ひびきあう学校──玉川小──で育つ子どもたちの姿をご覧ください

子どもたちからのプレゼントに頬が緩む──2学期を終えて

画像1
校長の高澤です。

12月24日、2学期の終業式でした。「『しんじる』──2学期終業式」でも紹介しましたが、子どもたちにクリスマスプレゼントとして「私は、玉川小の先生たちは、きみたちを信じているよ」との言葉を贈りました。

そうすると、下校時にとてもうれしいプレゼントをもらいました。昇降口から出てくる玉小生から次々と挨拶がこちらに届きます。「さようなら」という言葉もありましたが、断然多かったのは「よいお年をお迎えください」「よいお年を!」「よいお年を……」のことばです。

「よいお年をお迎えください」、小学生が大人にするにしてはちょっとオシャマな挨拶ですが、きっと担任の先生からのアドバイスもあったのでしょう。また、終業式の閉式の言葉で教頭先生が「あ(かるく)・い(つも)・さ(きに)・つ(づけよう)」の挨拶4原則(?)に触れながら、家族や友達、先生たちへの挨拶を呼び掛けたことも子どもたちの背中を押したのかもしれません。また、ご家庭で「今日の帰りの挨拶は『よいお年を』だよ」とお話があったことも考えられます。

挨拶の贈り物をもらった私は、慌てて「よいお年を!」「8日にまた会おうな!」と返事しながら、頬が緩み、心が温かくなりました。子どもたちは確実に成長しています。

このように子どもたちが心も体も大きくなっているのは、本人たちのひたむきな努力もありますが、家庭のみなさん、ふるさと玉川のみなさんが私たちと連携して、それぞれの立場から子どもたちを応援しているからこそです。

みなさん、どうもありがとうございます。今後も互いに肩を組み、未来を担う玉小生を応援していきましょう。

それでは、よいお年をお迎えください。

「しんじる」──2学期終業式

画像1
12月24日は2学期の終業式です。朝の体育館に全員が集まり、静かに式が始まりました。校長の話は「みなさんを信じている」です(概要は後で示します)。

児童代表の言葉は今学期は4年生と2年生でした。それぞれ2学期の取組を振り返り、七沢宿泊学習やうどんづくりの話もありました。また、3学期に向けての抱負もいくつかあり、その一つが「6年生を笑顔で送り出したい」です。

児童指導の先生からは「安全」と「お手伝い」の話があり、また、式を終えた後には、市マラソン大会などの表彰がありました。

校長の話の概要は次のとおりです。
+++++++++++++++
Good morning, everyone. It is the last day of the 2学期, and we have Christmas Eve tonight. So I have a Christmas present to you. This is the present of a word. 「しんじる」

わたしは君たちを信じています。先生たちもきみたちを信じています。口で言うだけではありません。証拠はたくさんあります。

たとえば、担任の先生からお話があったかもしれませんが、体育で使う番号、ピブスなどの置き場所が変わりました。今は、君たちの昇降口に置いてあります。すぐに校庭に持って出られるので、君たちにとっても、先生たちにとってもとても便利です。

でも、もし悪いことを考える人がいて、あの道具を勝手に持ち出したり、破ったりすることがあったら大変です。あの場所に置いてあると、そんなことが起こるかもしれません。では、なぜ、あの場所に置くことにしたのでしょうか。それは、私、そして先生たちが君たちを信じているからです。「あそこに置いていても、いたずらする人はいない」と信じているからです。

他にも証拠はあります。環境生活委員会の仕事の一つに廊下の掲示物、ポスターなどの貼り換えがあります。環境生活委員のみなさん、ご苦労様。玉川小の廊下にはいろいろなものが貼ってあります。図画工作の作品や書写の作品も置いてあります。みなさんにとっては当たり前のことかもしれません。しかし、そうではありません。もし、ポスターにいたずらをする人がいたり、作品を壊す人がいたりしたら、大変です。そんな人がいたら、みなさんが一生懸命に作った作品を廊下などには置けません。ポスターも貼れません。しかし、玉小の廊下には作品が置いてあり、ポスターが貼ってあります。先生たちが、君たちを信じているからです。

今朝、1・2年生が校庭でドッジボールをしていました。私は横で見ていて、終業式に間に合うかなと心配になりました。しかし、今の1・2年生なら自分で判断できるだろうとも思い、「今日は終業式だから、整列に間に合うようにあと5分かな」と声を掛けました。すると、5分経たないうちに「そろそろ戻ります」「僕も教室に」などと自分から言って、次々に引き上げていくではありませんか。「さあ、戻ろう」などと指示せずに1・2年生の成長を信じてよかったと思います。

もちろん、人間は失敗をします。また、助けが必要な時には、先生たちは手助けをします。でも、忘れないでください。体育で使うピブスは昇降口に移しました。それは、私が、先生たちが君たちを信じている証拠です。君たちは信じられています。

そんな君たちが冬休み、どんなふうに過ごすのかとても楽しみです。次に玉川小で君たちに会うのは1月8日です。その日を楽しみに待っています。
+++++++++++++++

相手が悲しむことは言わない、これはすぐできる──12月の朝会 校長の話

画像1画像2
校長の高澤です。12月初めは人権旬間ですので、12月4日の朝会ではこんな話をしました。最後に子どもたちと一緒に「頭でどう思っていても」「相手が悲しむことは」「言わない、やらない」「これはすぐできる」と唱和したときには、心が熱くなりました。


(見えないようにピーマンの絵を持って登場)
Good morning, everyone. I have a picture of something. What is this? (少しずつ絵を見せる)
Yes, it is a pimento, ピーマン。
私は今ピーマンが好きですが、小学生のころは嫌いでした。みなさんはどうですか。好きだったらグー、嫌いだったらパー、わからない人はチョキで上げてみましょう。どうぞ。

さて、ピーマンが嫌いだった小学生のある日、夕飯にピーマンが出ました。酢豚という料理だったような気がします。私の母が心を込めて作った料理です。でも、私はピーマンが嫌いでした。酢豚の中に入っているピーマンを見た瞬間、こう思いました、「ピーマンは嫌だ」。だから、こう言いました、「ピーマンは嫌い」。そのとき、私は見ました、母親の悲しそうな顔を。私たち子どものために一生懸命に作った料理を私が見て、出てきた言葉は「おいしそう」でも「ありがとう」でもなく、「ピーマンが嫌い」です。母親はとても悲しくなったでしょう。私は「失敗した」と思い、我慢してピーマンを食べました。とても苦く感じました。

そのときから、ピーマンが入った料理が出てきても「ピーマンは嫌だ」と言うのはやめました。もちろん「ピーマンが嫌だ」とは思いました。でも、頭で思うこととそれを口に出すことは違います。

頭で思うことと口に出す言葉とは違う、それが人間のすばらしさの一つです。周りの人に対しても同じです。私も人間ですので、好きな人はたくさんいますが、好きでない人、苦手な人もいます。本当は全員好きになればいいのですが、それには長い時間がかかります。好きでない人、苦手な人に会うと、「嫌だな」と思うこともときどきあります。「その人のことを好きになれ」と言われても、すぐには無理です。私のピーマンの場合は50年かかりました。

しかし、好きでない人、苦手な人に向かって「あなたのことは好きでありません」「苦手です」などと口に出すことはありません。なぜでしょう。それは、そんなことを言うと、相手が悲しむからです。馬鹿にしたり、意地悪をしたりすることもしません。相手が悲しむからです。相手が悲しむことは言わないようにする、やらないようにする。これはすぐできます。50年もかかりません。人間はすばらしいですね。頭でどう思っていても、相手が悲しむことは言わない、やらない、これはすぐできます。これが人権を守るということです。

では、全員で繰り返してみましょう。「頭でどう思っていても」「相手が悲しむことは」「言わない、やらない」「これはすぐできる」。これで校長先生の話を終わります。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
学校行事
2/29 玉川公民館祭り
3/1 玉川公民館祭り
3/2 卒業式式場準備

学校からのお知らせ

学校だより

保健だより

1年学年だより

2年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

PTA

学校いじめ基本方針

学校評価

学校経営

学校運営協議会