にはスイカが置いてあり,季節感を感じなくなってしまいました。旬の野菜や魚などを食べたいところです。
画像1

戸田小で出会う草花2

カキツバタです。黄色のカキツバタは珍しいですね。菖蒲とあやめとカキツバタはとてもよく似ています。水の多いところに育つのはカキツバタということです。

画像1

かわりゆく戸田57

県道の歩道橋の上から相川保育所方向をみた写真です。ちょうどインターチェンジの料金所の場所に当たります。重機が多いですね。基礎をつくっているところです。このような景色も今だけです。
画像1

かわりゆく戸田56

 下津古久から相川公民館に通じる道路が,片側通行となっていました。この辺りは厚木南インターチェンジ(仮称)の料金所付近となります。将来トンネルになるそうです。

画像1
画像2

合鴨と水田

水田にカモがいると,雑草を食べたり害虫を食べたりするそうです。糞は肥料となり,泳ぐことで土が混ざって養分をよく吸い込むのだそうです。合鴨農法なのかはわかりませんが,長沼の田にいたので写真を撮りました。
画像1
画像2
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
3/31 新学期準備(5年)
4/5 始業式、着任式、入学式、交通指導員・交通安全母の会役員来校
4/6 登校指導、短縮3校時

学校からのお知らせ

学校だより

戸田小の取り組み

1年生の配布文書

2年生の配布文書

3年生の配布文書

4年生の配布文書

5年生の配布文書

6年生の配布文書

学校運営協議会