ひびきあう学校──玉川小──で育つ子どもたちの姿をご覧ください

児童朝会 運動会に向けて

5月15日(水)に児童朝会がありました。

6月1日(土)に向けて、体育委員会の児童が発表を行いました。各クラスとも紅白に分かれて、運動会の歌を歌った後に、体育委員の児童がかけっこで速く走るためのポイントやラジオ体操のポイントを実演を交えて教えてくれました。

教えてもらった後は、全校でラジオ体操を行いました。お手本の体育委員会の児童を見ながら、1年生から6年生まで、みんな一所懸命に体を動かしていました。


画像1
画像2

応援団、スタート!

5月14日(火)の昼休み、多目的室から声がします。3〜6年の男女20人が集まり、先生も加わり、話し合いをしているようです。

今日は、令和元年度の玉小運動会応援団のスタートです。各クラスから選ばれた赤組、白組の応援団が集まりました。最初に、自己紹介と抱負披露を子どもたち一人一人が行いましたが、「思い出に残る運動会にします」「自分たちの気持ちが一つになるように頑張ります」などの心意気が感じられる言葉が次々に飛び出していました。

※写真の一部には加工を施しました。
画像1
画像2

見せることで発言を引き出す──ICTを生かした授業の工夫

見ることでわかりやすく」で紹介しましたが、玉川小の授業ではいろいろな場面でICT機器を活用しています。

ある日の6年生の社会科の授業です。古墳の絵や資料をパソコン・プロジェクタ・ミニスクリーンを使って黒板に写しだしています。子どもたちはそれを見て、自分の考えを発表しようと、積極的に手を挙げていました。

※写真には加工を施しました。
画像1

収穫を待つ小麦

画像1
ある日の学校農園の様子です。

昨年、1・2年生が種をまき、麦踏みをした小麦です。鳥についばめられないようにネットがかぶされ、その中で穂がみっしり重そうに実っています。

小麦の観察」で紹介したように、先日、2年生が1年生の手を引きながら、仲良く見学していました。もう2年生はお兄さん・お姉さんです。

さあ、次は麦刈りです。

運動会練習 5・6年生

5,6年生の運動会練習が本格的にスタートしています。

10連休明けに、6年生から5年生に玉小ソーランの踊り方が伝達されました。各グループごとに手や足の動かし方など、細かく6年生が教えてくれました。また、今週は、ソーラン節に加えて、一人での技なども練習をはじめています。

今週から応援やリレーの練習もスタートします。運動会への準備が着々と進んでいます。

また、5・6年生の表現のためのはっぴが少しずつ学校に届いています。はっぴづくりをしてくださっているボランティアの皆様、ありがとうございます。
画像1
画像2

委員会活動3

写真上 体育委員会 写真下 保健・給食委員会
画像1
画像2

委員会活動2

写真上 運営委員会 写真下 環境生活委員会
画像1
画像2

委員会活動1

5月9日(木)の6校時に委員会活動がありました。

昨年度まで昼の時間に行っていた活動を、より充実させるために今年度は月はじめの木曜日の6校時に行うようになりました。時間に余裕がうまれ、子どもたちから「こんな活動をやっていきたい。」「こんなこともやれるんじゃないか。」と少しずつアイディアが出され、活動の幅が広がっています。

写真上 放送委員会 写真下 図書委員会
画像1
画像2

運動会練習スタート 1・2年生

5月9日から1,2年生の運動会練習もはじまりました。

1,2年生は、一緒にテレビでも放送された「パプリカ」を踊ります。先生のお手本の踊りを見て、どの子も一生懸命に踊っています。その姿が、とてもかわいらしくてなんとも言えません。6月1日(土)を目指して、少しずつ頑張っていってほしいです。
画像1
画像2

校庭整備〜運動会に向けて〜

画像1
画像2
画像3
5月9日(木)朝、校庭で全校児童が校庭整備に取り組みました。安全に走ることができるように小石や枝などを拾いました。小石や枝は、環境生活委員会が集めて処分しました。運動会練習が本格的に始まります。各ご家庭での体調管理もよろしくお願いします。

ねばれ、100キロ!──5月の朝会 校長の言葉

画像1
校長の高澤です。

5月8日(水)は、5月の朝会です。大型連休での自分の体験を交えて、こんな話をしました。

Good morning, everyone. I have a quiz today. What is this? (覆いを外して自転車のヘルメットを示す)Yes, it is a HELMET for bicycles. One week ago, I was with this helmet for 100 km.

この大型連休、私はいろいろなことをやろうと思いました。その一つがこれです。(「100キロはしる!」の文字を示す) 自転車で100キロ、一日で走ろうと思ったのです。玉川小から大山までは8キロ、富士山までは90キロです。

私の目的地は寄り道しながらの羽田空港でした。このヘルメットをかぶり、自転車に乗って朝の7時前に出発しました。まず、30キロ走って朝ごはんです。途中に急な坂がありました。しかも、3つです。最初の坂、次の坂、三番目の坂、どれもきつかったです。そして、朝ごはん。足はパンパンです。その上、まだ、70キロも残っています。つらいな、もうやめようかなと感じました。

でも、そのとき、心に浮かんだのは、この言葉です。(「ねばる」の文字を示す)せっかく、今日は100キロ走ろうと思ったのですから、あきらめずに粘ろうと思いました。ヘルメットをかぶりなおして、粘りました。そこから40キロ走って、羽田空港に到着しました。遠くに飛行機が飛んでいるのが見えます。赤い鳥居が羽田空港にはあるのですが、その横の芝生でヘルメットを脱ぎ、横になりました。体は疲れています。でも、気持ちは「ここまで来た。あとは30キロだ。」といううれしさでいっぱいでした。

一休み、二休みして、また、ヘルメットをかぶり、なんとか30キロ走りました。100キロ走ったら、ちょうど鉄道の駅があったので、自転車を分解して袋に詰め、電車で家まで帰りました。粘ってよかったと思います。

4月に、こんな話をみなさんにしました。(「ろうそくの炎」の文字を示す)キラキラ輝く金銀よりも、火は小さくても自分で燃えるロウソクや焚火の火になろうということです。100キロ走っている途中、自分の心の中にはろうそくの炎が燃えていました。

さあ、6月1日に運動会があります。もう練習は始まっているようです。練習の時、そして本番の時、辛いことがあってもあきらめずに粘りましょう。そして、一人一人の心の中の炎を燃やし続け、すばらしい運動会にしましょう。

小麦の観察

画像1
画像2
画像3
5月8日(水)、1・2年生は、学校農園で小麦の観察をしました。快晴の空の下、大山を背に小麦の観察をする子どもたちの姿がとてもかわいらしかったです。
色、大きさ、形、高さ、手触りなどの視点から、「お米に似ている」「葉はざらざらして、べとべとしている」「葉は竹の葉に似ていて細長い」「小麦の粒はつぶつぶしている」などの発見がありました。2年生が1年生に「これが粉になるんだよ」と教えている場面もありました。6月には、小麦刈りをします。楽しみですね。

運動会練習スタート 3・4年生

10連休が明け、6月1日の運動会に向けての練習がスタートしました。

3・4年生は、一緒にダンスを踊ります。ポップな曲に合わせた振り付けを少しずつ覚えていきます。覚えたダンスを互いに見合ったり、アドバイスをし合ったりしながら、楽しそうにダンスを踊っている子どもたちでした。
画像1
画像2

休み時間も元気!

5月7日、子どもたちは元気です。2時間目と3時間目の間の休み時間、校庭では楽しそうな声があちこちから聞こえています。

校庭のフィールドではサッカーやドッジボール、バスケットボール、追いかけっこなど、そして遊具を使ってタイヤ跳び、雲梯(うんてい)や鉄棒、ジャングルジムなど、子どもたちはそれぞれの楽しみ方で、久しぶりに会った級友と一緒に遊んでいました。きっと、給食もおいしく食べることができるでしょう。

※写真の一部には加工を施しました。
画像1
画像2
画像3

おはようございます!──朝のあいさつ運動(PTA&学校)

大型連休も終え、いよいよ学校が再開した5月7日(火)の朝、おはようございますの挨拶が通学路に飛び交いました。今日から3日間、PTAのみなさんが中心となり、あいさつ運動が通学路2か所で実施されています。また、先生たちもいつもの横断歩道に加えて、児童館や消防署前などに立っています。

さわやかな挨拶で始まる一日、いいものです。
画像1

子どもたちを迎える校庭

大型連休もそろそろ閉幕し、5月7日からまた賑やかな玉川小学校が再開します。校庭もすっかりリフレッシュしたようで、子どもたちの登校を待っています。
画像1

好きな色は何色かな?──3年生の外国語活動の授業

玉小では1年生から6年生まで外国語活動の授業を行っています。「新しいALTの先生と」で紹介したように、担任の先生とALTの先生が組んで授業を行うこともありますが、担任など日本人の先生たちだけで授業を行うこともよくあります。

ある日の3年生の授業では、日本人の先生だけで授業を進めました。英語の色の言い方、「○○色がすきだ」の言い方、挨拶の仕方などを習ったあと、子どもたちは自由に歩き回ってたくさんの友だちと挨拶し、自分の好きな色を紹介していました。

※写真には加工を施しました。
画像1

春はあけぼの──廊下ギャラリー5年生

「春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは」
清少納言の書いた枕草子の冒頭部分です。小学5年生の国語の授業に出てきます。

しかし、古文は子どもたちにとっては日常ではなかなか接する機会がありません。とっつきにくいものの一つです。そこで、5年生の授業では本文を写すとともに子どもたち一人ひとりが思い思いのイラストを添えることで、文に親しみ、内容を深く理解するという活動「春の空」を行いました。

現在、5年生の廊下に作品が展示中です。しっとりとした雰囲気があたりを覆っています。

※写真の一部に加工を施しました。
画像1
画像2

見ることでわかりやすく──ICTを生かした授業の工夫

画像1
ある日の4年生の教室の様子です。教室のテレビには数字が写っています。タイマーでしょうか、少しずつ時間が減っていきます。

実は、これは子どもたちに活動の残り時間を伝えるための先生の工夫です。もちろん「教室の時計で○時○○分までですよ」と話すことも一つの方法ですが、このようにパソコンやテレビを組み合わせて残りの活動時間を伝えることで、子どもたちは残り時間がすぐわかり、活動に集中しやすくなります。

ICTも玉小ではあちこちで工夫して使われています。

カラフルななかよし──廊下ギャラリー3年生

あちこちの教室の廊下には子どもたちの作品が掲示されています。

ある日の3年生の教室の廊下は、絵の具で書いた色鮮やかな作品でいっぱいでした。それぞれの作品につけられた名前は「からふるな海にからふるな魚」「みんななかよし」「夜のいきもののうみ」などです。図画工作の授業で子どもたちが工夫しながら想像力を働かせて描いている様子がよくわかります。
画像1
画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31