自転車に乗るときには、ヘルメットをかぶりましょう。外出するときには、防犯ブザ―を携帯しましょう。

修了式 学校長の言葉

画像1
 おはようございます。少し寒い日が続いていますが、校庭の桜の花が咲き始め、暖かな春の季節を迎えようとしています。おととい、皆さんがたくさんお世話になった6年生が、戸室小学校を卒業していきました。とても立派に堂々と卒業していきました。とてもやさしいお兄さん、お姉さんでしたね。卒業式には、在校生を代表して5年生が出席し、お祝いとお別れの気持ちを伝えました。
 さて、今日は皆さんの修了式です。平成29年度の学校生活が終わります。先ほど、修了証をそれぞれの学年の代表のお友だちに渡しました。後ほど教室で担任の先生から一人一人に手渡してもらいます。この修了証には2つの意味があります。一つは、その学年で学習したことが全部終わりましたという「しるし」です。もう一つは、4月からは次の学年に進んでよいですよという「しるし」です。そういうしるしを戸室小学校のお友だち全員がもらうことができました。これは大変喜ばしいことです。
 教室で、修了証書の裏に書かれている「あゆみ」をよく見て、4月から、次の学年でどこを頑張ったらよいのかをしっかりと見つけてください。見つけるだけでなく「ようし、新しい学年になったら、ここを頑張ろう」という目標を考えてください。それが、校長先生からの宿題です。
 春休み中に注意することは、他にもありますが、後で児童指導の先生からお話ししてもらいますので、その注意もしっかり守って、新しい学年を元気に迎えましょう。
 最後にもう一つ話をします。1年間を締めくくるに当たって、お世話になった周りの人や物に感謝をすることです。1年間使ってきた教室、机、いす、下駄箱にもお礼をしてください。そして、お友だちや先生方に「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えてほしいと思います。
 実は、今日限りで戸室小学校とお別れするお友だちが3人います。
3年 組の     さん、1年 組の    さん、1年 組の    さん。お別れすることはとてもさびしいです。でも、4月にはまたすてきな出会いが待っています。どうか戸室小学校で教わったこと、学んだことを忘れずに、新しい学校でもしっかりとがんばってください。先生方とお友だちが応援していますよ。
 それでは、4月5日に1学年ずつ進級した皆さんが、元気に登校することを楽しみにしています。今の学年最後の校長先生の話がしっかりと聴けました。終わります。

戸室小の桜が満開です

画像1
画像2
画像3
 戸室小学校の校庭の桜が満開になり、今週が見頃です。

1年間を締めくくりました

画像1
 各教室で1年間のまとめを行った後、下校の時間になりました。
 昇降口では、先生や友だちに対して「ありがとうございます」「さようなら」と感謝の言葉を伝え合う様子が見られました。
 4月5日に、気持ちを新たに元気な笑顔で会いましょう。
 

5年生が新年度準備の手伝いをしてくれました

画像1
画像2
画像3
 23日の3・4校時を使い、現5年生と職員とで新年度の準備をしました。
 式場の整備、新1年生の教室の飾り付け、机や椅子の移動、校内清掃など、4月から最高学年になる5年生がとても一所懸命働いてくれました。

各教室で修了証書を渡しました

画像1
画像2
画像3
 各教室に戻り、担任の先生から修了証書が渡されています。修了証書の裏面はあゆみです。各学級で渡す方法に違いはありますが、一人一人に1年間の振り返りと励ましの言葉を添えながら渡しています。

平成29年度修了式

画像1
画像2
画像3
 3月23日、平成29年度修了式を行い、1年生から5年生までの各学年児童代表に授与しました。各教室で担任の先生から修了証書が渡されます。1年生代表児童がこの1年間努力したことと4月から頑張りたいことを立派に述べました。今日で今年度の教育活動がすべて終わり、4月から1つずつ学年が進級します。
 児童の皆さん、修了おめでとう。
  

新年度の準備は記名から

今日は修了式。
充実した1年でしたが、昇降口に傘の忘れ物です。
職員室で、傘が持ち主をお待ちしております。

新年度に向けて、持ち物には記名をお願い致します。
画像1
画像2
画像3

卒業証書授与式 学校長のことば

画像1
 柔らかな日差しに、桜の花が咲き始める季節になりました。生命の躍動する春です。
今日の佳き日に本校、平成29年度卒業証書授与式を挙行できますことを心から嬉しく思います。ご多用の中、本校の教育にいつも温かいご支援をいただいている多数のご来賓の皆様方のご臨席を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、第43回卒業生として、戸室小学校を巣立つ74人の皆さん、卒業おめでとう。
 今、皆さん一人一人に卒業証書を手渡しました。堂々と卒業証書を手にする皆さんの姿に、大きな成長を実感します。特にこの一年間、学校の最高学年として、下級生をリードしたたくさんの活躍を思い出します。春の運動会の表現種目、伝統の踊りを5年生に教え、ともに磨きをかけながら練習を積み重ね、当日の、黒シャツを砂で真っ白にしながらの、迫力ある熱演は見ている人の心を大きく揺さぶりました。日頃、ろうかで交わす六年生の笑顔と自然な挨拶。集団登校、フレンドタイムやたてわり清掃、大縄の練習などで、親切に後輩たちに声を掛ける姿。みんなで心を一つに集めて合唱する歌声。学級会でお互いの意見を聞き合い、折り合いをつけながら意思決定する話し合い。皆さんがたくさん経験してきたことは、温かく人を思いやる心から始まっていると思いました。
実は、皆さんが学んできた、この「人を思いやる心」こそ、これからの時代に人々が共に生き、社会や世界をつくっていく大切な基礎・基本なのです。
 2年後には東京オリンピック、パラリンピックが行われます。ますます多くの外国の人たちと交流する機会が増えることでしょう。情報技術が進み、少子高齢化などの激しい変化の時代を迎えます。世の中はさらに変わっていくことでしょう。皆さんは近い将来、そうした未来づくりに加わることになります。そのためには、多くの人たちと力を合わせながら学び続けることが必要になります。豊かな人間関係こそ、未来を切り拓いていく力となるのです。戸室小学校で学んだ「人を思いやる心」を土台にして、今の自分に「自信」をもち、「謙虚」な気持ちを忘れずに、「夢」に向かって中学校生活の新たな一歩を力強く踏み出していくことを願っています。

 6年生の卒業文集に、お祝いのメッセージを寄せました。私の文章の中に「人生の最短距離は直線ではない」という一文がありますが、これは、「日本で一番大切にしたい会社」と評価された近藤宣之さんという社長さんの言葉です。講演を聞き、著書を手に取り、ぜひ皆さんに伝えたいと思いました。皆さんのこれからの人生は決していいことばかりではありません。辛いこと、苦しいことが待ち受けていることでしょう。山あり谷ありで、回り道をしなければ進めないことも少なくないと思います。その時に「自分はまっすぐ進めなかった。取り返しがつかない」と考えることはありません。人生には直線の道はなく、遅かれ早かれ、誰もが回り道をするものなのです。実際、さまざまなジャンルで成功している人の話を聞くと、大変な苦労や挫折を経験しています。
「人生の最短距離は、直線ではない」。皆さんより少し先に生まれた人生の先輩の言葉を心にとめておいてください。
そして、私たちは、自分一人で生きているわけではありません。毎日の生活の中で、人を思いやること、誰かの役に立つこと、自分以外の人のことでも一生懸命になれることを、これからもたくさん学んでほしいです。

 結びになりましたが、保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、誠におめでとうございます。たくましく健やかに成長されたお子様の姿に感慨もひとしおのことと存じます。これまで本校のために数々のご支援ご協力をいただきましたことに心より感謝申し上げます。
 戸室小学校の校歌に
「みんななかよく 地球に生きる しあわせひらこう 進めよう」という一節があります。卒業生の皆さんにとり、幸せをひらく新しい出会いがあることを心より願い、卒業式のはなむけの言葉とします。卒業おめでとう。

第43回卒業証書授与式

画像1
画像2
画像3
 3月20日、多くのご来賓の皆様方のご臨席のもと、第43回卒業証書授与式を挙行いたしました。春本番が花冷えに転じた天候でしたが、厳かな雰囲気の中に心温まる門出の式になりました。背筋を伸ばし、堂々と卒業証書を受け取る姿、式辞や祝辞をしっかりと聴く態度、担任と交わす心の通った笑顔に6年間の成長を感じました。
 別れの呼びかけでは、思い出の中から選んだ言葉に加え、練習してきた五曲の歌を織り込んで歌いました。感謝の気持ちを込めた声が会場中に響き、卒業の喜びと別れの切なさの余韻を残していました。

戸室小の桜が開花

画像1
 17日に東京で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表されました。
 今朝戸室小学校体育館横の桜の花も開いていました。

春の便り

1枚目は中庭のフキノトウ(3/14撮影)    
2枚目は南門のハクモクレン(3/14撮影)     去年のモクレン
3枚目はバスケットゴール裏のコブシ(3/16撮影) 去年のコブシ

戸室からの春の便りです。
画像1
画像2
画像3

卒業証書授与式の予行練習

画像1
 16日、来週に迫った卒業証書授与式の予行練習を行いました。卒業する6年生も、在校生代表として出席する5年生も日ごとに気持ちが高まり、厳粛な雰囲気の中で練習をすることができました。

中学校の先生の授業を受けました

画像1画像2
 3月13日の6校時、南毛利中学校の先生がお二人来校し、6年生を対象に英語と理科の授業をしてくださいました。
 英語では歌の歌詞、理科では身近な器具を取り入れた実験の授業に、6年生は興味津々でした。中学の学習に向かう意欲的な気持ちがさらに高まった様子でした。

卒業の前に6年生と会食

画像1
 2月の頃、学習の森で6年生全員と7回に分けて会食をしました。
 給食を食べながら、将来の夢や中学校への期待や不安、小学校生活の思い出を話してもらいました。
 6年生から、大切な楽しい時間のプレゼントをもらいました。

6年生を送る会(3)

画像1画像2画像3
2年生の出し物は、「2年生の一日」を表現しました。音楽のこぎつねの歌、国語のスイミ−の音読、算数のかけ算九九、体育のダンスと6年生が懐かしい2年生の様子を再現していました。最後は、エールも送り楽しい出し物となりました。5年生は、「ありがとうのメッセ―ジ」を題に、6年生からアンケ−トを取ったものをクイズにし、みんなで6年生の気持ちを考えました。また、教えてもらったソ−ランを6年生と一緒に踊り、体育館中に響きました。6年生からは、お礼として、合唱とエ−ルをしました。気持ちを込めた合唱に皆聴き入り、温かい気持ちになりました。6年生が退場した後、その後ろ姿に向かって、在校生の「ありがとうございました。」の声が体育館中に響き、思いを伝える素晴らしい会が終わりました。

6年生を送る会(2)

画像1画像2画像3
6年生を送る会では、毎回、各学年が素晴らしい出し物をしてくれます。トップバッタ−の3年生は、「にゃんこパフスタ−」と題した、縄跳び、合奏、歌を披露しました。縄跳びから今はやりのにゃんこスタ−が出てきたときは、歓声が上がりました。6年生が歌っているオリジナル曲「ぬくもり」を3年生が歌ったとき、6年からも他の学年からも歌う声が聞こえ、素晴らしい合唱となりました。1年生は、「あなたに会えてよかった」を題に、リズミカルな群読やグッディグッバイを手話をつけて歌いました。1年生が6年生を一人一人名前を呼ぶ場面もあり、お世話になった6年生への感謝の気持ちが表れていました。4年生は、「ビックファミリ−・ブリッジ」と題し、クイズや群読、歌のプレゼントをしました。クイズでは、6年生の担任の名前の漢字間違見つけがあり、みんな盛り上がりました。

6年生を送る会(1)

画像1画像2画像3
今日は、6年生を送る会がありました。実行委員を中心に各クラス、6年生への感謝の気持ちを表そうと、準備を進めてきました。クラスの出し物の合間の間には、実行委員が考えたクイズがあったり、全校で気持ちを込めて歌ったりと短く感じた2時間でした。また、実行委員も、とても上手に進行をしていました。

4・5年生 自然教室(16) 解散式<最終>

画像1画像2
無事に学校に帰ってきました。実行委員の子どもたちも大変よく頑張りました。みんなで協力し、自分の仕事も責任を持って取り組めた素晴らしい2日間になりました。

4・5年生 自然教室(15)退所式

画像1画像2画像3
2日間の自然教室の締めくくりは退所式です。めあてにそって一人一人が楽しい思い出、充実した思い出を残すことができました。戸室小らしく、最後は素敵な歌声と感謝の挨拶で2日間を締めくくりました。さあ、学校まであと少し頑張りましょう。

4・5年生 自然教室(14)4年昼御飯

画像1画像2画像3
七沢最後のお昼です。食事係も3回目なので準備も上手になりました。美味しいカレーをたくさん食べました。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校だより

日課表

戸室小豆知識