玉川小は、子どもの学習、健康、努力を応援します

次の授業の準備──4年生の教室

4年生の教室から、カリカリ音がしています。

あれ? この時間は4年生は体育の授業で、体育館にいるはずです。

中をのぞいてみると、担任の先生がいました。次の授業の準備として、黒板に板書を書いていました。

体育館の授業から帰ってきた子どもたちは、黒板の板書を見て、ワッと驚くかもしれません。でも、その驚きは授業での積極的な姿勢に結びつきます。

いろいろな形で、先生たちは授業を進めています。
画像1

手順を踏まえてわかりやすく──3年生の算数の授業

3年生の教室をのぞいてみると、算数の授業でした。3桁×1桁の筆算の授業です。

黒板に大きく筆算のやり方と意味が書いてあります。子どもたちにわかりやすく説明したのでしょう。

でも、説明を聞くことと筆算ができることは違います。だから、次は問題練習です。全員で同じ問題に取り組み、黒板のやり方を見ながら練習します。

そこまで終わったら、簡単な問題をたくさん解く練習に移ります。

こんなふうに、段階を経て授業が進んでいきました。
画像1
画像2

組み合わせたり、描いたりして図形を理解──2年生の算数の授業

2年生の算数の授業をのぞいてみると、図形の単元でした。いろいろな方法で、勉強を進めています。

まず、組み合わせて学ぶ工夫です。教科書の付録を切り抜いて、いろいろな形の図形をつくります。三角形、四角形(長方形、平行四辺形、……)などです。今度は、その切り抜いた図形を組み合わせて、黒板に先生が示したとおりの図形をつくります。手を使って学ぶこと、イメージを作り上げることなどの大切さが分かります。(写真上)

また、実際に三角定規で三角形を描くという工夫です。頂点のところでうまく線が合わず、苦労することもありますが、苦労した分だけ子どもたちは三角形を実感的に理解します。(写真下)

※写真には加工を施しました。
いろいろな工夫もあり、子どもたちは生き生きと算数の授業に取り組んでいました。
画像1
画像2

秘密兵器(?)のフェイスシールドで小集団活動を推進

秘密兵器かな?」「秘密兵器かな?(その2)」で紹介しましたが、玉川小では全児童にフェイスシールドを用意し、話し合いなどの小集団活動を推進します。イメージは下の写真のとおりです。また、詳細は9月28日に配付した「臨時学校だより(9/28)」をご覧ください。

さっそく、本日の朝から環境生活委員会が緑の募金活動で使っています。(「マスクとフェイスシールド、手袋で緑の募金実施中!」参照)

今、収納袋を取り寄せていますので、今週中には子どもたちに配ることができそうです。
画像1

マスクとフェイスシールド、手袋で緑の募金実施中!

玉小では環境生活委員会が中心となって、森林整備や学校の緑化のための緑の募金を実施しています。

これまでは委員たちが昇降口の中で声をかけたり、各教室を回って呼びかけたりしていました。ウイズコロナの時代はどうしようかとみんなで話し合い、次のようにしました。
・各教室を三密に気をつけながら回って呼びかける。昇降口では実施しない。
・教室で呼びかけ、募金を受け付けるときには、委員はマスクと手袋、そしてフェイスガードの3点セットを着用する。

さっそく9月28日(月)の朝から委員の子どもたちが分担して各教室(そして、職員室も!)を回っていました。廊下で待ち(写真上)、担任の先生の合図で中に入って募金を呼びかけ、募金者には緑の羽根を渡します(写真下)。

みんな、ごくろうさま!

※一部の写真には加工を施しました。
画像1
画像2

秘密兵器かな?(その2)

秘密兵器かな?」の白バージョンを着用した2人が活動しているイメージです。

詳しいことは、また明日以降にお知らせします。

※写真には加工を施しました。
画像1

秘密兵器かな?

職員室にこんなものがあります。

今後、これを使って、楽しい授業、子供の力を伸ばす授業をもっともっと進めていく予定です。

詳しいことは後日お知らせします。
画像1
画像2

目で見て分かるヒント──4年生の算数の授業

4年生の教室をのぞいてみると、算数の授業でした。二人の先生が担当するチーム・ティーチングの授業です。

いま、子どもたちは問題を解くのに夢中です。黒板には、授業の最初に行った例題の解き方が残っていました。よく見ると、黄色いものが見えます。

タイルです! 割り算の問題を考えるときに、手がかりとして目で見えるタイルを使ってイメージすると解きやすい場合があります。きっと、この問題ではそれを活用したのでしょう。

いろいろなヒントを手がかりに、子どもたちは問題を解いています。先生たちは巡回しながら、子どもたちに助言しています。

※一部の写真には加工を施しました。
画像1
画像2

このポスターのいいところは?──3年生の国語の授業

3年生の教室をのぞいてみると、子どもたちがノートに書き付けていました。

国語の授業で、教科書に掲載されている二つのポスターを比較し、自分の考えをまとめるという、子どもたちの思考力・判断力が発揮される活動です。

教科書を見てみると、作風の違う二つのポスターが掲載されています。どちらも素人目にはよく見えるので、子どもたちはウンウンうなりながら意見をまとめていました。

そのあとは意見の交換です。友だちの意見を聞いた子どもたちは、「やっぱりそうだよな」「へえ、そうなんだ」とさまざまに考えを深めていたようです。
画像1
画像2

少人数でミシン実習開始!──5年生の家庭科の授業

家庭科室から先生や子どもたちの声が聞こえてきます。のぞいてみると、5年生のミシン実習のスタート授業のようです。しかし、十数人しか子どもたちの姿が見えません。

実は、先生たちの工夫です。特別教室は小グループで実習や実験がやりやすいように、大机が置いてあります。これまではとても便利な配置だったのですが、ウイズコロナの時代では、子どもたちが向かい合うことになってしまい、マスクだけではなかなか授業に踏み切ることができませんでした。

そこで、先生たちで話し合い、「予防対策十分な理科の顕微鏡実習──5年生の理科の授業」のように、学級を二つに分け、しかも同じ方向を向いてマスク着用の実習を行うという感染対策をとることにしました。

今日は家庭科のミシン実習の1時間目です。左右の間隔も空けて、子どもたちは授業を受けています。もう半分の子どもたちは、教室で算数の授業です。

先生たちの授業持ち時間は増えてしまいますが、子どもたちにとっては学校でミシンに触れる最初の機会です。しかも、一人1台! 小規模校の特色を生かして、玉川小では授業が進んでいます。
画像1
画像2

半そで、長そで、短パン、長ズボン

9月25日(金)、今週最後の登校です。今日は曇り空、風もやや強めということで、体感気温が昨日と比べると低めでした。

その中、元気に登校してくる子どもたちの服装はさまざまです。半そであり、長袖あり、ブルゾンを上にひっかけてくる子どももいます。また、短パンの子もいれば、スカート、長ズボン、本当にいろいろです。

いろいろな服装の子どもたちが一緒に登校し、元気に遊んでいるのを見て、「あの服装がいいとか、この服装はだめと一律に決めるのではなく、そのときの子どもたちが元気に遊べる服装は、人によって違う」ということを改めて感じました。

小学校の生活を過ごすための服装は、人により、また日によりさまざまだです。

実は、先生たちの服装も、半そであり、長袖ありといろいろ見られる本日です。

※写真は、登校後に校庭で遊ぶ子どもたち
画像1

風の強い日でもしっかり換気

今日は風がヒューヒューと音を立てて吹いています。そんな日でも、感染予防のためには換気が大切です。

廊下を見ると、いつもは大きく開いている窓も、小さめの空間となっていました。これでも、外の風は強いので、換気には十分です。
画像1

手のジェスチャーも効果的に──6年生の社会科の授業

6年生の教室をのぞくと、社会科の授業でした。歴史分野で、江戸幕府崩壊から明治維新の場面です。

黒板には、出来事の移り変わりがまとまりごとに書いてあります。担任の先生は適宜説明を加えていきますが、そのとき手のジェスチャーが効果的に使われていました。子どもたちは、知らず知らずのうちに先生の姿に引きつけられ、話に集中していきます。

「授業は黒板がしているのではなく、先生がしているのだ」ということがよく分かる一場面でした。
画像1
画像2

少人数でバリバリ解答──5年生の算数の授業

5年生の教室をのぞくと、算数の授業でした。ぽつりぽつりと席が空いています。少人数の授業なので、2教室に分かれた授業でした。

どちらの教室でも分数・小数の問題練習です。子どもたちは問題に取り組み、先生は巡回しながら、時に応じて助言をしています。
画像1
画像2

次はどんな絵が出てくるのかな?──1年生の外国語活動の授業

1年生の教室をのぞいてみると、ALTの先生が担任の先生と一緒に授業をしていました。外国語活動の授業です。

玉川小では外国語活動にも力を入れ、時間割に工夫して、特別に1年生から年に数十時間実施しています。

今日は "I like ..." が題材のようです。最初は果物の絵がたくさん出てきました。絵が出てくるたびに、子どもたちは "I like apple!"などと大きな声で言います。(本当は apples と複数形になるのですが、まだそこまで気にしていません)

次は何の絵なのでしょうか。ALTの先生は "What color do you like?" と言いながら画用紙を示します。 "Color? 色かな?" "I like red!" あちこちから声が出てきます。

このような形で、英語のやりとりに親しむことを狙って、1年生の外国語活動が進んでいます。

※下の写真の右側には、透明ビニールでつくった子どもの作品が映り込んでいます。
画像1
画像2

西の空に虹が!

9月24日朝、西の空に虹が架かりました。登校してくる玉小生を応援しているようです。
画像1
画像2

9月24日、強い風に気を付けて登校しましょう(9/24)

画像1
本日(9/24)の登校は、通常どおりとなります。
まだ強い風が吹くことがありますので、注意して登校させてください。

このことは、本日6時15分頃の連絡メールでもお伝えしています。

代表委員会

昼休みに児童会室で、3年生以上の学級代表、各委員会の委員長、運営委員が参加し、代表委員会が行われました。
議題は、運動会の振り返りと玉川フェスタ(仮称)についてでした。各学級で話し合われた内容について、一人ひとりが心配意見や賛成意見を出し合い、決定していきました。
みんなで作り上げた運動会の取組が、きっと玉川フェスタ(仮称)の成功につながることを、話し合いの様子を見ていて感じました。
画像1
画像2

水分補給も忘れずに──4年生の休み時間

4年生も授業が終わったようです。教室をのぞいてみると、何人も教室の後ろに行きました。

後ろにはそれぞれの水筒が置いてあります。子どもたちは自分の水筒のところへ行き、中身を飲んでいました。

何気ない行動ですが、熱中症予防にはとても大切な取組です。今日は涼しいとはいえ、水分補給が習慣となっているのはとても心強い限りです。これも、これからの時代を生き抜く力の一つでしょう。
画像1

休み時間にはしっかり手洗い──1年生の休み時間

1年生の教室では授業が終わったようです。数人ずつ廊下に出て、流し場で静かに手を洗っています。

手洗いはマスク着用と同じくらい大切な感染予防の方法です。それを、子どもたちが何でもないかのように進めている姿は、とてもありがたいことです。

「当たり前のことを当たり前にする」ことはできそうでなかなかできません。担任の先生の働きかけもありますが、ご家庭の努力もあって、子どもたちは習慣になってきたのでしょう。

これもウイズコロナの時代を生き抜く力の大切な一つです。
画像1
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
学校行事
10/1 メール配信テスト
10/2 目の愛護週間(〜10/8)

学校からのお知らせ

学校だより

保健だより

1年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

学校いじめ基本方針

学校評価

学校経営