ひびきあう学校──玉川小──で育つ子どもたちの姿をご覧ください

始業式で地球を持って先生が走りました

校長の高澤です。

1月8日、久しぶりに子どもたちの元気な顔を見ることができました。この日の朝、体育館で実施した始業式で子どもたちに話をしました。ある先生にお願いし、話の途中で地球儀を持って体育館を走ってもらいました。私は動かずに、赤い野球帽をかぶっていました。

いったいどんな話だったのかは、今月の学校だよりでご家庭や地域のみなさんにお伝えしたいと思います。お楽しみに。

また、退場のときには、副担任の先生などと一緒に、子どもたち一人一人と挨拶を交わしました。(教頭先生のアイデアです!)

こんなふうに玉小の3学期が始まっています。

※写真の一部には加工を施しました。
画像1
画像2
画像3

来年もよろしくお願いします

校長の高澤です。

冬休みも半ばを過ぎ、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

誰もいない校庭を見ていると、改めて子どもたちが元気に遊ぶ姿が思い出され、歓声が耳に聞こえてくるようです。

今年も保護者のみなさま、地域のみなさまと肩を組んで歩んできました。来年もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。
画像1
画像2

12月の朝会【校長先生の話】

12月は、人権旬間でした。校長先生が朝会で話したお話です。

Good morning, everyone. Today I'm very happy. Why?

昇降口から2階に上がる階段の踊り場に、とてもいいものが貼ってあるからです。「玉川小を良くするためには、こうしたら」と、みなさんが書いたことがまとめて掲示されています。じっくり読んでみました。いろいろな提案や希望が書いてあります。

「他の学年の人と一緒に活動したい」と多くのみなさんが書いていました。縦割り活動など、上級生と下級生が一緒になって取り組む活動の機会をもっと増やそう! そう思います。

ただ、年齢が違うみなさんが一緒になると、「おなじ」こともたくさんありますが「ちがう」ことも数多く出てきます。「おなじ」と「ちがい」を認め、我慢して、いろいろな取組を進めることが重要です。それが「じんけん(人権)」を守ること、大切にすることです。

人権を大切にすることは我慢することだけではありません。活動を楽しむことも大事なことです。そのときにカギとなることばがあります。それは「ありがとう」です。周りの人の良さに気が付いたら「ありがとう」と言ってみましょう。

今日は水曜日です。昨日の火曜日から今朝まで、一度でも「ありがとう」といった人はどのくらいいますか。言った人はパー、まだ言っていない人はグーで手を挙げてみましょう。(ほとんどの児童がパーを挙げました)

今、パーを挙げた人は人権を大切にしているのかもしれません。「ありがとう」、いい言葉です。

画像1
画像2
画像3

冬の朝、校庭のサッカーゴールで

画像1画像2
校長の高澤です。

11月26日(月)、新たな一週間が始まりましたが、朝の冷え込みは厳しいものがありました。

毎週月曜日には、校庭のサッカーゴールなどがきちんと固定されているかどうか、なるべく確認するように心がけています。今朝は、サッカーゴールを揺さぶると水滴が落ちてきました。上を見上げると、ゴールの上端のバーには露が降りています。

冬が来たなと感じます。1か月後はもう冬休みです。心を引き締めて2学期の仕上げに取り組もう、そう思った朝でした。

玉川の子どもをみんなで守る

画像1
校長の高澤です。

熊の目撃情報と下校時の見守りについて」でお知らせしたように、11月19日に学区内で熊の目撃情報があり、20日の朝は私がパトロールを担当しました。

黄色い「横断中」の旗を荷台に括り付け、オレンジベストを着て軽トラであちこちをパトロールしましたが、「玉川の子どもたちはみんなに守られている」ことを強く感じました。

集団登校の集合場所には、何人か保護者の姿が見えました。子どもと一緒に歩いている親の姿もあります。通学路の要所〃〃には見守り隊の人たちが立ち、子どもたちに「おはようございます」の声を掛けています。

また、教育委員会や公民館など、厚木市からは青パトが2台出て、通学路を巡っていました。さらに、運転手がオレンジベストを着ている軽トラも何台も見かけました。地域の人たちが自家用車でパトロールしているのです。

そして、子どもたちが学校に登校すれば、玉小の先生の笑顔が待っています。

玉川の子どもたちは、いろいろな人に守られています。保護者、見守り隊など地域の人たち、市教委など厚木市、そして私たち学校──みんな同志です。

みなさん、ありがとうございます。そして、これからも一緒にがんばりましょう。(「よろしくお願いします」の言葉は同志には水臭い表現ですので、わざと避けました)

サツマイモも最高!

校長の高澤です。

ケガをしないのは、何のため?」でも触れましたが、自分の不注意によりケガが続いたので、少し気持ちが落ち込んでいました。しかし、11月7日(水)はよいことが続き、気持ちが明るくなりました。

まず、朝会で全学年の子どもたちに会えたことです。

そして、「名シェフ、勢揃い」で紹介したとおり、6年生から思いもかけないプレゼントがありました。

さらに、「校長先生、学校で育てたサツマイモをふかしました。どうぞ」と、二つ目の贈り物がみんなの教室からありました。きれいに切っておしゃれな皿に載せ、バターとフォークが添えてありました。みんなの教室の子どもたちの顔を見ながら、おいしくいただきました。最高の「おこじゅう」です。

元気が戻った校長でした。
画像1

名シェフ、勢揃い──6年の家庭科 調理実習

画像1
校長の高澤です。11月7日(水)、校長室のドアがノックされました。「誰かな」と思って廊下に出ると、6年生が盆を手にして立っていました。

「校長先生、調理実習で私たちがつくったものです。どうぞ。」

ありがたく受け取り、皿の上を見ると、さまざまな料理が少しずつ乗っています。6年生から「班ごとにつくったものを少しずつ持ってきました。わたしの班はこれとこれをつくりました」との言葉があります。

「おいしそうだね。君の班の料理には名前がついているのかな」と尋ねると、考案者の名前を含めた「○○○スペシャルです。」との返事がありました。

感心しながら自席に戻り、一つずつ味わってみると、どれもおいしい! もちろん、きちんと熱が通っています。

玉小の6年は名シェフが揃っています。きっと、家に帰っても家族にいろいろなごちそうを振る舞うことでしょう。

ケガをしないのは、何のため?──11月の朝会 校長の話

画像1
校長の高澤です。「11月の朝会です」で紹介しましたが、11月7日(水)に朝会を行いました。スポーツの秋からマラソン・縄跳びの冬に移ることもあり、最近の自分の体験をもとに、「ケガの予防」について次のようなに話しました。

Good morning, everyone. (子どもたちからも "Good morning." と挨拶が返ってきました)

Today I'll talk about this. Please read it. (「なんのためにケガはだめ?」との大きな掲示を見せると、みんな大きな声で読み上げていました。)

そうです、「なんのためにケガはだめなのか」について今日は話します。

実は、先週、2回ケガをしました。まず、自転車に乗っているときに転んで、歩道を数メートル滑りました。ひざをすりむきました。頭も歩道に打ちつけられましたが、ケガはなにもありません。どうしてでしょう? (ヘルメットをかぶってみせると「ヘルメットだ!」との声が上がりました。)

そうです、ヘルメットをかぶっていたから頭のケガはなかったのです。自転車用のヘルメットは厚いので、かぶったまま地面にぶつかっても、ヘルメットが先に地面に当たるため、耳や顔は地面に触れません。だから、私は助かりました。

何日か経って、夕方にスポーツをしようとしました。ただ、準備運動をあまりしませんでした。すると、左足を痛めてしまいました。今、歩くのにはこれを使っています。(杖[つえ]を示しました。)

ケガしたところは痛むのですが、直すためにはじっと椅子に座っているしかありません。とても退屈です。こんなことを思いました、「ケガが治ってから、ケガをしないためには、椅子に座り続けるのかな。そんなのは嫌だ」。

ケガをしないことの目標は、友だちと楽しく遊ぶことです。学校では、勉強をします。そして、友達と楽しく遊びます。ケガをしないことが大切なのは、友だちと楽しく遊ぶためです。そう思うと、椅子に座っているのが、少し楽しくなりました。

これから、みなさんもマラソン大会や縄跳びがあります。そこで楽しく挑戦するために、ケガをしないことを心がけてください。

背伸びする2学期を──2学期始業式 校長の言葉

画像1
校長の高澤です。玉川小の2学期が8月29日(水)に始まりました。初日の朝の始業式で、体育館に集まった子どもたちの前でこんな話をしました。


Good morning, everyone. I’m very happy to see you all here in Tamagawa-sho.
みなさん、おはようございます。いよいよ2学期です。みなさんの元気な顔に会えて、とてもうれしいです。

とてもうれしいので、うれしいときに着ることができる服を着てきました。これです。「かりゆし」といって、沖縄の服です。結婚式にも着るそうです。ちょうど、厚木市と沖縄の糸満市が友好都市になりましたので、着てみました。実際に着てみると、沖縄を身近に感じます。「心」がつながりあっているようです。

心がつながるといえば、この夏休み、玉小生と玉川の地域のみなさんの心が通じ合っていると思う場面がたくさんありました。たとえば、6年生や5年生が希望参加した地区や農協の納涼祭・盆踊りです。衣装を身に付けてソーランを踊るみなさんに対して、地域の人たちが大きな拍手を送っていました。心がつながっていると感じます。2学期の学校でも、心のつながりは大事にしてほしいと思います。

(校長自作のボックススクリーンを回して、「心」「つ・な・が・り」の文字を示す)
では、心のつながりを強める2学期、何がカギとなるのか、それはこれです。何という言葉になりますか。
(「び」「せ」「の」の文字を示す 子どもたちから「せのび!」という答えが返ってくる)
そうです。「せのび」です。体も背伸びしてほしいですが、心も背伸びしてほしいと思います。絶好のチャンスが2学期、いろいろあります。まず、9月には5年生・4年生が参加する七沢自然教室。10月初めには6年生の修学旅行。そして、10月後半には、みなさん全員でつくりあげる「玉小フェスタ」があります。心も体も背伸びして、いろいろな人とつながってください。

背伸びする2学期です。

5月の準備進行中

校長の高澤です。

玉小HPの「学校日記(ブログ)」欄では「校庭でのソーランの練習──運動会への道(第4歩)」「校庭も準備完了!──運動会への道(第5歩)」など運動会の準備が進んでいることをお伝えしています。

ただ、今日はゴールデン・ウィーク最終日、学校はもちろんお休みです。

私は、自分の地元の「堀ざらい」に参加しました。田んぼの用水路の掃除です。普段はなかなか顔を合わす機会のない近所のみなさんと一緒に、スコップを手にして2時間近く汗を流しました。ドロなどは土のう袋に詰めて道の脇に置きました。

きれいになった用水路に、今日の夕方、水が流れます。玉小学区ではゴールデン・ウィーク前半に行われたようです。

田植えの準備があちこちで進んでいます。玉小では5月末から6月初めにかけて5・6年生が田植えをします。地域のみなさん、ご指導よろしくお願いします。

※一部の写真には加工を施しました。
画像1
画像2

ちょっととぼけて温かな関係で──PTA総会での校長の言葉

画像1
校長の高澤です。4月14日(土)のPTA総会で、こんなお話をしました。

Hello, everyone. Children in Tamagawa Elementary School are very good.ご安心ください。今日の英語はここまでです。校長の高澤です。本日は平成30年度玉川小学校PTA総会にご参加くださり、まことにありがとうございます。お時間をいただきましたので、4分ほどお話しします。

4月5日の入学式で26人の新入生を迎え、平成30年度の玉川小学校は161人の児童、全8学級でスタートしました。また、教頭をはじめ、新たなメンバーが玉川小に加わりました。

昨日、避難訓練を実施しましたが、子どもたちの行動、とてもよかったです。避難も整然と行い、私や安全担当の先生の話もきちんと聞いていました。いいニュースはほかにもあります。昨年の体力テストですが、玉川小の子どもたちの体力はほとんどの項目でとてもいい結果でした。

残念なお知らせもいくつかあります。これとこれです(防犯ブザーと自転車のヘルメットを示す)。子どもたちの着用率が芳しくありません。昨年度、市内の小学生の交通事故は50件ほどでしたが、そのうち40件くらいが自転車乗車中の事故だったということです。また、不審者も学区内外に出没しています。子どもたちの安心安全を守る方法はたくさんありますが、ぜひ、防犯ブザーと自転車ヘルメットの着用をお願いします。

保護者のみなさんにクイズを出します。これから小学校1年生がお母さんとのやり取りを書いた詩を読みます。ある県が30年前につくった詩集に載っていました。この親子関係をどう思いますか。いい関係でしょうか、それとも悪い関係でしょうか。

(「ほめて ほしかった」という詩を読みました)

みなさんの回答はいかがだったでしょうか。最初、私は、冷たいお母さんだなと思いました。しかし、これは県がつくった詩集に載っていたものです。そのためには、お母さんと子どもが一緒に応募したことになります。そうなると、「土よう日の ぶんも しなさい」「わたしは なきました」の会話が笑顔で行われたのかもしれません。ウソ泣きかもしれません。そのウソ泣きをお母さんは笑顔で見つめていたのかもしれません。ちょっとトボケタ、とても温かな親子関係だなと私は感じました。

私たち教員も、子どもたちを時には褒め、時には見守り、そして必要に応じて厳しい指導もしなければなりません。そのときには、心には笑顔を保ちたいと思います。

今年も、保護者のみなさんと私たち学校が肩を組み、子どもたちを優しく、時には厳しく見つめ、子どもたちの成長を促してまいりましょう。

安全を守るモノはヘルメット以外に?──避難訓練での校長の話

画像1
校長の高澤です。「自分の安全は自分で──避難訓練実施」で紹介しましたが、4月13日(金)、玉川小学校では避難訓練を実施しました。その際には、校長として次の話をしました。

You are very good! みなさん、とてもきちんとした避難の様子でした。えらいですね。

さて、避難するときに一番大事なものはこれです。(「じぶんの あんぜん」の文字を示しました。何人かの子どもたちは大きな声で読み上げました) そう、自分の安全です。

そのためには今日は何を使いましたか。(「ヘルメット!」という声) そうです。ヘルメットや防災頭巾を使って、みなさんは自分の安全を守っています。

では、(不審者のイラストを示しながら)こんな不審者から自分の安全を守るためには何がありますか。(「防犯ブザー」の声) そうです、防災ブザーです。そして、集団下校です。みなさん、防犯ブザーはつけていますか。(1年生からは「つけています!」の声) よかった、着けていますね。着けていない人は家族の人と相談してみましょう。

では、これは何のためでしょうか(自転車のヘルメットを示す)。(「自転車」との声) そうです、自転車用のヘルメットです。自転車に乗る人はかぶっていますか。実は、去年、厚木市内では1か月に何件も自転車の事故が起こっています。そんなとき、ヘルメットをかぶっていれば大きな事故にはなりません。必ずかぶりましょう。

防犯ブザー、自転車のヘルメット、防災頭巾やヘルメット、自分の安全を守るモノはたくさんあります。これらのものをきちんと使って、自分の安全を守っていきましょう。

「ありがとう」の言葉でヒヨコからニワトリに──入学式 校長のことば

画像1
校長の高澤です。4月5日の入学式で、次のようなお話(抜粋)をしました。1年生全員がお礼を言う練習をしたので、体育館が「ありがとう」で一杯になりました。


Good morning, everyone. Welcome to Tamagawa Elementary School! All of you are 一年生 now.

二十六人の一年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

校長先生はみなさんが入学してくることを楽しみに待っていました。わたしだけでなく、全校の先生方、二年生から六年生までのお兄さんお姉さんも楽しみに待っていました。

幼稚園や保育園と違って、小学校は教室も大きく、校庭も広々としています。大きなプールもあります。英語の授業もすこしあります。でも、すぐになれます。

みなさんは小学生です。鳥に例えれば、卵ではありません。この絵です。(ヒヨコのイラストを見せる)これは何ですか。(「ヒヨコ」という答え) そう、ヒヨコです。これから小学校、中学校を経て、これになります。(ニワトリのイラストを見せる)(「ニワトリ」という答え) そう、ニワトリです。

ヒヨコがニワトリになるために、楽しいことをたくさんしましょう。そのためには、いろいろな人にお世話になります。ご家族の人、先生たち、2年生から6年生のお兄さん、お姉さんたち、そして今日ここにお見えになっている地域の人たちです。

たくさんの人たちがみなさんを支えてくれます。助けてくれます。そんなとき、この魔法の言葉を言いましょう。「ありがとう」

では、練習してみましょう。普通の声で「ありがとう」(「ありがとう」という返事) では大きな声、象さんの声で「ありがとう!」(「ありがとう」という大きな声の返事)

すばらしいです。さっそく、今日、家に帰ったら、家族の人に「ありがとう」と言ってみてください。

(以下、略)

新年度です!

校長の高澤です。いよいよ、平成30年度が始まりました。

もちろん、今日4月1日は日曜日ですので、学校はお休みです。また、新聞などにも掲載されていましたが、先生たちも異動によりメンバーが入れ替わりました。

その新しいスタッフが明日は集まり、玉川小の新年度が始まります。そして、4月5日には新学期が始まります。在校生は1学年ずつ進級し、新入生が入ってきます。

玉川小の正門の脇で日向川と七沢川が合流して一つの川になっているところがあります。新しい人たちが集まって一つのものをつくる、新学期にふさわしい風景です。

保護者のみなさま、地域のみなさま、今年も玉川小をよろしくお願いします。

玉小生のみなさん、4月5日に会うのを楽しみにしていますよ!
画像1
画像2
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
学校行事
2/13 授業参観・懇談会-4
(1〜5年)
2/15 4年校外学習
(プラネタリウム・防災センター)
給食献立
2/13 ごはん(こめ70/90g)
ぎゅうにゅう
ほっけのたつたあげ
わふうじる
ごまあえ
2/14 ごはん(こめ70/90g)
ぎゅうにゅう
さばのしおやき
いももちじる
もやしのあえもの
2/15 せわりコッペパン(こな40/50/60g)
ぎゅうにゅう
まめまめドライカレー
はくさいスープ
チョコプリン
2/18 ロールパン(こな40/50/60g)
のむヨーグルト
しろみざかなフライ(ソース)
ポトフ
2/19 ごはん(こめ70/90g)
ぎゅうにゅう
わふうハンバーグ
みそしる
きんぴらごぼう

学校だより

保健だより

1年学年だより

2年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

指導計画

PTA

学校いじめ基本方針