玉川小は、子どもの学習、健康、努力を応援します

自分の身は自分で守る──不意打ちの避難訓練

「訓練放送 ただいま地震が発生しました」の放送が業間休みに流れました。1月16日(木)のことです。

年間3回実施している避難訓練の3回目なので、今回は事前予告なしの訓練でした。もちろん、事前に避難の仕方は学級で確認していますが、いつやるかは子どもたちには内緒です。

しかし、子どもたちは立派です。校庭の様子を例にとれば、遊んでいた子どもたちは大勢いましたが、みんな校庭の真ん中に集まり、しゃがんで避難の姿勢をとります。「大きな揺れが収まりました。避難してください」の放送があると、せわしげに集合場所となっている校庭の西側に集まっていました。

特に6年生、5年生は立派です。集合場所に集まるとすぐに腰を下ろして、校舎内からの避難してくる友だちが到着するのを静かに待っていました。それを見た1〜4年生も、真似をして座りました。

「自分の身は自分で守る」、その心構えが少しずつできています。

※写真は、集合後の全体会の様子
画像1
画像2

What color do you like?──1月のタマゴリアン

玉川小名物の全校英語集会「タマゴリアン」、1月は15日(水)の昼休み後に体育館で実施しました。

今回のテーマは好きな色です。事前に教室で色とりどりの小さな色画用紙が子どもたち一人一人に配られ、その画用紙の色が今日の好きな色です。

体育館では先生たちのユーモラスなデモンストレーションで、二人でジャンケンして勝った人から "What color do you like?" "I like ..." "Me, too./ Sorry." と続く対話が示されました。(写真上)

子どもたちは少し口慣らしをしたあと、すぐに本番です。「なるべくほかの学年の人とやろうね」という先生たちからの指示もあり、いろいろな学年の子どもたち同士がジャンケンをして好きな色を尋ね合っていました。流ちょうに話す子、思い出しながらゆっくり話す子と様々なでしたが、対話がうまくいくとどちらもにっこりでした。(写真下 加工を施しました)
画像1
画像2

「美しい心」 3年生書き初め

3年生は、1月15日に書き初め大会を行いました。この日の集中力は、とても素晴らしいものでした。指示を聞き、丁寧に書くことはもちろんのこと、自分が終わった後に友達を手伝っている子もいました。真剣に取り組み、自分の力を最大限に出し、書くことができました。
画像1
画像2
画像3

「新たな決意」──6年生書き初め大会

5年生に続いて6年生の書き初め大会です。6年生の題は「新たな決意」、卒業していく6年生にふさわしい言葉ですが、「新」をはじめとしてバランスに注意が必要な字がそろっています。

子どもたちは、ゆっくりと字を書き進めています。

この作品が教室や廊下を飾るとき、学校は新たな決意でいっぱいになります。
画像1
画像2

「進む勇気」──5年生書き初め大会

体育館に入ると、墨の香りが感じられます。今日(1月14日)から書き初め大会がはじまり、体育館ではまず5年生が書に挑んでいます。

今年の5年生は「進む勇気」と書きます。先生の助言を聞きながら、思いっきり力強く筆を動かしていました。作品は教室・廊下等に展示します。

保護者のみなさん、子どもたちの力作を授業参観や学級懇談会などの際にご覧ください。
画像1
画像2

厚木市「祝成人 はたちのつどい」開催

画像1画像2画像3
1月13日(祝)に厚木市文化会館で「祝成人 はたちのつどい」が開催されました。玉川小の卒業生たちもきっと大勢参加したことでしょう。

企画や進行は、新成人の人たちによる実行委員会が進めていました。お祝いの白龍太鼓や県警音楽隊の演奏・発表、祝辞や祝いのビデオメッセージなど盛りだくさんの内容でしたが、みんなではたちのつどいをつくりあげようという気持ちが会場に満ちていて、心が温かくなるつどいでした。

今の小6のみんなも、あと8年でこの場に来るのですね。

JA県書道コンクールで玉小生が入賞!

画像1
令和元年度のJA共済神奈川県小・中・高校生書道コンクールに玉小生が入賞し、1月11日(土)に表彰式が行われました。

ステージに上った玉小生はドキドキとニッコリが入り混じった表情で、胸を張って表彰を受けていました。また、ロビーには入賞作が展示され、元気な筆使いの玉小生の作品も多くの人が見ていました。

後日、学校でも表彰する予定です。

和田傅文学賞、今年も入賞!

画像1
令和元年度で34回を迎えた和田傳文学賞ですが、玉小生が入選しました。12月14日(土)に厚木市文化会館で表彰式がありました。

ステージに上がり厚木市長や教育長から賞状やメダルをもらうと、玉小生の顔に笑みが浮かんだようでした。記念写真にはあゆコロちゃんも加わっています。

学校では、2学期の終業式で表彰しました。この文学賞には昨年も玉小から入選作が出ています。子どもたちの心が豊かになってきてあかしなのでしょう。

登校してくる子どもたちと「おはようございます」──3学期PTAあいさつ運動実施中

画像1
令和2年、初めての登校」では登校してくる子どもたちを見つめる温かな地域のみなさんのことを紹介しましたが、PTAでも3学期のあいさつ運動が展開されています。

児童の登校時間に合わせて、役員・委員のみなさんが2グループに分かれて学校近くの通学路に立ち、歩いてくる子どもたちに「おはようございます」の声を掛けます。子どもたちは、ある子は元気に、ある子は恥ずかしそうに「おはようございます」と返事をしていました。

登下校中のあいさつや安全な歩行については1月9日の「下校指導」として学校でも全校で確認しました。

今回のあいさつ運動は1月9日から14日までの予定です。PTAのみなさん、学校と一緒にがんばりましょう。

「いどむ」「がんばる」──3学期始業式 校長の言葉

画像1
校長の高澤です。

体育館で3学期始業式」で紹介しましたが、1月8日に始業式を行いました。そのときにこんな話をしました。


Happy New Year, everyone. I'm very happy to see you all here. みんなとここ体育館で会えて、とてもうれしいです。

さて、昨年はこのことについて話をしてきました。(「チャレンジ」という文字を示す) みなさん、読んでみましょう。(「チャレンジ」という声が返ってきます) 日本語だと「挑戦する」ですね。ひらがな3文字だと、なんと言うでしょう。(「いどむ」という声) そう、「いどむ」です。

みなさんも冬休み中に様々なことに挑んだと思います。私もいくつか挑みました。そのひとつが「10km走る」ことです。(「はしる 10km」の文字を示す) ちょうど、我が家から玉川小まで10kmあります。いつか走ってみようと思っていました。

でも、10kmは長い距離です。走るのは大変です。なかなかやる気になりません。ところが、正月の2日、3日とテレビであの番組を見たのです。(「マラソン」「駅伝」の声) そう、箱根駅伝です。大学生が一生懸命に走る姿を見て、私もやってみようと思いました。もちろん、私のスピードはずっと遅く、大学生の3倍の時間がかかります。ゆっくり、のんびり走っていました。

とうとう、学校に着きました。1時間29分30秒くらいです。「やった」と思いました。また、児童クラブで来ていた玉小生にも会い、「あけましておめでとう」の挨拶を交わすと、「走ってきてよかった」という気持ちがこみ上げてきました。帰りはもちろんバスです。バスの中でも玉小生に会い、会釈を交わしました。うれしさが増してきます。一人では頑張れないことも、周りの人とのやりとり、挨拶があれば頑張れるんだと思いました。

3学期、みなさんはいろいろなことに挑みます。頑張ります。そのときには、一人ではありません。みんなと一緒になって挑みましょう。頑張りましょう。

体育館で3学期始業式

1月8日の朝、全校児童は体育館に集まりました。3学期の始業式です。どの学年も静かに入場し、整列しました。始業式という儀式の大切さを理解して、みんなで式を作ろうという気持ちが表れています。

開式の言葉や校長の挨拶の後、全員で校歌を歌いました。3番の歌詞にあるように「歌え若鳥 はばたけ小鳥」の姿です。

そして、児童指導担当の先生から「3学期は『言葉』を大切にしよう」との呼びかけがあり、教頭先生も閉式の言葉で「3学期、いろいろなことにがんばろう」と話して、始業式が終わりました。

いよいよ3学期です。
画像1
画像2
画像3

令和2年、初めての登校

1月8日、玉川小学校の3学期が始まりました。今日は令和2年になって最初の登校です。登校班の班長さんたちも6年生から5年生などに交代します。

朝方の雨も止みました。子どもたちは防災頭巾や上履きなどをランドセルや手提げ袋に詰めて、元気に登校してきます。また、地域のみなさんや交通安全母の会のみなさんも温かい目で登校を見守っていました。ありがとうございました。
画像1
画像2

1月4日の玉川小

画像1
画像2
校長の高澤です。今年は1月4日・5日が土日のため、仕事始めは6日になります。

1月4日、所要があり、玉川小の近くまで行ったので、ちょっと覗いてみました。厳しくなった寒さにも木々は耐え、青空も鮮やかです。

あけましておめでとうございます──令和2年の幕開け

画像1
あけましておめでとうございます。校長の高澤です。

いよいよ令和2年が始まりました。元旦の東の空には雲がかかっていましたが、上を見ると青空に浮かぶ雲の塊が陽に照らされています。「どんなときでもお天道様は世の中を明るくしているんだなあ」などと、ちょっと時代劇っぽいセリフが心に湧いてきました。

今年も玉川小の子どもたちはいろいろなことに挑みます。そして成長していきます。学校も全力を尽くしますので、ご家庭のみなさん、地域のみなさん、一緒に肩を組んで子どもたちを応援していきましょう。

今年もよろしくお願いします。

子どもたちからのプレゼントに頬が緩む──2学期を終えて

画像1
校長の高澤です。

12月24日、2学期の終業式でした。「『しんじる』──2学期終業式」でも紹介しましたが、子どもたちにクリスマスプレゼントとして「私は、玉川小の先生たちは、きみたちを信じているよ」との言葉を贈りました。

そうすると、下校時にとてもうれしいプレゼントをもらいました。昇降口から出てくる玉小生から次々と挨拶がこちらに届きます。「さようなら」という言葉もありましたが、断然多かったのは「よいお年をお迎えください」「よいお年を!」「よいお年を……」のことばです。

「よいお年をお迎えください」、小学生が大人にするにしてはちょっとオシャマな挨拶ですが、きっと担任の先生からのアドバイスもあったのでしょう。また、終業式の閉式の言葉で教頭先生が「あ(かるく)・い(つも)・さ(きに)・つ(づけよう)」の挨拶4原則(?)に触れながら、家族や友達、先生たちへの挨拶を呼び掛けたことも子どもたちの背中を押したのかもしれません。また、ご家庭で「今日の帰りの挨拶は『よいお年を』だよ」とお話があったことも考えられます。

挨拶の贈り物をもらった私は、慌てて「よいお年を!」「8日にまた会おうな!」と返事しながら、頬が緩み、心が温かくなりました。子どもたちは確実に成長しています。

このように子どもたちが心も体も大きくなっているのは、本人たちのひたむきな努力もありますが、家庭のみなさん、ふるさと玉川のみなさんが私たちと連携して、それぞれの立場から子どもたちを応援しているからこそです。

みなさん、どうもありがとうございます。今後も互いに肩を組み、未来を担う玉小生を応援していきましょう。

それでは、よいお年をお迎えください。

「しんじる」──2学期終業式

画像1
12月24日は2学期の終業式です。朝の体育館に全員が集まり、静かに式が始まりました。校長の話は「みなさんを信じている」です(概要は後で示します)。

児童代表の言葉は今学期は4年生と2年生でした。それぞれ2学期の取組を振り返り、七沢宿泊学習やうどんづくりの話もありました。また、3学期に向けての抱負もいくつかあり、その一つが「6年生を笑顔で送り出したい」です。

児童指導の先生からは「安全」と「お手伝い」の話があり、また、式を終えた後には、市マラソン大会などの表彰がありました。

校長の話の概要は次のとおりです。
+++++++++++++++
Good morning, everyone. It is the last day of the 2学期, and we have Christmas Eve tonight. So I have a Christmas present to you. This is the present of a word. 「しんじる」

わたしは君たちを信じています。先生たちもきみたちを信じています。口で言うだけではありません。証拠はたくさんあります。

たとえば、担任の先生からお話があったかもしれませんが、体育で使う番号、ピブスなどの置き場所が変わりました。今は、君たちの昇降口に置いてあります。すぐに校庭に持って出られるので、君たちにとっても、先生たちにとってもとても便利です。

でも、もし悪いことを考える人がいて、あの道具を勝手に持ち出したり、破ったりすることがあったら大変です。あの場所に置いてあると、そんなことが起こるかもしれません。では、なぜ、あの場所に置くことにしたのでしょうか。それは、私、そして先生たちが君たちを信じているからです。「あそこに置いていても、いたずらする人はいない」と信じているからです。

他にも証拠はあります。環境生活委員会の仕事の一つに廊下の掲示物、ポスターなどの貼り換えがあります。環境生活委員のみなさん、ご苦労様。玉川小の廊下にはいろいろなものが貼ってあります。図画工作の作品や書写の作品も置いてあります。みなさんにとっては当たり前のことかもしれません。しかし、そうではありません。もし、ポスターにいたずらをする人がいたり、作品を壊す人がいたりしたら、大変です。そんな人がいたら、みなさんが一生懸命に作った作品を廊下などには置けません。ポスターも貼れません。しかし、玉小の廊下には作品が置いてあり、ポスターが貼ってあります。先生たちが、君たちを信じているからです。

今朝、1・2年生が校庭でドッジボールをしていました。私は横で見ていて、終業式に間に合うかなと心配になりました。しかし、今の1・2年生なら自分で判断できるだろうとも思い、「今日は終業式だから、整列に間に合うようにあと5分かな」と声を掛けました。すると、5分経たないうちに「そろそろ戻ります」「僕も教室に」などと自分から言って、次々に引き上げていくではありませんか。「さあ、戻ろう」などと指示せずに1・2年生の成長を信じてよかったと思います。

もちろん、人間は失敗をします。また、助けが必要な時には、先生たちは手助けをします。でも、忘れないでください。体育で使うピブスは昇降口に移しました。それは、私が、先生たちが君たちを信じている証拠です。君たちは信じられています。

そんな君たちが冬休み、どんなふうに過ごすのかとても楽しみです。次に玉川小で君たちに会うのは1月8日です。その日を楽しみに待っています。
+++++++++++++++

積雪の大山に見守られて

画像1
画像2
画像3
12/23(月)、昨日の夕方から今日の早朝まで降り続いた雨が、大山では雪となっていたようです。雪の積もった大山に見守られて、子どもたちは、元気に登校していました。インフルエンザもおかげさまで下火となり、2学期のまとめをしたり、お楽しみ会をしたりするなど、活気のある子どもたちの様子にうれしくなりました。

全学級、そろって授業中

学級閉鎖も終わり、12月20日、全学級で授業が行われています。

作文を書いているクラス、テストを受けているクラス、実習を進めているクラスなどさまざまですが、玉川小に日常が戻ってきました。
画像1

大豆の仕分け作業 3年生

画像1
画像2
画像3
3年生が収穫した大豆の仕分け作業を行いました。

さやから自然にはじけた大豆を仕分ける子と、大きな袋に入れてから足で踏み、ふるいにかけて仕分ける子に分かれて進めました。地道な作業で大変でしたが、みんなで協力して作業を進めることができました。今年は、どれだけの大豆が収穫できたかな?

玉小計算検定

12月のみんなの朝学習は、5分間で計算検定です。1年生はたし算、ひき算を20問、2年生以上は、九九を81問挑戦しました。子どもたちは、真剣に集中して取り組んでいました。

学級閉鎖のため、実施できなかった学年は、後日行います。
画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
1/17 第2回漢字検定
1/18 環境整備作業
1/19 環境整備作業予備日

学校だより

保健だより

1年学年だより

2年学年だより

3年学年だより

4年学年だより

5年学年だより

6年学年だより

PTA

学校いじめ基本方針

学校評価

学校経営