ひびきあう学校──玉川小──で育つ子どもたちの姿をご覧ください

陰で支える保護者や卒業生ボランティア──6月1日その15

画像1
校長の高澤です。

6月1日の運動会は成功裏に幕を閉じましたが、会場準備や運営、後片付けでは数多くの保護者や卒業生ボランティアのみなさまのご支援をいただきました。

・児童用テントの購入を援助してくださった地域の篤志家の方やPTAのみなさま
・前日のテント張りなど会場準備を手伝ってくださった保護者ボランティアのみなさま
・当日の用具係などのさまざま係活動に協力してくれた卒業生ボランティアのみなさん
 (玉川中、森の里中の在校生など、30人近くが力を貸してくれました)
・閉会式のあとの机・椅子・テント・用具などの撤収を子どもたちや教職員と一緒に汗を流してくださった保護者のみなさま

玉川小の運動会で子どもたちが安心して様々な種目に取り組むことができたのは、みなさまのご尽力があったからこそです。ありがとうございました。

ねばれ、100キロ!──5月の朝会 校長の言葉

画像1
校長の高澤です。

5月8日(水)は、5月の朝会です。大型連休での自分の体験を交えて、こんな話をしました。

Good morning, everyone. I have a quiz today. What is this? (覆いを外して自転車のヘルメットを示す)Yes, it is a HELMET for bicycles. One week ago, I was with this helmet for 100 km.

この大型連休、私はいろいろなことをやろうと思いました。その一つがこれです。(「100キロはしる!」の文字を示す) 自転車で100キロ、一日で走ろうと思ったのです。玉川小から大山までは8キロ、富士山までは90キロです。

私の目的地は寄り道しながらの羽田空港でした。このヘルメットをかぶり、自転車に乗って朝の7時前に出発しました。まず、30キロ走って朝ごはんです。途中に急な坂がありました。しかも、3つです。最初の坂、次の坂、三番目の坂、どれもきつかったです。そして、朝ごはん。足はパンパンです。その上、まだ、70キロも残っています。つらいな、もうやめようかなと感じました。

でも、そのとき、心に浮かんだのは、この言葉です。(「ねばる」の文字を示す)せっかく、今日は100キロ走ろうと思ったのですから、あきらめずに粘ろうと思いました。ヘルメットをかぶりなおして、粘りました。そこから40キロ走って、羽田空港に到着しました。遠くに飛行機が飛んでいるのが見えます。赤い鳥居が羽田空港にはあるのですが、その横の芝生でヘルメットを脱ぎ、横になりました。体は疲れています。でも、気持ちは「ここまで来た。あとは30キロだ。」といううれしさでいっぱいでした。

一休み、二休みして、また、ヘルメットをかぶり、なんとか30キロ走りました。100キロ走ったら、ちょうど鉄道の駅があったので、自転車を分解して袋に詰め、電車で家まで帰りました。粘ってよかったと思います。

4月に、こんな話をみなさんにしました。(「ろうそくの炎」の文字を示す)キラキラ輝く金銀よりも、火は小さくても自分で燃えるロウソクや焚火の火になろうということです。100キロ走っている途中、自分の心の中にはろうそくの炎が燃えていました。

さあ、6月1日に運動会があります。もう練習は始まっているようです。練習の時、そして本番の時、辛いことがあってもあきらめずに粘りましょう。そして、一人一人の心の中の炎を燃やし続け、すばらしい運動会にしましょう。

「おはようございますとありがとうは、魔法の言葉」──平成31年度の入学式で1年生に話したこと

画像1
校長の高澤です。平成31年度、23人の新入生を迎えて「4月5日、玉川小入学式」でお伝えしたように入学式を行いました。式では、こんな事を新入生に話しました。


校長先生はみなさんが入学してくることを楽しみに待っていました。わたしだけでなく、全校の先生方、二年生から六年生までのお兄さんお姉さんも楽しみに待っていました。幼稚園や保育園と違って、小学校は教室も大きく、校庭も広々としています。大きなプールもあります。英語の授業もすこしあります。

ドキドキしますか。そのドキドキがワクワクに変わる魔法の言葉を二つ教えてあげましょう。難しい言葉ではありません。一つ目、「おはようございます」練習してみましょう。「おはようございます」いいですね。では、英語で。Good morning! ますます、いいですよ。

二つ目、「ありがとう」いいですね。では、英語で。Thank you.

朝、友達や先生に会ったら「おはようございます」とあいさつします。お互い、気持ちが明るくなります。友達に助けてもらったら「ありがとう」とお礼を言います。お互いの気持ちが、もっともっと明るくなります。さっそく、今日、家に帰ったら、家族の人に「ありがとう」と言ってみてください。

「金銀よりも炎に」──1学期の始業式で2〜6年生に話したこと

画像1
校長の高澤です。平成31年度1学期のスタートの様子は「4月5日、着任式と始業式を校庭で」で紹介しましたが、始業式ではこんな話を子どもたちにしました。

1年生から6年生までが家族だとしたら、6年生、5年生はお父さん、お母さんです。
4年生から2年生まではお兄さん、お姉さんです。
どんなお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんなのでしょうか。
金や銀、ダイヤモンドなどの宝石でしょうか。それとも、ロウソクや焚火のような炎でしょうか。
私は、みなさんに、宝石ではなく、ロウソクや焚火(たきび)のような炎になってほしいと思っています。なぜでしょうか。
たしかに、金や銀、ダイヤモンドなどの宝石はキラキラ輝きます。きれいです。でも、その輝きは、周りに太陽などの光がないと輝きません。
それに比べて、ロウソクや焚火は地味です。でも、ロウソクや焚火、それ自体で光を出しています。
この1年間、いろいろな機会にがんばり、自分自身で光を出して周りを明るくしてください。
それが今年の玉川小です。

平成31年度が始まりました

画像1
校長の高澤です。平成31年度が始まりました。

本ホームページの「学校概要」にある『校長室から』で年度当初の所信を示しました。「初心忘るべからず」のとおり「3年目の初心」を大切にがんばります。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事
6/19 教育相談 4校時日課
6/20 教育相談 4校時日課
6/21 教育相談 4校時日課
6/24 教育相談 4校時日課

学校だより

保健だより

1年学年だより

2年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

PTA

学校いじめ基本方針

学校評価

学校経営